ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

ミズキと共鳴の笛〜ベテランシリーズクエスト




少し前から実装されているシリーズクエスト。簡単に述べると繋がりを持って、いくつかのクエストをこなしていくというものです。


2月のベテランシリーズクエストは、「ミズキと共鳴の笛」。

話によると、このシリーズクエスト受付嬢の「ミズキ」さんの依頼を受けていくもので、最終的には狩猟笛を作ることができるようになるのだとか。









どうやらミズキさん、ある人と楽器について話しているときに、「楽器なら星の数ほど持ってます」(でも実は全部角笛)と大見得を切ってしまい、
楽器作りの名人ということになってしまったとか。

そりゃあ…あなた、のび太くんじゃないんだから…どうするのよ…。







――――というわけで、ミズキさんの尻ぬぐいで、音響の基礎を学んでもらうために、イャンガルルガを捕獲することに。

捕獲できればどのクエストでも良いと言うことで……





これが一番お手軽かな――――






ベテランシリーズの名をだして募集をし、サクッと捕獲成功!





――――でも、「音響を勉強するために捕獲をして」ってことは…ミズキさん、このイャンガルルガを檻か何かに入れて、ひたすら鳴かせるのでしょうか…。



ミズキさん「ほら鳴きなさい!!」(ぽちっ)



びびびびび




イャンガルルガ「ギャアアアアアアアアーーーーーー!!!」(ビクンビクン)




――――なんだか恐ろしい事を想像してしまいました…ゴクリ…。







イャンガルルガ捕獲を、ミズキさんに報告すると…。







狩猟笛「オーソルオルガン」の生産素材である、「丈夫な風箱」を2個もらいました。



この後シリーズクエストを続けて、10個集めると初めて「オーソルオルガン」が作れるようです。





そして――――




今度はノノ・オルガロンを鳴かせるつもりですか…しかも3頭…恐ろしい…恐ろしいよミズキさん…。



ここから、@セラフさんも一緒に狩りに行ってくださり…






途中、捕獲するつもりが討伐してしまいつつも;3頭捕獲…。







ミズキさん「きいいいいぃいぃいい!!ほらぁぁぁあああ!!鳴きなさい!!




鞭をベチン!バチーーーン!



ノノ・オルガロン達「ギャンッッッッ!」「クゥーーーン…クゥーーーン…」


ミズキさん「誰が鼻をならせといったのよっ!鳴きなさいよ!!!」







ああああ…


ひどいよ(私の脳内にいる)ミズキさん!!












次に求められたのは、ミズキさんが考えた楽器のために、空き瓶30個。

よかった^^;これ以上捕まえて拷問に合わせるにはかわいそうすぎて…;










家から空き瓶を持ってきて渡すと、

ミズキさんのことを楽器作りの名人と思い込んだ「ある人」が、今度は新しいゲームを作ろうとしているとか。




ゲームに使うダイスを作るための材料集めを手伝うことに。


ラー…ジャン…。



@セラフさん「軽くラージャン3頭とか言うなんて、ミズキちゃんマジ鬼畜」


全くです…。



でも、「ラージャン」でクエストを検索したところ、なんと「育成クエスト」(本来よりもずっと弱い個体がでる初心者用二人クエスト)の中にラージャンもあることが発覚。




さっそく@セラフさんと一緒に討伐に向かいます。


狩人育成クエストとはいえ、ラージャン。気合いを入れて攻撃していくと…。



なんと2〜3分で討伐。


雪山でしたので、山を登る時間を考えれば、実質1〜2分ラージャンを倒した事になります。




@セラフさん「はっやwwww」




ピカード「コンガじゃないよね…?」





@セラフさん「皮剥いだら中からクックせんせー出てくるんじゃ…」








ラージャンを3頭さくさくっと倒した後――――ミズキさんに話しかけると…





「ある人」に楽器を褒めてもらったみたいです。良かったですね…イャンガルルガノノ・オルガロンの拷問の甲斐がありましたね…





そして、ラージャンの骨を使い、「ある人」がダイスを作ったとか。





ざわ…


        ざわ…





まさかその「あの人」って、帝愛グループの地下労働施設で班長とかしてませんよね?


「シゴロ賽」とか作ってませんよね…






一抹の不安を覚えながらも、コレにてシリーズクエスト「ミズキと共鳴の笛」は終了。






ついに、「オーソルオルガン」を生産することができました^^




さあ、強化していくぞ〜〜!と思ったら、いきなり素材が足りないことに。



「ハラグロ」なる魚が4匹必要だとか…。「ハラグロ」…聞いたことがないぞ…と思っていたら、猟団の人達が「潮島で釣れるよ」と教えてくれました。






釣りかあ。今まで殆どまともにやったことのない釣り。ようし、ここは一つやってみるか…!ということで、釣りえさをもって潮島へ向かうのでした。


次回に続く。