ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

激闘!2角・2頭の暴君!

決して「暮らしの中の相談事おまへんか。激闘!四角い仁鶴(にかく)がまぁ〜るくおさめまっせぇ・2頭の暴君を!」ではありません。


「激闘!2角・2頭の暴君!」です。

よく似てますが、笑福亭仁鶴師匠をバカにしないように。では、スタンバイ。

メンバーは亜樹さん、仕立Шさん、ルピナスさん、ピカードの4人です。



とても興奮しているのは亜樹さんです。

この狩人道場のクエストでは、よく使われる戦法があるそうな。ガンランスの装備で出発し、闘技場の高台に乗ってそこから攻撃するものだそうです。


ガンランス大好きで、それの「竜撃砲」(ドカン!と一発強烈な砲撃を喰らわせる攻撃。)でモンスターを倒した瞬間の写真を集めるほどの亜樹さん。もう大興奮。

4人全員がガンランスだなんて―――という感じなのでしょう。


ピカード「(そんな中で別の武器選んだら、ひんしゅくものだろうなぁ〜〜w)」

1人ニヤニヤしながら、いや実際にはやりませんよ?ちゃんとガンランスを選びました。


仕立Шさんと亜樹さんの話を統合すると、すぐに闘技場の高台に乗って、そこからディアブロスを攻撃すると言うもののようです。
よし―――まずはとにかく、高台だ。
2頭の仁鶴、じゃない!2頭のディアブロスをかわして、闘技場入り口と正反対に位置する高台にたどり着くのが大事だな!


ベースキャンプで支給品を取ってから―――いよいよ闘技場内へ!!










なんとか無事に、つけるか――――ん?













やっぢまっっだぁぁあああぁぁ;ごめんなさいごめんなさい助けてください見逃してくださいいhづsどhgうぇtyvふds








ふう;あやうく開始1分経たずに力つきるところだった;

命からがら高台に登って、さあ、反撃です!







「よしっ、どんとこいやあ!」


ガードをしながらディアブロスを待ち受けて――――






近寄ってきたら竜撃砲をどーーーーーーーーん!









その後は、ガンランスの放熱が終わり赤い丸印の部分がしまったらまた竜撃砲をぶちかますのだとか。



最初それがわからなくて、一生懸命「あれ?あたらないな」とガンランスを切り上げる動作ばかりしていたら、



思い切り角で突き上げられました;危ない、私のヴァージンが;




ガンランス切り上げの後の砲撃(竜撃砲の方ではなくて、小さい方)は、一応届くみたいで。

ですから、隙を見てドガンドガン撃ちます^^






しかし、ガードしていないと―――







耳栓付いていないのですね、この防具は;


ガードしていて咆哮も防ぐというわけか。ランスやガンランスでのガードって大事だなあって改めて思いました^^








よし、今度はガードして――――!

ガードしている間、手持ちぶたさになったら、「何故、10人以上のマンガ家が『ブラック・ジャック』を書いたとき、北見けんいち先生の作品だけがすっっっっっごくホノボノとなってしまったのか」を考えていればいい。
そうしている内に放熱も終わるだろうて―――!






そしてついに、ディアブロスの内一頭が倒れます。グッジョブ!!






「一頭倒せばあとはすぐw」という亜樹さんの言葉通り―――













すぐに二頭目も倒すことができました^^



お疲れ様でした!


いやぁ、こんな戦い方もあるのですね――――

しかし、これを真っ向勝負でやると一体どうなるのか――――考えただけでゾッとします;

でも、やってみても良いかもしれませんけれど^^







報酬では、「飛竜のコイン」を山ほどいただきました。

「映司、こいつはもうけたなぁ...!」とグリードの姿に戻した右腕に「ゴキュル!ゴキュル!」と飲み込みますww




亜樹さん、仕立Шさん、ルピナスさん、お疲れ様でした^^

マタよろしくお願いします!