ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

秘伝書を装備して、クエストに行ってみたよ

アーシェ王女「バルフレアーーー!



ちょっとどうしちゃったのアーシェ王女Σ


いつの間にそんな展開になっていたのですか!?


びっくりドンキーなエンディングでしたよ、はい。

しかも続編が子どもっぽいイラストでDS―――だと―――!?



でも、ファイナルファンタジー12は好きです^^そんなピカードです、こんにちは!











秘伝書を装備して、初めてクエストに行ってみることにしました^^


95パーセントも減っている防御力。武器は「クーラーダガー」という状態。


うーん、ドスファンゴ当たりが良いかなあ――――どれくらいダメージを喰らうのか見てみたいし―――と思ったら。



受けられないのですね^^;

スキルランクがまだ1なので、31〜など上位は勿論無理。
ハンターランク1と同じですものね;


下位でも、殆どのクエストは無理でしたT_T






これなら行けるかな。


よし、初心に返って、いっちょいきますか!







まずは、支給品をもらって…と。

え?いや、別にアイテムを全部忘れた訳じゃないですよ!?


当初「まあ、大丈夫だろう〜♪」だなんて思って、アイテム無所持でいったは良いものの、いざクエストが始まったら「防御力補正:―95パーセント」が怖くなったわけでもありませんよ!?





ターゲットはコンガ8頭。多分、北の密林地帯にならいるかな〜と、ベースキャンプからエリア3、そしてエリア4へと移動。

しかし、1匹もおらず;




「あれ〜、いないな〜」と言いながら、今度は北の島・エリア10へ。




いないな〜で思い出しましたが、中学生の頃、あだ名が「イナ」という友達がいました。

ちょっとやんちゃな友達が、その「イナ」を探していて、「あれ〜〜イナいないな〜〜」「イナ、イナイナ〜〜〜wwwww」と一人笑いながら喋っていて、

どこからかきた「イナ」がぶち切れてやんちゃな友達の胸ぐらをつかんで「っっだろころおぉああ!!」と言っていたのは良い思い出。

中学生の頃の思い出終了。







エリア10に行ってみると、いました、いましたコンガ2匹。


クーラーダガーで斬り付けると、やっぱり普段とは違い、1撃では倒せないものの、連続斬りで撃破!




つぎ!


――――とりあえず島を出て、エリア3に戻ってみよう。






すると、エリア3にも2匹いました。


島にいったん行くと、出現するようになるのかしら―――


3匹目撃破!




次は4匹目…!





撃破!

この時、コンガの突進攻撃を喰らってしまいました。


やはり、普段よりも大幅に減ります。
いつもなら、確か下位のコンガだったら数ミリ程度減るのですが、今回は1.5cmくらい?





これが、もしもイャンクックや、さらにテオ・テスカトルなどの古龍だったら―――と思うと少しぞっとします;


早いところスキルランクを上げて、防御力修正を減らしていかないと;








―――――この後、またいったん島に戻って、

1匹だけいたコンガを倒し、またエリア3にもどって――――




エリアチェンジをして再び出現させながら、

8頭目を討伐!
エストクリアです^^



こうして初の秘伝書装備でのクエストは、危なげ無くクリアすることができました^^

報酬画面にて―――



この「HCチケット」ってなんだろう――――もしかして、良く聞く「HC(ハードコア)クエスト」というのを受けるためのチケットかな―――









――――――――――っはっっ!!!Σ




そういえば、秘伝書を装備して折角できるようになった、「天ノ型」の乱舞を全くやっていない;

いかん、今度確認してみよう^^;