ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

珍しくスキルランクあげ

さて、前日の記事において無事スキルランクを500にすることができました。


そうするともう――――こうなんか、もうスキルランクあげたいっ!っていう気持ちがふつふつと沸いてきまして。

不思議なものです。ハンターランク上げなどは今までまったくといっていいほどしたことないのに、スキルランクはなんだか上げたくなるのだから。

よりレア度の高い武器が使えるようになったり、属性防御値が上がるようになったりという点はあるにはあるのですが、うーーんなんか違う。

ちょっと称号「双剣道【極み】」(スキルランク999でもらえる)という称号がほしいというのはあるのですが――――まあとにかくスキルランク上げに気を使っています。


そして、その日はネカフェにいく日。


ネカフェでプレイすると、クエスト終了時にもらえる、ハンターランクポイントと、スキルランクポイント、お金が3倍なので、ここで一気に上げたい!

――――ということで、大量にスキルランクポイント(=ハンターランクポイント)が大量にもらえるクエストを探しました。




ポス「ねぇねぇピカード、こういうのはどう?」

エスト「金色の猛者【成長・上】」。雪山が舞台で、ターゲットはラージャンです。

4人パーティで参加すると、1人3780ポイント。ネカフェだから、3倍で11340ポイント!うっひょ〜〜〜〜!こりゃあすごい!


――――そう思って早速募集をするものの――――そのときいわゆる「縄張りクエスト」(古龍種の素材がもらえるクエスト)などがあったせいか、時間帯が悪かったか、「うわっ!あのケルビ野郎が募集してる!無視無視!」といわれたかわかりませんが、なかなか集まらず―――


結局1人来て下さり、(たまたまそのときアシストコースでしたのでレジェンドラスタの助けも借りて)1回5分くらいでクリア:スキルランク補正もあり6000ポイント弱。

まずくはない…まずくはないが…雪山登るのつらい;ラージャンは神経ピリピリトランザム状態;で5〜6回くらいで休憩…;



ん〜〜〜〜む…。もっと楽して稼げる方法はないものか…。などと都合のいいことを考えていると――――





セイラさん「アムロ。フィオレッタさんに教わったことを思い出して御覧になって」



え〜〜?セイラさん――――おだてないでくださいよ…。

じゃない、スキルランク関係で何かありましたっけ…はっ!


そうだ!あれがあった!





狩人育成クエスト!









「狩人育成クエスト」という、初心者用のクエストがありまして、体力が低めのモンスターとお試し感覚で戦えるクエストがありました。

以前、狩人祭で、「アクラ=ヴァシム」討伐が魂ゲットの対象になっているときに、
「このクエストならけっこうさくさく魂がためられますー^^」とフィオレッタさんに教わったのでした。



このクエスト、双剣でいくと1分かかるかかからないかで終わります。


スキルランクポイントどれくらいだったかな…。よし、いってみるか!








どこも破壊されていない状態のアクラ=ヴァシムは、双剣のような斬撃属性だと足が一番よく利くので――――









きってきってきってきってぇぇぇぇぇ!













WAAAAAAAAAAANABEEEEEEEEEEEEEE!!!!!














よし!クリア!








どきどき、ポイントは――――







スキルランククラス補正ありで、1050ポイント!3倍だから、3150ポイント!!








しかも経過時間は1分!





うまくいけば0分!





やった!!やったよセイラさん!!

募集したり、雪山に上ったり、ラージャンを倒したりすることに比べれば、ずっといい!

まるで機体をマグネット・コーティングにかけたようだよ!!

もしくはチタン合金からガンダリウム合金に変えたような頼もしさ!






エストが終わったら即座に受付嬢に話しかけ、同じクエストを選択、また1分でもどって――――







あがってる!あがってるよ!!ああ――――ララア…僕にも時が見える…!







そんなわけで、ネカフェに行ったときだけ、必死にアクラ=ヴァシムのもとへと急ぐピカードなのでした。


普段はもっといろいろな人と楽しみたいものですが^^

まあ、たまにはね^^こういうスキルランク上げみたいなのも。












それにしても―――――――ー









そろそろコッチの方も考えないとな――;試験なんだろう…。










そして、







タワトロ「この1〜2時間フラウとしか話をしていないことの重大性を知るべきだな。」




まぁ…猟団でログインしている人がほとんどいなかったのもあるんですけれど;



*注意*

この記事が書かれたのは、普段述べておりますとおり、少し前のことです。
ですので、実際とは内容が変わっている可能性があります。ご了承ください。