ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記





いつもは基本的に1記事に1つのクエストについて書くのですが、

今回は1日にあったことを書きます。




しょこらが、新上位遠距離防具のため「盾蟹の尖爪」が2こ必要…ということで、


上記のクエストを連続で受けました^^


しかし…しょこらが攻撃をするとおもしろいようにダイミョウザザミが転んだり、気絶したりしてくれます…。



おかげで乱舞&爪破壊のやりやすいこと!



改めて、パーティプレイとハンマーのすばらしさを感じました^^







そうこうしているうちに、m.hiroさんが登場。




お友達も連れてきて、4人で遊びに行くことになりました。



行き先は、火山。「ヴォルガノス亜種」です。




「ヴォルガノス亜種には初めて」というm.hiroさん。



あぁぁあ…♪ ものすごいウソつきたい…w


「実は火山の溶岩は血の池で…

 途中から急に空が暗転して、『御子を祭壇へ!』『降魔の儀』とか言われまして…

 強大な手のひらの上に飛ばされますから…。

 絶対に!『捧げる』って言っちゃダメですよ!!!」

…とか一部の人にしかわからないネタでだましたい…!!



でもダメ…きっと、m.hiroさんは信じてしまうから…。




グリフィス「(………そう


       何千の仲間
       何万の敵の中で


       唯一人
       お前だけが

       唯一人
       お前だけが

       オレに
       夢を
       忘れさせた)

      …げる」




ピカード「グ…


     グリフィィス







ピカードッッハッッッ!?



ヴォルガノス亜種「いい加減帰ってこい!(現実世界に)」




い いかん…ヴォルガノス亜種に吹っ飛ばされたせいで、


妄想夢を見てたのか…。







いやぁ…すみません…;


吹っ飛ばされておいてなんですが、ある程度ヴォルガノス亜種の動きは、体で覚えてきたみたいです。


「あっ、これは霊のしわざだなそろそろボディプレスがくるな」って、感じて離れると…




ずし〜〜〜ん!飛び上がって落っこちてくるヴォルガノス亜種。そこに乱舞をたたき込む!




もちろん、魔星さんを見習って…






                         /  おらおら! こいやぁぁ!!   \



挑発だって忘れません!







飛び上がるヴォルガノス亜種!!


思わず、






                          /  きゃあぁあぁああぁあ  \



称号「チキン オブ チキン」に恥じない行動も行います!我ながら、なかなか良い動きだ…。











落とし穴にはまったところを集中攻撃など、色々やったのですが、


残念ながらクエスト失敗…;




もっとちゃんと、パーティ全体の罠数把握とか、弓の人へあまり行かせないようにするとか、

もっと効率よくダメージを当てるとかしないといけません…うーん手強いヴォルガノス亜種。








最後は、m.hiroさんと2人でヒプノック討伐。



ヒプノックは…もう、ヴォルガノス亜種に比べれば慣れたモンです!(?)






攻撃をしても、2回もきょろきょろしているものですから、

2人で一気に先制攻撃!



その後は、エリアの端っこで激しい戦闘。



閃光玉などで目の前に飛び込まれないようにしながら、ガンガン攻撃です^^










しまった;2人揃って仲良くねんねしてしまった;













ヒプノックが移動したすぐ後に、足を引きずって逃げようとしたので、


閃光玉で動きを封じ、すぐさまシビレ罠→麻酔玉で捕獲完了!


わぁ〜〜い…!


…やっぱり、ヴォルガノス亜種と比べてもずっと楽…^^

(そもそも比べるものでもないか;)








あっ!!


ハァ… ヒィ…!








                                          ガサゴソ




危ない危ない…「マカ漬けの壺(緑)」を忘れてた…。無事強走薬グレードを回収できました;