ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

つ、ついに作り始めちゃった剛種武器〜剛種クシャルダオラ


※ややこしくて申し訳ありませんが…

 プロフィールのページにもありますとおり、ブログの記事を書き溜めて、毎日1記事ずつアップしております。
 もともと毎日ログインして記事を書くことができないため、書き溜めることで何とか毎日更新していく…というつもりだったのですが…。



 ここのところ書き溜めた記事数がすっごく増えちゃいまして…;


 新しくお友達になった方についてとか、仕様変更が近々あることについてなどは順序を変えて先にアップなどしてはいるのですが、
 おおよそ今アップしている内容は、1〜2ヶ月くらい前のものが多いのです;

…といっても、1〜2ヶ月前と今って私の腕前もやってることもほとんど変わってませんがねw!!!


 ただ今回の剛種クシャルダオラ狩猟に関しては、今週ありますシーズン10.0導入を境にだいぶ変わりそうなので、先にお伝えしようと思います。
 時折こんなことがあり、「あれピカードのやつ、なんか言ってること矛盾してねえ?」とかお思いになられることもあるかもしれませんが、そういう訳ですのでどうかご容赦のほどを;
 そしてまた、暇なときにでもブログをごらんいただければ幸いです^^





…実は先週末は、たぁぁっぷり時間がありまして!イヒヒヒ!
ええ、ず〜〜〜〜っとモンハンしてましたよww

週末で、しかも時間たっぷり…うーーん、これは…。




ピカード「…剛種武器作ってみようかな…。」


ちょうど、剛種適正試験・銀火竜のソロがひと段落つき、また次にももう1つソロでチャレンジしたり防具を作ったりしていたのですが、
それらも全部落ち着いたので、ここらでようやく重い腰を上げて作り始めることにしました^^

剛種武器は、その名のとおり「剛種クエスト」のモンスターから得られる素材を使って、生産できる武器。
それだけに強力なものが多いのです。

自分的には「剛種武器を作って初めて凄腕(ハンターランク100以上の意)」というイメージがあります。



なにをつくろうかな…と考えていたのですが、それはやっぱり双剣でしょう!

どの双剣


…お…思い切って…憧れ…「ラファール=ダオラ」いっちゃおうか!!!


「ラファール=ダオラ」とは…氷属性の双剣であり、特筆すべきはその切れ味ゲージ。
青い部分がとぉっても長いのです。

「いつかはラファール=ダオラを…」と、ずうっと思っていました。

まさか自分がこれを作ろうとする日が来るとは。



あぴすさんいわく、「今週末がチャンス」とのこと。
なぜなら…






・シーズン10.0から、麻痺弾や毒弾が肉質無視でダメージを与えられなくなる。
 今まで剛種クシャルダオラはそれらをメインにして戦っているため、これまでの戦い方が通用しなくなる恐れがある。






・どちらかというと戦いやすいといわれる、砂漠フィールドでの剛種クシャルダオラ狩猟クエストが来ている。



…だからとのこと。
あぴすさんは、「今週末に剛種チケット使い切るくらい行くつもりw」とかおっしゃっていましたが…
え…さっき「剛種チケット100枚越えた」とか…いってませんでした…;?すごい…。

さて「ラファール=ダオラ」を作るには、まず「鋼龍双」という武器を作ってから強化しなくてはなりません。
「鋼龍双」を作り、「ラファール=ダオラ」まで強化するには…

「鋼龍討伐の証」×30 「古龍種の靭尾」×5 「古龍種の厚鱗」×4
「鋼龍の宝玉」×1 「古龍種の剛翼」×4 「古龍種の堅殻」×8

…以上の素材が必要です。
「剛翼」が大変らしいです…。DANNYさん曰く「こないだ100回やって1個出たよw」とか…。
確立なのでしょうが…;














…ということで、剛種クシャルダオラのクエストです。
DANNYさんやあぴすさんも何度も手伝ってくださったり、やり方を教えてくださったりしながら少しずつ慣れていきました。

見知らぬ方ともたくさん行ったので、許可を取れず…写真が載せられなく残念です;








当初私は、以前のときのようにボウガンで行き、麻痺弾・毒弾を打ち込んでいきました。
しかし…うまくよけられない;攻撃力不足もあるので、やめました…;

どうせなら、少しでも得意なほうがパーティのお役に立てるのでは…と思い、双剣で行きました。





パーティメンバーの武器は、大体双剣(斬属性)・狩猟笛・ボウガン×2(アルギュ=ダオラという武器の人が圧倒的に多かった。麻痺弾・毒弾を多く撃てて、攻撃力も高いかららしい)という構成が多かったです。
狩猟笛の変わりにボウガンが入っている場合もありました。

あぴすさんに、「斬属性は、尻尾を切ることと、ホバリングしたクシャを閃光玉で落とすのが主な仕事」と教えてもらい、
閃光玉とその調合素材、調合成功率を高める調合書をもてるだけもって行きます^^

笛を使っているDANNYさんが、「サブターゲット(一定ダメージを与える)クリアするまで、麻痺のときとか一緒に頭攻撃していいですよ^^どうせお互いスーパーアーマーだし」とおっしゃっていました。

だんだん回数を重ねて行ったり、教えてもらったりする中で、斬属性の、双剣の動きが見えてきました。

・まずはとにかく頭攻撃。(ただしほかの方の邪魔になり過ぎない程度に)翼はボウガンの方がやってくれる。
 狩猟笛の方がいても、1人で討伐までに頭破壊しそびれることがあるようですし、
 DANNYさんがおっしゃるように狩猟笛のぶん回しはスーパーアーマー状態なので、双剣で頭を斬っていてもそんなに邪魔にはならないかな…と;




クシャルダオラホバリングし始めたらすぐさま閃光玉でひるませ、落とす。
 ホバリング中は攻撃がしずらそうです。ボウガンの方々にも危険みたい。
 双剣は武器を出している間アイテムは使えない&武器しまうのに若干の時間がかかるので、
 基本クシャルダオラが離れたときや、経験から「あ飛びそう」と思ったときは武器をしまってました。
 …無論尻尾や頭が目の前にあるときは攻撃していましたが…;




・頭を破壊したり、サブターゲットクリア(一定ダメージを与える)したりしたら、今度は尻尾を攻撃。
 どっちにせよ体力が減っていないと、クシャルダオラの尻尾は切れないので…。
 逆にサブターゲットクリア後は、それまで攻撃してなかったとしても結構早く切れます^^




※閃光玉・調合素材(光蟲+素材玉 あるいは 陽光石+ニトロダケ+ネンチャク草)をもてるだけ持っていく。

 武器は龍属性。ただし足には攻撃しない。(龍属性に滅茶苦茶強いので、意味がまったくないようです…)それよりも頭・翼・尻尾にチクチク攻撃したほうがいい。

 攻撃のダメージ効率は、ボウガンに任せる。





…と、「いずれまた行くことになっても思い出せるように」とメモの意味も含めてダラダラと書いてきましたが、
シーズン10.0実装からはまた変わってくるかもしれませんね…;







…ぶはぁ…;

このブログにしてはちょっと例を見ない文章量wwうわ読みにくいw
せめて写真を載せることができれば…。
自動撮影だと、募集に参加してくださったハンターさんの名前が出てしまうし、剛種相手のクエスト中に自分でスクリーンショットを撮影する余裕なんてむろんありません;
大変読みづらく申し訳ありません;明日からは元に戻りますので;



4・5回行ったころから、死ぬことがほとんどなくなり(それでも5〜6回に1回?)段々自分の立ち回り方がわかってきました。
結局のところダメージのほうはボウガンさんに頼りっきりで申し訳ないですが…;

あぴすさん・DANNYさんがいらっしゃらないときにも、(ドキドキしながら、)自分で募集をかけちゃったりなんかして…;
そしてそのとき集まってくださった方々がすっごい上手だったようで…時には4分とかでクリアしちゃったりなんかして…;


そのころから、それまでまったくでなかった「古龍種の剛翼」が出まくったりなんかして…;






結局、30匹以上、週末に屠りました…;

まさか…ヘタレな自分がこんなに大量の剛種の屍を築くとは…。



…まあ、パーティのほかの方々が強かったのだと思います…;



無事、全部の素材が必要数以上集まりました!!


うっそ;うそでしょう… 私が剛種武器を…しかもあのずうっと「ほしいなあ…でも作れないだろうなあ」とか思っていた「ラファール=ダオラ」が作れるなんて…
うそでしょう…


ちょっと自分でも信じられず、心臓がバクムチョバクムッチョしています;

さあ、武具工房のおやっさん…ではなくて、伝説の職人さんにお願いして…と思ったら、
先週末は来てなかったのですね…;

したがって、「素材だけあって、作れない」というもう、モヤモヤムラムラした状態に…;うーん次の週末までお預けか;

…しかし、それでも、ここまで素材を集められて本当によかった^^
一緒にクエストに行ってくださった方々、色々丁寧に教えてくださったあぴすさん、DANNYさん。どうもありがとうございました!






…それにしても…「伝説の職人」さんって…毎週末来てくれるものだとばかり思っていました…;
メゼポルタ広場に降り立ったときのメッセージで、「砦に古龍が…」という風に出ているときは来なくて、
「街に古龍が…」というときは来ているのだそうです…;
どうも、結構常識らしいですよ、奥さん!
…やっぱり、相変わらず無知なピカードでした;