ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

しょこらの初アカムトルム


今回、あぴすさん・しょこら・私でアカムトルムに挑戦することになりました。



実はしょこらは、これが初めてのアカムトルムなのです。


ピカード「ちょっとだけ大きいよ。

     リラックマに似てるw



しょこら「    ヘーーー…」



あぴすさん「うーん、小指が似ているかな?」


ピカード口元が似てますよ^^」



まあ実際隣のパソコン前に、生しょこらがいるわけですが、これがすごいうさんくさそうな眼をすることww




さあ出発!





しょこら「…………なにこれ………。  これ、倒せない敵だよね?」



まさかwゲマ戦じゃあるまいし!!

それに…もしそうだとしたら…私は一匹取り残され野良ゲレゲレになり、

あぴすさんは「ぬおおおおおおおおおおお!!」とか言って死ぬことになるじゃないですか!!



ピカード「いや 倒せるよ…?た ぶん;」



しょこら「うぇええ…。」


キーボード打ちが苦手なショコラですのでゲーム内では無言だったかもしれませんが…こんな会話があったのです、実際では;







リラックマと言うより、ベムラーににていると言った方が良かったか…。




しょこら「頭どこ;;  でかくて見えねぇ!!これなに!?」

パニクるしょこらw





「火山だし、しばらくクーラードリンクを飲まなければ体力が勝手に下がって…
 そうしたらスキル『火事場+2』を発動できるだろう」
そんなことを考えていたのですが…。戦闘エリアに入ったとたん、なんとツララスタが「自然の粉塵」(パーティ全員が、暑さ・寒さの耐性がつく)を使用。

なんてこった…;これじゃ火事場+2が発動できない;



と…とりあえず、麻痺弾でアカムトルムの動きを封じて、その間に攻撃してもらいます;




アカムトルムが遠く離れたときには拡散弾を調合撃ち!!
拡散弾は一定ダメージを与えてくれるのですが、着弾付近のハンターたちを吹っ飛ばしてしまうから使いづらい…;



さらに、わざと攻撃を喰らって体力を減らし、無理矢理「火事場+2」を発動しての通常弾…って…


あ…。    まにあわな…。








ドグシャァァア
「ぬおおおおおおおおおおおおーーーーー!」




コレを2回繰り返してしまいました…;  「リラックマに似てますよ♪」とか抜かしてちょんこづいていた癖に…;
ああ、ごめんなさい…。



アカムトルムの突進は避けづらいです:ぎりぎりまで横に走り、ハリウッドジャンプをしないとつぶされてしまう…。





ピカード「…でも、結構部位破壊が進んでいる…。」

しょこら「あら、そうなの?」

ピカード「うん…牙が2本とも折れてるし…。」


しょこら「あ〜〜〜」


ピカード「背中も破壊されていて」


しょこら「あ〜〜うんうん」


ピカード「あと尻尾を切れば…。体力も大分少なくなっている時に…。」




…とかいってると!






あぴすさんの振り下ろした太刀が、アカムトルムの尻尾を切り裂きました!


うおぉぉぉおおぉぉおおん!!

きれたぁ〜〜!

尻尾が切れたと言うことは…確か、体力が25パーセント以下になっていると言うこと…。コレはいける気がする!!




しょこら「え?何が起きたの?」


いや尻尾(以下略




そして、しょこらがハンマーでアカムトルムをスタンさせます。

すご…。あんなにでかいのを、初めての挑戦でよくスタンさせられる…;



おおお…あぴすさんも、しょこらもすごい活躍して…。


わ、私も!私も!


ほら見てこんなに上手に逃げられるようになったよ






アカムトルム「ほら見てボクもがんばって溶岩を周りに出して…」


アナタはがんばらなくていいから;




そして!





討伐ぅぅうlくぅうううう!!


すごい  すごい!!!

まさか、本当に倒せるとは思ってなかったw


…ま…まあ冷静に考えてみると…あぴすさんの力が大きかったのだろうけれども…;


しょこらのこれからの防具作成にも必要なアカムトルム
初めての挑戦にもかかわらず、1度も力つきなかったのを見ると、なんか順調に素材が集められそうだなあと思いました…(と、2回力つきたへたれハンターが思うのでしたw)





…この尻尾を「いつものもの」に見立てて写真撮影することは難しいか…。