ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

共食い〜ヴォルガノス



昨日の記事のように、一応(?)新双剣防具が完成して、亜樹さんと一頻り笑った後…。


さて、なんのクエストへ行こうか…ということになりました。



私の方は防具完成したわけで、「なんでもオトモしますよ!」といったものの、亜樹さんの方も今は特に希望は無いらしく…。


そこで、もしよろしければ…と、ヴォルガノスのクエストをお願いしました。




亜樹さん「でもなんでまた…」



ピカード「いえ、新しい防具で、共食いをしたくて…。」



亜樹さん「なるほどww」


もうむしゃむしゃいきますよ!



スキル「ランナー」での使用感も味わっておきたいし…!

ということで、ヴォルガノス下位のクエストへ行くことに。



一路火山へ!




エストがスタートすると、もう一人怪人煮えヴォル男がいることに気づきました。




亜樹さん「せっかくなので合わせてみました^^」


ありがとうございます^^亜樹さん…あなたは本当に良い方です…!






きれいに並んで走っていく2匹。いや2人。わ〜い♪








先にヴォルガノスのいるエリアにたどり着いた亜樹さんが、

ヴォルガノスの着地地点に落とし穴を設置して待ち構えて…。





共食い開始!




鬼人化状態におけるスタミナの減り方は、「ランナー」も「絶倫」も変わらないのでガシガシいっちゃいます。





ヴォルガノスが、落とし穴から抜け出すのに合わせて、亜樹さんのラスタ「こんたっく」さんがシビレ罠をセット。さすが…!



ぐりゃぁぁぁあああぁぁぁあ 共食い共食い〜〜〜!





さらにシビレ罠から抜け出したところを、私が落とし穴セット!



共食いは続きます!






…。なんだか、「共食い」という言葉を沢山使っていたら…なにか記憶の扉が開きかけている気がしますが…。





たしか…あれは小学5年生の夏休みに…いや!!やめておきましょう!やばそうな記憶です!







ヴォルガノスの尻尾ふりなどに合わせて、回避行動を取りながら攻撃していきます。


「ランナー」の方が、「絶倫」よりも回避行動の時にスタミナ消費が多いわけですが…。やはり、ちょっと多い感じがします。でも戦えないわけではないかな…?





不意にヴォルガノスが「ぐっ」と身を沈めて、力を込めます。

!…ボディプレスが来る!


すぐに回避行動を取ろうとしますが…
「しまったタイミングを間違え…」



「!?」


潰されていない?しかも振動でふらふら状態になっていない…。



ああ…そうか!「回避性能+1」と「耐震+1」があったのでした!
こりゃあいい!




ボディプレスのたびに大きな攻撃チャンスが訪れます!
ふふふ共食い共食い〜〜〜!




…あ…また記憶の扉が…。  小5の夏休み…玄関にカブトムシをいれた虫かごいやいやいやいや。いいから。


ほら、ヴォルガノスが隣のエリアに移動したよ!?…と、自分に言い聞かせて開きかけた扉をバタン!と閉めます。





ええっと…。

こちらのエリアでの、ヴォルガノス着地地点はここだった…かな…。








亜樹さん「あぁんっもっとひだりぃっ


しまった…wすみません^^;




まあ気を取り直して、共食い再開です!!




共食い…。



共食い…。






ギィイイィィィイィィ…





…小学校5年生の夏休み…。玄関先の水槽みたいな虫かごにカブトムシを5〜6匹入れっぱなしにしてて…。









…ずーーーっとそのこと忘れてほったらかしにしていて…。2学期になった頃…。










…ふと思い出して…汚れて中が見えない虫かごのふ、蓋を…あ、開けたら…。










散乱したカブトムシの欠片の中に1匹だけうわああああああああ







痛い痛い!!頭痛い!!!!




すっごい頭痛い…!はやく記憶の扉閉めなきゃ!!うわあぁぁぁぁきゃあおあおおあこだ><



と…とにかく…ランナーでも何とか戦える…より厳しいクエストだとおそらく絶倫との差はよく出るのでしょうけれども…;


共食いもできて大満足…ぅぉうぇっ…でした…^^


亜樹さんつきあっていただいてありがとうございました…