ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

1からテオ〜秘伝書を装備して古龍〜なんかいろいろ考えながら


まもなくアップデート。楽しみですね。






こんにちは。

部屋とYシャツと私」が、「関白宣言」のアンサーソングだということを知り、「ああなるほどな」と感心しちゃったピカードです。

皆さんお元気ですか。



今回、秘伝書を装備して、初めて古龍に挑戦しようと思います。

自分が初めて古龍と戦ったのはいつのことだったでしょうか――――あまり覚えていませんが、上位になったあとだったかなあ…。
しかも一人での挑戦。さあ、どうでしょうか。



前回お伝えした、亜樹さんとのたっぷりクエストinネカフェのお陰で、スキルランクが結構上がってきています。
防御力補正はそれほど大きくはありませんが、問題は使える武器。

その武器の攻撃力などは置いておき、何より切れ味ゲージが問題です。
私の双剣装備はスキル「切れ味ゲージ+1」が付いており、元来のゲージより長くはなっているのですが、
それでもかなりはじかれやすいです。


それを、「乱舞・改」や「刃打ち」でいかにカバーしていくか…。もしくはほかの方法は何かないか…考えながらとりあえず戦ってみようと思います^^





活力剤や鬼人薬グレートなどがぶがぶ飲んで、テオ・テスカトルが待つ沼地のエリア8へ。





いたいた!

いきなり炎のフォースフィールドを纏っていますな!

あのフォースフィールドがある限り、テオ・テスカトルに近寄るだけでどんどん体力が奪われていってしまいます。


角を壊してしまえばフォースフィールドは消えるので、がんばりたいところです。





さてさて…。
今装備している「アエル=アーラ」が、テオ・テスカトルのどの部分にはじかれるのか。またはじかれず刃が通るのか。確認してみることに。




斬撃属性や、この武器が持つ龍属性が良く効く後ろ足は――――よしよし、刃が通る!






それじゃあ、

頭はどうだ!?


どうやらさくさく切れるようです。良かった;これで頭をはじかれるようだったら、きっといつまでたっても角をへし折れないと思います;









いやぁよかったよかった〜^^
――――――ん?









うおおおおいつの間にか体力が半分くらいにィィイイ!


炎のフォースフィールドのせいか;お、恐ろしい…回復しないと!!











ちょっと…ちょっと!!こっちこないでぇえ!!








テオ・テスカトルが嘶き、周りに粉塵が舞います。


色は?ねえ色は?!


オレンジか。
よし――――チャンス!



爆破している間に回復、回復;;


たしか、この粉塵爆発は大きく分けて3つあったはず。


赤色がテオ・テスカトルのすぐそば。


オレンジ色がテオ・テスカトルからちょっとだけ離れたところ。


そして黄色が、テオ・テスカトルからずうっと離れたところにそれぞれ爆発がおきる、でした。





よし、はじかれるかどうか(肉質)の調査続行。



横からの、おなかはどうかな…。








すると、最初の1〜2撃はスパスパ斬れるのですが、もう少しきり続けるとガイィンとはじかれてしまいます。



おおっと…。連続斬りは前進しながらの攻撃ですから、最初の方がスパスパ斬れて、後の方が斬れないということは――――

お腹はやわらかいけれど、背中や翼は硬いということか…。





テオ・テスカトルと戦うとき、私が攻撃するのは、

・火炎放射攻撃の時、横から。


・粉塵爆発で、黄色のときに最初から。


・おなじく粉塵爆発で、赤やオレンジのときに、爆発後突っ込む。



・尻尾を振る攻撃の時に、横から。


・こちらに振り返るときに顔を踏み込み斬りしてすぐ回避行動。



・そのほかひるんだときや、テオ・テスカトルがあさっての方向に攻撃などしているとき。








結構わき腹からの攻撃が多くなるのですが――――せっかく隙が見つかってもはじかれたらしょうがない…。

はじかれ無効にするには2つの方法。1つはただ単純に乱舞・改を当てるだけ。もう1つは「刃打ち」をして(あるいは連続攻撃に織り交ぜて)から攻撃する。



1つ目のほうはかなり危険なんですよね――――乱舞を最後まで出すと最後の攻撃があまりにすきだらけだし…乱舞の突きだけで回避行動をとるようにすると、スタミナの消費量が半端なく大きくなっちゃう。


2つ目の「刃打ち」は…タイミングが難しい。乱舞・改の途中で「刃打ち」はできないのです。だから、普通の攻撃をいれて「刃打ち」するか、攻撃前に「刃打ち」するか。テオ・テスカトリが隙をたくさん見せていないと…。






うーーーーーん……。





―――――




――――――――





――――――――――――




だったら刃が通るところに攻撃すればいいですねw




後はまあ、ノリと臨機応変で!!


考えすぎるとはげるから、いいやww









でもあまり調子に乗ってると――――










こうなるから要注意ですね^^;





ほら、アレルヤ=ハプティズムさんもおっしゃっていたじゃないですか!「思考と反射の融合が超兵のあるべき姿」だって!


これですよ、これ!考えなしで乱舞・改とかでもだめだし、かといってごにょごにょ考えすぎるとさっきみたいに袋小路にはまるから!

要はバランス!そして、バランスから生まれる超越したハントです!







テオ・テスカトリが転んだ!今だ!


頭に思う存分乱舞・改の無限コンボを叩き込みます!






くっ;まだ角は折れないか…;確か、体力を6割以下にすれば折れるはず。

まだまだいくぞぉぉ!!







刃が通りやすく、また龍属性や斬撃属性が良く効くなら、後ろ足を攻撃すればいいのさ!



しばらくすると――――




おお!!角破壊成功!


おもいっきり踏み潰されているけれど!

このままやっつけちゃうぞ!





しかし、テオ・テスカトルも反撃をします。

おおっと粉塵爆発。近い;危ない!









ひいいいい;怒り状態の火炎放射は、範囲が広すぎるうう;









それでも、隙を見つけてはちくちく攻撃!次の行動に対処できるようにするため、できるだけテオ・テスカトルの全身が写るようにカメラ操作をしつつ斬りつけます。





よし!!尻尾切断に成功!!




え?わかりづらいって?






ほら!


尻尾を切断できたということは、テオ・テスカトルの体力も残り少ないはず。このままいける!


攻撃を回避しては、隙を見つけて攻撃していくと――――ついにテオ・テスカトルが足を引きずりながら逃げ出します。









逃げた先はエリア2。

テオ・テスカトルが眠るまで少し待って追撃。







ふふふ、よく寝ているな…!

こういう時はきっちり「刃打ち」をしてから…







乱舞・改!


乱舞・改の前進で、頭→お腹・翼部分まで切り進みます。「刃打ち」した直後なので、翼を攻撃してもはじかれません。





大きくひるむテオ・テスカトル。それを確認しながら、どんどん斬り進みます!ウヒョオオオアオアアアア!!







ぬうう…まだまだ元気のようですね…!




ここであせってしまい、真正面から普通にテオ・テスカトルへと突撃したのがよくありませんでした。




まさしくテオ・テスカトルの渾身の一撃。大ダメージを…ううう、ここで力尽きるわけには行かない;






逃げるんだヨォォォーーーーーッ!




何とかテオ・テスカトルの突進をかわし、粉塵爆発をしている隙に秘薬を飲んで回復;

ああ…危なかった;本当に、油断大敵です。








最後まで気を抜かずにっ!






討伐…完了!!







いやあ…力尽きるということはなかったのですが、疲れました;




<今回勉強したこと>

「思考と反射の融合」。バランスとって戦うのが一番!





まあ、今回は、効果的な部位の肉質がやわらかいお陰で何とかなりましたが…。

もしも、全身が硬い…クシャルダオラや、アカムトルムにはどうしていけばいいか…。

ま、そのときになったら考えます^^