ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

「塩かけて焼きなさい!」







司会「お茶の間のみなさん、どうもこんばんは。


   『ドキッ!放送事故だらけの怪奇写真祭』の時間がやってまいりました。


   本日のゲストは、心霊写真研究家…


   『私の写真を撮らないで 写真画像いっぱいにハムスターの霊が』でおなじみの、院著気 市屋新(いんちょき しやしん)さんです。」






院著気「……… よろしくおねがいします…  」






司会「それでは今回の写真を見てみましょう。





   今回写真を送ってくれたのは、メゼポルタ広場にお住まいの、自称「ハンター」、ピカードさんからのものです。




   さっそく見てみましょう―――」

















院著気「きゃぁぁああぁ!!




    こ…これは…この写真は…!!(ガタガタブルブルブルブル)」






司会「ど、どうしました、院著気さん!?」





院著気「これは…  すさまじいティガレックスの怨念が込められています…!




    この写真を送ってきた人は、防具を作る際にティガレックスを乱獲したのでしょう…




    大量のティガレックスがもうスンゴイ勢いで、念を送ってきています!!」






司会「なんだってーーー!



   一体どうすればいいんでしょう…!」






院著気「すぐに塩をかけて焼きなさい!


    い…いや、それじゃあ足りないわ…!




    写真を揚げて 塩かけて食べるくらいしないと危ないわ…!」












司会「同封されていた手紙によると、


   『前日の記事の際に撮れた写真です』とのことですが…。


   単に閃光玉が破裂した瞬間では…。」













院著気「…。」






司会「…。」









院著気「…そんなことを言ってると…呪い殺されるわよ…。












司会「え〜…;







   『ドキッ!放送事故だらけの怪奇写真祭』終了のお時間が来てしまいました。


   『たった1枚の写真を載せるためにどれだけ妄想文垂れ流しているんだ』などの苦情は受け付けませんのであしからず。





   それでは……また来世〜!!!」