ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

怪鳥の衝撃【変種】



今回は、RENさん・しっぽ500さん・亜樹さんそして私で、亜樹さんのご希望で

――――こちらのクエストに行くことになりました。


ほう…巷で賑わっている「衝撃」クエストですか…。


亜樹さん「凄く強いから気合い入れてw」


イャンクックだからと馬鹿にできないというわけですね…!


初めてやったRPGドラゴンクエストで、そのあとウィザードリィなどをやったとき、「ん??スライム?なぁーーんだ雑魚じゃないか^^」とか余裕で向かっていって全滅。



―――――というパターンは避けろ、と!了解しました!



これから出会うのはイャンクックを超えたイャンクック…即ち、殺意の波動に目覚めたイャンクックですね!!




亜樹さん「(エリア)3まちで〜。」



本当は、最初はエリア9にいるらしいのですが、そこは狭くてパーティ戦には向かないのだそうです。








暫く待っていると――――――

おぉっ…な、なにやら大きな影が…。





「よし、次はラスボスのベガだな!」と思っていたら、「ドゥゥーーーーーン」とベガに近づき瞬獄殺をする豪鬼のように!







今!殺意の波動に目覚めたイャンクックの姿が…!








テッテッテレビーをみぃるとぉきはぁぁ〜〜


部屋明るくして 離れてみてね♪

――――ということを、殺意の波動に目覚めたイャンクックさんは言いたかったのでしょう!



それにしても、
あれアニメ10年続いたんですよね…。良く続いたな…。いや、原作の方はファンですけどね?





どんな動きをするのかよくわからない…。ええーい、突っ込んでやばくなったらそく退避でいこう!






あああ、折角亜樹さんとしっぽ500さんが麻痺状態にしてくださっているのにぃ!!!


大急ぎで回復を飲んで――――








いくぞほらぁぁっぁあ!!
クチバシで突っつかれるといやなので、尻尾フリに警戒しながら主にアナ―――じゃない、オシリに攻撃します!





――――ふと思ったのですが、モンスターってどこで排泄してるのでしょうね?



まさか排泄そのもをしていないのでは―――――と思いましたが、「モンスターのフン」というアイテムがありますし…。謎の1つですね…。







そんなことを考えながら攻撃をしていると、イャンクックさんが怒り出しました。
その場で足踏みをします。



キャーーー殺意の波動に目覚めた上に、怒り出したわ!

でも怒りはじめの足踏みは、攻撃チャンス〜♪と思って攻撃していると。




え―――――なんですかこの減り。





亜樹さん「一発がでかい!!w」




一回足踏みに触れるだけで、ガツンガッツン体力ガガガガgぁぁぁあl!!ガガガSP!!
まさしく瞬獄殺!!



さらに、両脇に吐くブレスは尾を引く強烈なものだったり、バックジャンプの時にもブレスを吐いたり、いきなり「ヒプノック希少種」の様に走り回ったり…。


ええい…衝撃クエストのモンスターは化け物か!







気がついたら回復薬が残り1ってどういう事ですか;






そして、




いつの間に私は力ついていたのですか。


パーティの皆さんに申し訳ない…;




さらにもう一人力つきたので、クエスト失敗のリーチでございます;






森丘のベースキャンプでガタガタ震えながら縮こまっていようかとも思いましたがそういうわけもいかず。






勇気を振り絞って、エリア3に行くと…。






おっ!!

もうすでに耳が破れ、それだけでなくたたまれている!瀕死の証拠です!





私は何だか何もしていない気もしますが、瀕死は瀕死です!;







足を引きずりながら逃げようとするイャンクック



させるかぁぁ!






閃光玉で足止めです!

はい、このクエストで私が最も役に立った瞬間^^;




だって、
↓その直後



こんなんですもの;







それでも、お3方の攻撃もあって―――――









なんとか討伐に成功;ふう…よかった^^;;





この殺意の波動…じゃない、衝撃クエストで特別にもらえるのは、



燕尾原珠。

公式ホームページによると、
コレは、「軽足珠G」という装飾品を作るための素材だそうで、得られるスキルポイントは、「回避性能+5、毒+5、達人-3」だそうです。

「達人-3」がちょっと残念な感じもしますが、「回避性能+5」はでかい…。

念のためとっておくことにします^^;