ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

フィオレッタさんと上位ゴゴモア討伐


我が猟団「トイボックス」では、集まったとき、グループ分けや希望クエストの順番を決める際に、ダイスを振ります。

そのダイスの大きいものから4人と3人などに分かれたり、希望するクエストへ行ったりするわけですが、

その際私が全員の出した数をメモして行きます。


メモ帳なんて無いものですから、手近なティッシュ箱に書いているため、
パソコンの近くのティッシュ箱には「フィ39ピ7ポ47moto32てる89レスカ58Hale46」とか、
「ふぃ29あ39しょ75ディ53ぴ84」とか
「したて82フィオ100ディ92sora52ぴ4」とか
ぎっしり書いてあって耳なし方一のまだ耳がある頃かよ!
しかもこのままじゃあ、ティッシュ箱は守れてもティッシュは奪われちゃうよ!!
という感じになっています^^;


そんなピカードですみなさんお元気ですか。
私はティッシュがどんどん抜き取られていますが元気ではあります。体中に南無方レンゲ教と書いたおかげでしょう。

大丈夫です!


フィオレッタさん「上位ゴゴモアに一緒に行ってもらえますか…?」


もちろんですとも!


と、いうことで、久々にゴゴモア上位に行くことと相成りました。







ベースキャンプからエリア1へ移動すると―――――早速いました!


木からぼろろ〜〜〜んと、ゴゴモア上位が降りてきました。







早速戦闘開始!







下位ですと、こうやって初っぱなから懐に入って乱舞をするだけで倒してしまいます。



そんな下位の気分で、つい、思いっきり突っ込んで攻撃してしまいました^^;











フィオレッタさん「やはりゴゴモア上位と下位は別物ですね^^;」



そ…そうで、すね…イタタタタ…。






そんな時、ゴゴモアが両手から糸を出し、ぐいーーーっと引っ張ってこちらにすっ飛ぶ準備をします。おわわわ、くる!



ゴゴモア上位がどぴゅーとコッチに向かってくる…!




――――――と思ったその瞬間。






バシィィィィン!

ゴゴモアがこちらにすっ飛んでくるタイミングに合わせて、フィオレッタさんが攻撃!!みごとカウンターが決まりました!

赤い大きなエフェクトと共に、苦しむゴゴモア上位。グッジョブフィオレッタさん!!






よーし、私も負けてられないぞ〜!と、同じようにカウンターをとったり(自動撮影でその瞬間は撮れていませんでしたが…本当ですよ!本当にカウンターできましたよ!?)、



隙を見て脇から攻撃をしたり。









怖っっ!










あ―――――――――――







―――――嘘、だろ―――?



ついつい、「まあ大丈夫だろう^^」とスキル「火事場+2」を発動させた状態にさせたままにしたのがまずかったです;


「あと1発は、受けても大丈夫、力つきない」と思っても、突進→木の上に糸を出してぶる〜んおしりアタックと2発連続で喰らってしまい、このような結果に―――


ああ、フィオレッタさん、申し訳ありません…;




フィオレッタさん「大丈夫!あなたならできるわ!」



ピカード「おだてないでください、セイラさん…。」



いつものやりとりをしながら戦闘に復帰。







エリア3に逃げたゴゴモア上位を追撃です!




ここでまた糸を前方に出し、ぐいーーーと引っ張って反動で突進しようとするゴゴモア





2人同時に糸を切断!


おおお、なんだか2人で協力し合っていて格好良い!私スゴイ変なポーズだけれどww





フィオレッタさんが、角も破壊したいとのことで、



今度は頭を重点的に攻撃していきます。



もうこの頃にはゴゴモアの動きを思い出してきていて、2人+1ラスタで一気に追い込んでいきました。



そしてついに、足を引きずりながらエリア2へ逃げるゴゴモア







エリア2へ行くと、木の上で眠っています。






眠っているちょうど真下に私が落とし穴を設置して―――――――











フィオレッタさんが、眠っている木の根元を叩ききります。









一気に角を2本とも破壊!!





ゴゴモアは落とし穴から抜け出すものの、

もうなんかすごいことにw

私もフィオレッタさんも、ここで一気に討伐しようと躍起になっていたのがわかります;






そして――――



討伐完了!お疲れ様でした!








うーむ、なかなかいい顔だ…w




フィオレッタさんの求める素材は全てとは行かなかったものの、多少は出たようです。よかった…^^