ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

外装作りと紅ミラとロマンスの神様 その4

外装作りと紅ミラとロマンスの神様 その4

 

 

本日の曲。

 


ロマンスの神様 広瀬香美

 

 

 

ザ・バブル!

 

 

 

 

さて前回に引き続き、紅龍ミラボレアスLv9999に挑戦中です。

f:id:picard_monhan:20171227223103j:plain

紅龍の体が一層赤くなりました。

鱗の隙間から熱が漏れ出ているかのようです。体力が減ってくるとこうなったはず…。

よしよし!しっかり紅龍の体力は減ってきている!

時間はかかるけれど、これは着実に優勢になってきています。

 

 

と、その時。

f:id:picard_monhan:20171227223249j:plain

紅龍の周りに、炎の壁が。これは、今までに見たことのない攻撃です。

この後炎の衝撃波が広がり、タイミング良く躱さないといけないみたいです。

 

 

 

でも、それなら、タイミング良く躱すか、

f:id:picard_monhan:20171227223408j:plain

(怒られちゃうかもしれませんが)危うい場合はいっそのこと距離を取ってしまえばいい。中途半端な距離の時なら、離れた方が足をひっぱらないかな、と思いました。

 

 

うんうん…。大丈夫だ…。ちゃんと?私は対応できてる。

この調子だ!イオさんもマゼンタさんも、私なんかよりずっと攻撃を当てている。

私だって、出来るときは斬りつけているし、溜め斬り上げだって何度も何度もぶつけてる!

 

 

勝てるかも!ホットパンツ外装が手に入るかも!!

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20171227223659j:plain

もっとダメージを与えた頃…。紅龍が更に新しい力を発揮し始めました。

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20171227223755j:plain

…!?なんだ…?

熔岩から、熱気の熱いホットな熱風が吹き出し始めています。

辺り一面真っ赤です。

 

 

な、なんか凄い勢いで体力が減っていくぞ!?

これは…。この熱風のせいなのでしょう。

クーラードリンクを飲んでも意味がありません。ずるずる凄いスリップダメージです。

 

 

 

f:id:picard_monhan:20171227224413j:plain

慌てて「生命の粉塵」で、パーティメンバー全員の体力を回復していく我々3人ですが、暫くするとすぐに体力が無くなってしまいます。

…こころなしか、私の体力のヘリが最も早い気がします…なぜだ?

「火属性値」が低いからか?

 

 

 

 

それに加え、

f:id:picard_monhan:20171227225354j:plain

相変わらずの激しい攻撃!

 

 

 

こ、こここ、これはキツイ…!

 

 

どうにかスリップダメージを防げないのか…!?

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20171227225903j:plain

体力を回復しつつ、スキをみて攻撃していくのですが…。

 

 

 

f:id:picard_monhan:20171227225944j:plain

遂に力つきてしまいました…;

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20171227230050j:plain

…ん?

 

 

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20171227230157j:plain

何をされているんですかイオさんw

「ん”っ!!」って感じで一体ソレハw

 

 

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20171227230240j:plain

その後、何とか残り少ないと思われる紅龍の体力を削りきろうかと藻掻いたのですが、

 

 

f:id:picard_monhan:20171227230316j:plain

結局、クエスト失敗となってしまいました…。

私がかなり足を引っ張って力つきまくり、失敗です…。

本当にごめんなさい…。

でも、最後のスリップダメージはどうしたらいいのだろう?

 

 

 

そうしたら、団員さんが、教えてくれました。

あのスリップダメージは「地形効果ダメージ減少」のスキルで、防ぐことが出来るらしいのです。

うぐぐぐ…。そうだったのか…;くやしいです。

残念ながら、この時はもう深夜だったのでこの日は断念。

つぎこそは…。

 

 

外装云々ではなく、この紅龍と頑張って闘って勝利を収めたいモノです…。

 

 

マゼンタさん、イオさん、ありがとうございました…。そして足引っ張っちゃってごめんなさい。