ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

公式狩猟試験(100)その4

















葛城三佐「いい?クエスト目的は、ソロでのリオレイア討伐よ!」









ピカード「・・・ハイ・・・」















葛城三佐「今回もしっかり上位を受けてもらいますからね!」

















ピカード「・・・ハイ・・・」
















葛城三佐「この間みたいにウッカリしないで、

     ハンターランク100の公式試験を、掲示板で受けてからよ?」
















ピカード「・・・ハイ・・・」















葛城三佐「あんた本当にわかってるんでしょうね?(主に試験を受注すること)」


















ピカード「・・・ハイ・・・」


















葛城三佐「・・・。


     あんたね、なんでも適当にハイハイ言ってればいいってもんじゃないわよ!」



















ピカード「わかってますよ、ちゃんと。もういいじゃないですか。


     前回だってちゃんと、掲示板で試験受注しておけばハンターランク100になっていたんですし・・・。


     なんか折角クリアできたのにまたやるのもばからしいけど・・・。うまくいきますよ・・・。」






















葛城三佐「…そうやってそうやって表面だけ人に合わせていれば楽でしょうけどね、


     そんな気持ちでモンハンやってたら死ぬわよ!













ピカード「いいですよ、そんなの。」












葛城三佐「いい覚悟だわ…と言いたいところだけど、ほめられると思ったら大間違いよ、碇シン…ピカード君。」












ピカード「ほめられるも何も、ソロでリオレイアを討伐しないことには、ハンターランクポイントだってあがらないんでしょ。



     やりますよ、やればいいんでしょ。」






…。まずいなあ…。引っ込みがつかなくなってきたよ…;

ミサトさんに対してと言う意味でも、このネタそのものがという意味でも;;







これ以上すねてると、一人家出をして、クラスメートと遭遇→一緒にキャンプ→


翌朝確保される→終いにはミサトさんに「出て行きなさい!」とか言われて、



なおさら引っ込みがつかなくなるので…;













トウジぶん殴ってネルフに戻ります;





ピカード「たっっただいま!!がんばります!」





ハイ、仕切り直し!!(なんでこんなシーンパロっちゃったんだろう…。)












はっきり言って前回のようなことはうんざりです!!





前回までに学んだこと(太字は前回で気づいたこと)






(1)リオレイアを探す時間が多すぎた。

   →ペイントボールを使用し移動エリアを正確に把握する。




(2)中盤以降、焦りすぎて沢山回転尻尾振り攻撃を喰らいすぎた。

   →Hit&Away戦法を思い出し、実戦する。鬼人化、そして特に乱舞はここぞという時のみ行う。




(3)罠やアイテムを効果的に使えなかった。

   →最初出会う洞窟内で、落とし穴を消費し、閃光玉は尻尾切断後に。
    (閃光玉によりピヨピヨしている時、リオレイアは回転尻尾攻撃が多いので。
     尻尾を切断しておけば当たりづらく、また足下に入ってカエラは乱舞し放題!!)




(4)ちゃんと、メゼポルタ広場の掲示板で試験受注をしてからのぞめ!

   →手にシッカリ書いておけ!!
    忘れそうなら、スタンドの糸を使って縫いつけておく覚悟でイケ!!















よしいくぜ!!
















ああ…



ここに落とし穴を置いて待ちかまえるのは何回目なんだろうww








一瞬心が折れそうになりましたが、持ち直して…















ゥゥウウオォォッッチャアァマアアアァァァァン!!







落とし穴に3回はめて、力の限り攻撃していきます!!













落とし穴を使い切った後は、

突進や回転尻尾攻撃が怖いので、


・炎ブレス時

・突進後、こちらを振り向くまで

・バックジャンプ後

・そのほかいななきなどスキがある時に




スキが少なければ横から乱舞…!




スキが多ければ頭に向かって乱舞をします!







それ以外は、1〜2回足や頭を切って回避行動をとるように意識しました。







やはり何度も挑戦しているせいか、リオレイアの呼吸に上手く合わせることが出来ます^^
















すると飛び立つリオレイア




むう、さてはエリア3に逃げたな?(まあ、ペイントボールもぶつけているのですが…;)

上の写真は、「いたいた…♪」とつい突っ込んでしまい、もろに尻尾攻撃と突進を喰らった直後…;




密林では視界が狭く、一方的に攻撃されている時は避けるのが難しいです><;












ピカード「こぉぉんんにゃろぉぉおおおーー!」



倒れた!!チャンス!



すぐさま尻尾の方へ行き、「きれろきれろ…!」と尻尾に乱舞をたたき込みます。






すると急に吹っ飛び、吼えるリオレイア…!これは…!?







おおっ…尻尾切断できた…!前よりもずっと早い!





これは…これはいけるぞ!












ピカード「アッヒョッッ!!」






グーフィっぽいかけ声と共にギリギリ突進を避けて、また攻撃続行…!

いくぜいくぜいくぜ…!






いくぜいくぜいくぜいく…



                                /   ずえぇっ…   \








や…やばいよ…背中がヤバイよ…僕の背骨がかあぁぁああ…!





油断大敵です^^;



















しかし、その後すぐに、足を引きずり逃げ出すリオレイア


うおおおお…!もう一息じゃああ!!









「まてぇ〜〜〜!」とばかりに、瀕死のリオレイアがいつも逃げ込むエリア7へ走ります!
























ああ…ドキドキする…。




まもなく討伐の瞬間が…!




「ちゃんと試験受注したよな…?したよな…?うむ、大丈夫だ…」





はやる気持ちをぐっと押さえ、剣を研ぎ、回復をして洞窟の中へ…
















これで最後だ…!














ず…ずぅうぅう…ん
















討伐成功!








試験も無事終了!!
























が…がんばった…ぞ…!





今回リオレイアは、随分時間が短縮されて20分かかったかかからないかくらいで討伐できました^^







そして…















ついにハンターランク100になりました!




やったーーーー>_<!!





ついにやりました!


























ある人がこうおっしゃっていたのを思い出します。







ハンターランクが1つのエンディング。


 そしてそこから先、いつまでも続くエンディング後のお楽しみが始まるんだよ。」





メゼポルタ広場を晴れ晴れとした気持ちで歩いていると、受付の女の子に話しかけられます。









ハンターランク100となり、さらに世界が広がりそうです。






また、キャラバンクエストや、ガンナー装備、そして未討伐のモンスターなど、やり残したこともたくさんあります。





まさしく「俺たちの闘いは始まったばかりだぜ!」状態ですね!!







アクションゲームがかなりヘタッピで、相当なウッカリやさんな私でも、ようやくココまでたどり着くことが出来ました…!



それも、これまで一緒に狩りに行ってくださったり、教えてくださった方々がいたからこそ…!



また、このブログでもそれこそ本当に1からの状態から始まり、今日に至るまで、10万を超える訪問数をいただきました。
それが私にとって励ましでありました!



本当にこのモンスターハンターが面白いからこそ今まで続けられました!






本日まで仲良くしてくださったお友達のみなさん、

声をかけてくださったり、1度でもこのブログに来てくださった方々、

自由区での募集に参加してくださり、一緒に狩りに行ってくださったハンターさんたち、

そしてモンスターハンターを作り運営してくださっているカプコンのみなさん、


本当に…本当にありがとうございました^^










ばいばーーーーーい!!




また明日も(このブログに)きてね〜〜〜〜!