ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

ドラキュロスって楽しい!けど…。


おもおも しりとり お〜〜も しりとり


「フランスパン」の「フランス」を外して何かくっつけると…


「パンドメスティック」。




あやちゃん「うん、これはパンを使ったドメスティックな行為で、
       『クロワッサンに見せかけてフランスパン』とか『クロワッサンに見せかけてエビぞりしている巨大芋虫』『クロワッサンをブーメランに見立てて投げつける』
       といったことだね!」




ネヨッパチさん「いや『パンドメ』『スティック』かもしれないッチよ?『この人になら…いいかも』とか軽く思っちゃってパンツを脱ごうとしているのをビシ!と止めちゃうの。」




ジョモクさん「それ誰が使うんだよ その場に第3者がいるのかよww」




あやぬちん「じゃあ今日の指令〜〜〜!ザンシューーーノトク!

     (キュリキュリキュリキュリキュリ ぴきん!)

      『好きな子の縦笛をいろんなところにいれて、奇声を上げてみよう』!」




ジョモクさん「『好きな子の縦笛をいろんなところにいれて、奇声を上げてみよう』!

       これはあれだね。今すぐ出発して教室に一番乗りしてやらないとだね!」



あやぬちん「それじゃあ、いってらっっしゃああーーーーーーーーーーーい!!!」






おはようございます。

さすがにこの局を敵に回したくないのでこの辺でやめておきますって言うかやりきった感があります。

念のため言っておきますが私はこの番組好きです。すばらしいと思います。




さて、本題はココまで。


雑談にはいりましょうか^^








あぴすさんとしょこらと私で、遊んでいたとき。



あぴすさん「ドラ(ギュロス)にいってみたいでし」



ピカード「Σ 了解しました!」



あぴすさん「わかってるのは、火には弱いらしい…。」



ピカード「閃光玉って、効きましたっけ…?」



あぴすさん「ううーん どうだったかな…。」






突然のドラキュロス希望に驚きながらも、準備をします。

ドラキュロスと言えば、雪山に現れるベルキュロスの亜種。非常に強力…いや、凶悪と表現した方がいいかもしれません…;
私としょこらで、足を引っ張ったりしないかしら…;






エスト開始…さっそくドラキュロスの元へ…と、どうやらドラキュロスの初期位置からスタートしたハンターが…しょこらだΣ




しょこら「うおっっ;;なにっ;これww  これなんなのwww」



初ドラキュロスに絶叫するしょこらwwがんばれ、今行くぞww








でました…姿を見るだけでゾッとしますが…。
ベルキュロスの亜種。動きはにているはずです。








深追いはせずに、1〜2回攻撃をしながら様子を見て回避行動をとっていきます。

突然黒い雷とかを出してきそうで…それがまた恐ろしい;





試しに閃光玉を、ドラキュロスの目の前にて破裂させます。
するとひるむドラキュロス。頭の周りには☆がちかちか…!




ピカード「きいたw」


あぴすさん「おお」







今のウチに〜〜〜と攻撃、攻撃。



ところが厄介なことに、このドラキュロスの足は相当硬いようで…。ちょっと切れ味が悪くなるとすぐにはじかれてしまいます;



なので、頭や尻尾を中心に攻撃していきますが、頭はやはり危険ですし、尻尾は当てにくいと言うことでなかなかやりにくい…。





「おおっほほほほほーーーー;;」



わかりにくいですが、ドラキュロスは翼を大きく動かし、雪見だいふく状の岩を飛ばしてきます;



さらに…。



たてがみがオレンジ色となり、怒り状態になるドラキュロス。


たしか…ベルキュロスの時はこの後に…。




ピカード「あ…あの…あの、来るよ…。」



しょこら「え!?何?何!?」




ピカード「あのーーえええっっと…急降下攻撃っっっtぃいい;」
詳しい説明を仕切れず回避行動…;




その瞬間あぴすさんとしょこらが2人同時に力つきてしまいました…;



あぴすさん「(ドラキュロスが)エリア移動をしたのかと思ったw」


ああ…わかります…私もよく勘違いします…;









……ん?







ふと気づく私。



これってもしかして、ラスタがいるとは言え、私一人でドラキュロスと対峙するの!?





(どうしよう…本当にどうしよう…生き残れるのか…;)







ピカードhじゅたりともはや茎yて〜〜〜><(二人とも早く来て〜〜〜><)」


しょこら「ww何言ってるの?w」
モニター越しに笑われてもこっちは必死なんですって;いいから早く来て:








さすがあぴすさん…すぐさま戻り閃光玉で動きを封じてくださいます…助かった…;









のぉおおぉおおおお;滑空攻撃;








ああ…ああ…すっごい叩きつけているよ…。












本当に厄介なのが、この黒い雷をまとった叩きつけ攻撃。

脇に回避行動をとり、「あー避けられた♪」と思いきや、叩きつけた場所から黒い雷が地面を伝って行き、それにヒットしてしまうのです;
なんど攻撃を受けても、避けきれない…。








それでも、何とか動きが見えてきて…アドレナリンがどぶっどぶっと出始め何とか攻撃を与えられたり、

ピンチの時はやっぱり「生命の粉塵」で回復し合ったりしながら闘うのですが…。





結局パーティで3回力つきてしまい、クエスト失敗…ああ…素材がほしかったあぴすさん…ごめんなさい…><





しかしやはり強敵ドラキュロス。以前剛種ドラキュロスとも闘いましたが、原種の強さも改めて感じました。


また挑戦して、今度は倒したいものです…!