ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

恐怖の剛種ドラギュロス








暇があるときに、剛種ルコディオラを倒しています。

――――しかし、やはりなかなか「古龍種の上翼」はでず…:困ったものです;




さて!今回は、コドラさんのご希望で――――




剛種ドラギュロスに挑戦です!


メンバーは、コドラさん・しっぽ500さん・私と、レジェンドラスタのフラウです。



剛種ドラギュロス――――そういえば、以前別の猟団員さんと一緒に行って、ケチョンケチョンにされた記憶があります;



行けるのか…いや、行くんだ!
あのときの恐怖を振り払って、クエスト出発!











エスト開始と同時に発見され、そのまま戦闘に…あ…あわわわ…まだ心の準備が;








と、とりあえず足下から攻撃してみよう…!


「ガィン」あれ?弾かれ…







ドゴッ




いぃっったああっぁぁ><





どうやら、足部分はかなり堅いようです。





乱舞をするという手もあるけれど…。

乱舞だと隙がありすぎるし、乱舞・改は乱舞後の派生で弾かれちゃう…。


こりゃあ別の部位を攻撃していかないといけませんね…。





頭や…










尻尾!



これらの部位は柔らかく、刃が通ります!


きっと、「切れ味ゲージ+1」があれば、足にも攻撃ができたのだと思うのですが…。


この装備は「各耐性+20」を入れる代わりに切れ味などのスキルを犠牲にしているため、うまくいきません―――


今度作らないとな…。





翼の先端を地面に突き立てて、雷を流す攻撃…!コレが、結構範囲が広くて喰らってしまいます。





かといって、





こんな風に逃げてばかりでは、いつまで経ってもドラギュロスにダメージを与えられませんしね...。








ええい、ままよ!





ドラギュロスの動きを見ながら、頭と尻尾に攻撃を集中していきます。








いいよーーーすっっごくいいよぉぉ〜〜〜いいよぉ〜〜〜じゃあ今度は上着脱いでみようか〜

あ〜〜〜いいよぉ〜〜




とまあ、怪しげなカメラマンのように自分の行動を評価しつつ闘って行きます。






へへっ。翼の叩きつけ攻撃だって、ホラこの通り…!





でも――――




かぎ爪の攻撃を避けたとしても、その後の爪先から流れる電撃に毎回のように当たってしまう私…;


これがどうしても慣れません;

かぎ爪を避けた時点で安心しちゃうんですよね…。




闘っていると、突然ドラギュロスがしゃがみ込むような動きをします。

あれ…どうしたの?お腹でも痛いの…?そう、攻撃チャンスだね!!







安心して斬り付けると同時に、全身に黒い雷を走らせるドラギュロス

当然もろに喰らって吹っ飛んでしまうピカード



ボウガンとか、リーチの長い武器なら行けるかもしれませんが…双剣では無理、か…:








うんうん…少しは慣れてきた…かな?










でもやっぱり、ちょっと気を抜いたり、ドラギュロスの動きがわからないとこうなります...;



要は、ドラギュロスの動きについて行っていないんですよね…;

それぞれの攻撃に、どう対処すればいいのかいまいちつかめません;


そうこうしているうちに、ダウンすることが多くなってきたドラギュロス。そろそろかな…?と思っていると、



コドラさん「捕獲おkです^^」


レジェンドラスタ・フラウの合図を聞いて、コドラさんが教えてくれました。



うわあぁぁあ〜もううこんな猛攻撃耐えられない!



即座にシビレ罠をセット。
しっぽ500さんも同じ気持ちだったのかもしれません。ほぼ同時にシビレ罠をセットしていました^^



同時に降られたドラギュロスの尻尾に吹っ飛ばされながらも、なんとかシビレ罠にかけることに成功。





今です、コドラさ…。





緑色の玉(モドリ玉)はだめぇぇぇぇえぇぇぇww






コドラさん「ああああああああああ」









何とか立ち上がり、代わりに捕獲用麻酔玉を投げつけてクエストクリア。



しかし…形も色も全く違うのに;何故……wおいしすぎます。






この後何度かドラギュロスと闘ったのですが、


このクエストを含め、2勝2敗。やはり強いですね…。
行動パターンと回避術
切れ味ゲージアップのスキル
辺りを考えないと…;