ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

(閲覧注意)ええ、今回は(も)自己満足ですよ


ちゅうい
注意

きょう ぶんしょう          いみ   いた
今日の文章は いろいろな意味で 痛いです。










世界の破壊者ディケイド。9つの世界を回り、その目に何を見る…?


みぃあげるぅ ほぉしぃ〜 そぉれぞぉれ〜の〜れきぃ〜しがぁ〜…



*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   





前回までの仮面ライダーディ○ケイドは…?







門矢士「…ここがモンスターハンターの世界か…。」







ユウスケ「wwなんだよ士、その格好はww」





夏美「鎧ですけど…女の子の装備です…よね、スカートだし…。

   あたまの上に名前がでてます…『しょこら』…?」


気がつくと、士の手には3枚のカードが。


どれも何か人の形のシルエットでよくわからない。



*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   








ピカード「あっ、しょこ…!?


     いや…。お前、しょこらじゃないな?!何者だ!?」





士「通りすがりの仮面ライダーだ。…そうか、俺はこの世界では<しょこら>として何かをすればいいのか…。」





ピカード「…まさか…世界の破壊者ディケイド!?この世界は破壊させない…!私と勝負だ!」




*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   




<カメンライドォ… ディケイド!>グシャアア…!




*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   






士「…これでわかったろ?お前のヘタレさでは俺には勝てないって」



ピカード「はい…すみませんでした…ですから、お願いだからリオレウス討伐に協力してください…(T_T)」



士「そうか…そのリオレウスとかいうのを倒すのがこの世界での俺の役目、か…。」



(あらすじ終了)
*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *  






ピカード「いたいたっっ!!いくぞぉお!」















 


ピカード「ぅおおおおぉん(T_T)


     折角落とし穴に落としたのになんで転がってるんだ私は〜〜〜」








しょこら士「………。」












ピカード「気を取り直していくぞぉお〜〜〜!」



















ピカード「OH MY コンブ!!!

     ギアノスに雪だるまにされちゃったYO!!!!」







しょこら士「…。ひどいな… いや、痛いな…。」









ピカード「うう… だ  だめだ…

     もうこれ以上、士、お前に迷惑はかけられない…。


     自分からリタイアするよ…。」





しょこら士「馬鹿野郎、なに言ってるんだ!」






<お説教タイム>




士「たとえ2回力尽きたとしても…


  たとえ残り時間が5分となったとしても…!


  あきらめない…それがハンターだろう!」





ピカード「あきらめない…!!」





士「あるハンターさんのPR文章に、こう書いてあった…


  『真のクエスト目標は、みんなで楽しむこと』!!


  楽しんでこそのモンスターハンターじゃないのか!?」






ピカード「そ…そうか…!!!」





士「(…。

   ただまぁ…。


   ヘタレ過ぎるのは正直どうかと思うが…。)」






士の持っていたカードが光り、シルエットの実態が浮かび上がる。


それぞれハンターの姿が出ており、


「PICARD」 「KIJINKA」 「RANBU」


と書かれている。








士「ちょっと くすぐったいぞ。」



ピカード「えっ」





ベルトのバックルにカードを入れる士



<ファイナル フォーム ライドォ   キキキ KIJINKA>




ピカード「あっ… はぁぁんっっ…。」













<ファイナル アタック ライドォ   ララララ RANBU>





ピカード「おおぉおぉ」















ぐぅおぉおぉおおおおお…















ずずぅ……うん…








討伐完了!!











夏美「あのピカードとかいうヘタレハンターさん、少しは上手になるんでしょうか…?」





士「さあ、な…。なったとしても、いつになることやら…。」




ユウスケ「さあ、次の世界にいこっか!」








スタジオの絵が切り替わる。そこに出る新しい絵は…









しょこら「その辺にしとけよ…。


     こんだけやったんだからもう満足でしょ…。」


ピカード「はい…スミマセン…ご協力ありがとうございました…。」




しょこら「今回の妄想文章は、特に痛いわ…。あまりに自己満足だし」