ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

ボウガンでリオレイア連続狩猟


熱砂の死影











PART 1 コメリカの思惑





コメリカ合衆国 バージニア州 ペンタゴン



将官A「………。」


将官B「…と、いうわけでして…。現在砂漠に潜んでいると思われる犯罪シンジケートのリーダー、

   『リオレイア』3頭は、現在もわが母国へのテロ行為を計画していると思われる…。」


将官C「ええい…なんとかならんのか…!?」



将官A「では、今から大軍を率いて砂漠へ向かえと?

    そんことをしてみろ、国際問題だ!

    メゼポルタの大老殿を敵に回してはいかん!」

将官C「しかし!このまま奴らを野放しにしておくことは、我が国の存亡にもかかわる!」


大佐「将軍…私より、提案がございます…。

   我々が大勢で攻め込むのが不可能であるならば…。ぴったりの人間がおります…。

   その人間に依頼すればいかがかと…。」


将官A「!?」


将官B「大佐、まさか…!」


大佐「ええ……そのまさか…です。”P”と呼ばれる彼に依頼すれば…おそらく…いや、きっと…!!」







PART 2 " P "と呼ばれる男





受付嬢「…………あなたが"P"…つまり、ピカードね…。はじめまして。私はCIAのアヌエル=アンダーソソ。」(スッ…。)


ピカード「(…………。)」


受付嬢「あら…。そうだったわ、あなたは聞き腕での握手を控えているんでしたね。

    では依頼を伝えます。」

受付嬢「この通り、リオレイア3頭を始末してきてほしいの。捕獲・討伐どちらでもOKよ。」


ピカード「(……………。)

     報酬は。」



受付嬢「指示通り、スイス銀行に振り込んでおくわ。」



ピカード「………わかった。

     ………。」(ザッザッザッザッ…)



受付嬢「(…なんという存在感のない…しかしそれでいてプレッシャーがある…まるで幽霊のような男…。)」











PART 3 リオレイア3人衆







<砂漠地帯>




リオレイアA「へっへっへ…!なあ兄弟、間もなくこの砂漠に核弾頭が届くぞ。」



リオレイアB「よし…!これでコメリカ転覆…そして俺たちの時代がやってくるぜ…!」



リオレイアC「な、なあ…それなんだか…。」



リオレイアB「どうした?」



リオレイアC「俺の部下が嗅ぎつけたんだが、コメリカの連中、プロの殺し屋(スナイパー)を雇ったらしい…。

       なんでも" P "というらしいが…。」


リオレイアA「なっ!まさか、あのピカードだと…!?」



リオレイアB「…!!…へっ…へっへっへっ…。PだかGだか知らないが…この俺が返り討ちにしてやるよ…!」



リオレイアC「お、おいやめておけよB!!なんでもあのピカードという男、下位イャンクックを6頭次々に屠って『ちょっと調子にのっちゃうか・も♪』とか言ってるらしいぞ…!

       同じ下位である俺たちでは…。」


リオレイアA「いや…Bの言うとおりだ…。所詮イャンクックは鳥竜種…。

       我々飛竜種の恐ろしさを見せてやろう…!」





PART 4 まず1頭目









リオレイアA「へっ…!なにが" P "だ…!

       まるで一昔前キムタクが演じていた犬の名前じゃねえか…!


       ん…?向こうからラスタをひきつれて…。妙な格好の奴が…。」







ぴかぁっ!!










ドドウゥンッッーーーーーーーーーーッ



リオレイアA「ぐおおおおっ…!閃光玉か…!」


ドドドドドゥーーーン!



リオレイアA「うぐぐ…通常弾Lv2か…1発で5連射されるっていうあれだな…!!」





リオレイアA「こんなところで…負けるわけには…!」












リオレイアA「あれーーーっ…  こっちには岩しかないよな…

       なんか人のニオイがする気がするんだけどな…。」












ズキゥゥーーーーーーーンン……











リオレイアA「ほ…捕獲されちまった…俺としたことが…見誤ったぜ…。」










PART 5 飛竜種の計算








リオレイアBの部下「あ…兄いぃ!リオレイアAの兄貴が、ピカードにやられたそうですぜ!!」



リオレイアB「………………。


       (なんてことだ…。Aの兄貴が…。


        しかし、ピカードの奴もこれでかなりの弾薬を使ったはず…。


        俺と戦っているうちにきっと弾切れがくるはずだ。


        いくら遠距離攻撃ができるボウガンでも、弾がなくなればこちらの勝ちだ…!)」








リオレイアB「…!!

       (あ…あの野郎、通常弾Lv3や、弾薬の調合素材も持ってきてやがった…!)」




キャリン♪ キャリン♪



リオレイアB「はじけイワシとカラの実で、通常弾Lv3を次々作るなぁああああ!


      (奴の体力を減らしはしたが、『火事場+2』のスキルを発動させてしまった…これではまずい…


       そうだ…ならば、奴の弾が届かない大空に逃げれば…!)


       フ…フアハハハハハ!さらばだピカード!このまま逃げ切ってやる!」バッサバッサ









ピカード「(………………………。)」チャッ…。





ズキュゥゥウーーーーーン…!








リオレイアB「ぐぼはっ…!う…撃ち落とされた…だと…!?


       こ…こうなれば…ピカード!こうなったら、お前と正面から戦い…少しでも手傷を与えてやる…!

       そしてあとはわが弟…リオレイアCにお前を殺させてやる…!



       うおおおっ!」





ピカード「…………。」




リオレイアB「突進しても避けられリロードとは…;

       ずいぶん余裕だ…な…!」






ピカード「(………。)」


ドゥーーーーン!







リオレイアB「ぐおおぉお…Cよ…弟よ…あとは…たの…む…。」











PART 6 飛竜種の誤算










リオレイアC「(A…B…2人の兄者を殺された…ピカード…許さん…。


        おそらく奴の調合分の弾薬も、もう尽きてくるはず…。


        通常弾Lv2よりもLv3の方がいまいちダメージ効率は悪そうだ。


        しかし奴は通常弾Lv3の調合素材しか持ってきていない…。これは…勝てる!)」









リオレイアC「エーーーーそんな…A・Bを倒して届いた支給品を使うのーーー!


       痺れ投げナイフに…支給用大タル爆弾って…;ええええええ;」






ピカード「(……………。)」





ドォォォーーーーーーーーン!!











リオレイアC「わ…わかった…!


       か…金ならやる…!金ならいくらでも…!いくらだ?


       10億か?20億か!?


       わかった、女だな?それとも名誉か?さあ、何がほし…」



ピカード「……………。」






タァーーーーーーン………































                                                                  END