ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

頭文字D?と外装とククポ その2

頭文字D?と外装とククポ その2

 

本日の動画。


らき☆すた×頭文字D

 

良くやりますね…。

 

 

f:id:picard_monhan:20180616233239j:plain

さてさて、ククポ外装の為のデイリークエスト。

相手はイャンクック2頭。

たしか、ベースキャンプのこのツタを登り、洞窟に入れば…イャンクックがいるはず!

 

 

…そういえば、MHFを始めた頃、「いゃん!くっく団」という猟団…。そんな名前に関わるエピソードがあったな…。

簡単に述べると、見知らぬ人達の猟団名を私がつけてしまったかもしれないという…。

「いゃん!くっく団」まだあるのか…?

 

 

 

そんな事を思いながら、エリア6の洞窟内へ。

ちょっと、ステータスとか見ていたし、いきなりククポシリーズ一式を身につけていたので戸惑ったしで、遅れました。

まだいるか!?イャンクック

まだいるならば、すぐに閃光玉でこちらの存在に気づいてもらわないと!飛び立っていってしまうよぉ!

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180617082450j:plain

く…!間に合わなかったか。

なに、この、

「悪い連中に捕まり、睡眠薬を嗅がされた私。

 しかし、眠っている間に、あの人が助けに来てくれたみたい。

 強制的に眠らせられてて朦朧とする意識の中、

 私を抱きかかえ敵のアジトから立ち去るあの人の横顔が見えた。

 目が覚めると、私はベッドの上。

 横にいた老婆から『あの旅のモンが…皆やっつけてくれた…。』といわれ、

 お礼を言おうと慌ててベッドを出る。

 あの人に貸していた部屋に行っても既に姿はなく、

 『あの人はどこ!?』と慌てて外へ出ると、

 あの人は、既に遠くを歩いていた…。

 ああ…。私のこの思いを…いつか伝えられれば…。

 いえ!いいの。あの人が無事でいるならば…。

 いつか、また…会えるといいな…。」

って感じで旅の男を見送る女性みたいな!!!?

もういっちまってよ…え…っ私まだお礼言っていないのに

みたいな!?

 

くっそー!遅かった!

急いで一つ手前の、外のエリア5に出ます。

確か、次はエリア5にやってくるはず!

 

 

イャンクックin密林なんて、もう何年ぶりだろうという感じなのに、

初期位置や移動パターンは、私には完全に染みついているんですね…。

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180617083224j:plain

おっほほほほ~!来ました、来ました!

数年ぶりでも、同じである安心感!この安心感いいですね!

「飽きた」とかでもいいんですよずっと続ければ!

数ヶ月ぶり もしくは数年ぶりにきても同じだと、なんか安心するそれ大事!

 

 

そして、イャンクックが2頭一緒にやってきていることに気づいた私。

 

 

これ、1頭をフリーにしておくと、突進してきて吹っ飛ばされて仕切り直されて…なぁんてなって、面倒だな…。

 

 

よーし、ここは一つ、まとめて、

f:id:picard_monhan:20180617084308j:plain

閃光玉!

2頭とも同じ方向を向いて、ゆっくり着陸しようとしていたので、纏めて閃光玉の光に当てて落とすことができました。

閃光玉の目くらまし効果が消える前に…。1頭をスタンさせるか、倒すかできれば!

 

 

 

急いで、先にやってきた方のイャンクック頭部へ近づき、思いっきりハンマーを振ります。

f:id:picard_monhan:20180617084501j:plain

おふっ…。

 

 

スタン…?

f:id:picard_monhan:20180617084541j:plain

気持ち良いくらい吹っ飛んで、スタンしました…。耳もビリビリに破けるし…。

そうか、G級ハンターだから、攻撃力や防御力に補正がかかるのか。

 

ほっほーーー!

 

 

f:id:picard_monhan:20180617084759j:plain

もう1頭が、目くらまし状態から立ち直る前に!

この調子なら、いける!

 

ガッツンガッツン頭をぶん殴っていきます。

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180617084905j:plain

彼氏が酔っ払ってグースカやっている間に、イャン美をメロメロにしちゃったぜ!さあ次は彼氏の方だ!お前さんもメロメロアナルズボリンチョだぜ!?

 

 

つづくか、どうかは、私の精神による