ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

ヴォルガノス亜種をみんなでいこう


今回は、ヴァネッサさん・Leticeさん・しょこら・私という珍しい(?)メンバーで、交流区の酒場に集まって色々なクエストに行きました^^



「@dice」と打ち込むとサイコロを振ることができます。これで大きな目のでた人から希望するクエストに行きました。



Leticeさんの番が来たとき。


Leticeさん「ヴォル(ガノス)亜種で〜。」



ヴォルガノス―――――下位は上位に、上位は凄腕なみに強い例の奴ですか―――――



――――しかしなぜだか、なじみ深いというか、なんだか他人に思えない――――と思ったら今私頭装備がヴォルガノス亜種でしたね^^;




ヴァネッサさん「ソコに一匹いますよ〜w」


Leticeさん「もうアレでいいかな」そして、思い切りランスの突進をかましてくるLeticeさん。



Leticeさん「ヒレだせ〜〜!」


ヴァネッサさん「10個確定ですよ」ひどい弄られようですw








ヴォルガノス亜種のいるエリアについたら、早速着地地点に落とし穴を設置します。








出てきたぞーー−!落とし穴で待ち構えろ〜!






セオリー通りの開幕。ツンツンガンガン攻撃して参ります!








ヴォルガノス亜種が起き上がったところでもツンツンガンガン。


今までですと、「ボディプレスくるかなぁ―――ドキドキ」と緊張しながらツンツンしておりましたが、今はそんなことはありません。



なぜならこの防具、スキル「耐震+1」があるので、ボディプレスが来てもよろける心配がないからです。





ボディプレス後もやっぱりツンツンガンガン!ひゃ〜〜〜ひゃっはやww







ヴォルガノス亜種が溶岩に一度逃げ込んで、再びあがってきたところに再び落とし穴!!いっひっひ、こちらの思うつぼですよ!







落とし穴から抜け出したヴォルガノス亜種。

ヴォルガノス亜種がビタンビタンしている間に、ヴァネッサさんがごそごそ――――――








ヴァネッサさん、ナイスタイミング!今度はシビレ罠で動きを封じます。

さらによく見ると、毒状態になっているヴォルガノス亜種。いいぞいいぞ、この調子で一気に!







こうして、一方的に4人からの攻撃を受けても、まだピンピンしているヴォルガノス亜種―――――恐るべし。



ピカード「タフね。

     あんたがったタフマン




ヴァネッサさん「24時間戦えますか♪」




ピカード「ビジネスマーーーーン ビジネスマーーーーン

     ジャパニーーーーズ  ビニネスマーーーーン」



Leticeさん「時任三郎はいいですからww」



ヴァネッサさん「wwww」




しょこらが、モニター越しに「良く喋るねぇ――――」とやや呆れながら言いますw








たしかに、喋ったり、罠にハメて一方的に攻撃したりと、余裕がありそうな感じですが――――



これはこれで結構ギリギリ・ひりひりな感じなのですw



ちょっと気を抜くと――――






逃げる場所もなく潰されることに;;怖や怖や;


すぐにLeticeさんやヴァネッサさんによる「生命の粉塵」で、何とかその場はしのぎます;ありがとうございます!







とはいえ、できるだけ距離を取りつつツンツン攻撃をしていき―――――






10分ほどで討伐に成功^^

おつかれさまでした!







―――――そういえば、Leticeさんはお目当ての「ヒレ」は手に入ったのかしら。


まあ、クエストクリアまでの間に、採掘しようとしている私を未だに攻撃して、頭からヒレを剥ごうとしていた位の執念ですから、きっと―――w