ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

としおさんとしょこらとイャンガルルガ変種




久しぶりにとしおさんと再会することができました^^うれしい…。


としおさんといえば、頭が常にキリンで、ケルビな私とはなんと言いますか、眷属



親近感を感じざるを得ない…!






そんな方だったのですが…。






Σ だれですかアナタ?!


キリンなとしおさんはどこへ行ったの!?!?



としおさん「アップデートで魔法が解けましたw」



魔法だったのww!?!?







どうやら、としおさんは最近狩猟笛以外にもハンマーも使い始めており、ハンマー用の防具では素顔がでるのだそうです。


…そういえば、私が今作成中の双剣装備も、ケルビフェイクなしだよな…。

…私の魔法も、いつの日か解けるのかな…。シュン…と寂しくなります。







さあ!シュンとしてばかりはいられません!アンドロメダだけで十分です!

今回は、そんなとしおさんと、しょこらと、私でイャンガルルガ変種に挑戦です。



しゅっぱぁぁぁぁあぁぁぁぁぁつ!









私のスタート地点はエリア6。しばらくするとイャンガルルガ変種が降り立つ場所です。
コレ幸いと降り立つ場所に落とし穴を設置し、笛を吹いて強化をし…。





…って、いきなり北の島で遭遇→闘っている人がいるw


しょこらか…しまった気づかなかった;
慌ててとしおさんと一緒に、北の島のエリア10に走ります。







なんっかものすっごい、イャンガルルガ変種が面白い体勢になっているのを尻目に、早速攻撃力アップの演奏〜♪




よし、演奏終わり!


さあ、私も参戦しますよ!




あ…でも…イャンガルルガさん…もうちょっと、こっちに来てほしいな…。




イャンガルルガ「なんで?いいじゃんこっちで闘おうよ。」





いやあの、ハンターの方にも都合があってね、こうシステム的に…というか…エリア移動しちゃうと言うか…。
近寄れないんですよ…。


ドドブランゴさんもよくそういうのやるんですけどね…。端っこ行き過ぎると…ちょっと困るかな〜〜〜って;;






うんざりした顔でこっちに寄ってきてくれたイャンガルルガさんと、戦闘再開!






「最近金にものをいわせていましてw」と、としおさんが連れてきたレジェンドラスタ・フローラや、としおさんの活躍でどんどん破壊が進んでいきます!


途中私が不用意に、としおさんのハンマーの間合いに踏み込んでしまい、思い切りポーーーーーンと飛ばされてしまい、




としおさん「ごめんなさい」



ピカード「きんもちぃぃぃいいぃぃぃいいい」




としおさん「wwww」




しょこら「??」



…なんて和やかな(?)雰囲気で狩猟が進みます!
いや狩猟が進む進む!やっぱり辛子明太子は合うわ!おかわりもういっぱい!ってな感じですよ、ええ!







エリアを変えて狩猟続行。ええもう、御飯電子ジャー1杯に塩辛一瓶って感じにガッツガツ進みますとも!


イャンガルルガ変種が倒れたところに、「へへーーーん^^」とわざと笛がぶつかるように演奏を開始。

攻撃力アップを…。




イャンガルルガ変種「……(むくっ)」



あ…ちょっとまっ…




奈良漬けっっっ!!!!><




あっっちぃおいいいいいい;;

よくヤル失敗です^^;





そして、「あれ…なんで私、この火属性の狩猟笛を持ってきたんだろう…。」と、今更に思い始めた頃、

地図上のイャンガルルガ変種のマークが点滅を開始!捕獲可能です!


「はい!もうモンスターはへろへろだよ〜〜う!」


ええ、いいんです。これについて一切ツッコミが無くても…。もう使い続けることにしたんです…。






捕獲成功!




ピカード「つよかった…;」

なんて言っていましたが、実際は5分とちょっとで捕獲しちゃっていたんですよね。それだけ濃密な時間でした^^塩辛も濃い味だった、というわけですな!



「なんども(ハンマーで)飛ばしてしまってすみません」とおっしゃるとしおさん、いえいえ…とんでもない…なんて謙虚な方なんでしょう…。
こちらこそ、邪魔な位置に行ってしまってすみませんでした^^;




…なんて会話をしていると、


「どごっ…どごっ…」


なんか凄い蹴られてるんですが…と見ると、しょこらがにやけながら私の事を蹴ったり、ハンマーでこづいたり…。






くそっ返り討ちにしてくれる…!と、笛で吹き飛ばそうとしますが、するりと躱すしょこら。…くそう…うまくなったな…;