ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

剛種ベルキュロス

コツ コツ コツ コツ コツ…


守衛「博士。毎日お疲れ様です」


アレクシア博士「いいえ。彼からもっと話を良く聞かないとね」


守衛「では、どうぞ…お気を付けて…!」がちゃがちゃ キィィ…



コツ コツ コツ ………




ピカード「ブツブツブツブツブツ…」




コツ コツ コツ コツ カッ。



アレクシア博士「ピカードさん。若しくはケルビさんと言った方が良いかしら?」




ピカード「ブツブツブツブツブツ…またアンタか………」





アレクシア博士「今日は、剛種ベルキュロスの話を聞かせてくれるかしら?」




ピカード「…………………後悔してもしらないぜ…」









〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




さて、今回は、




ミコトさんのゴキ棒で、剛種ベルキュロスに行くこととなりました!





ベルキュロスが現れるエリア前で、ミコトさんの笛演奏をうけて攻撃力アップです!





あ…コドラさんが吹っ飛ばされてる…。おいしい所に立っちゃって、んもう!








ベルキュロスは、エリア4に入ると初めて現れます。





着地地点(影が見えるところ)に、ミコトさんが落とし穴を設置します。




さらに、少し離れたところにコドラさんが、また落とし穴を設置します。





ミコトさんの設置した落とし穴にはまっている間、ベルキュロスを集中攻撃して、怒らせます。

そして怒った後、必ず最初にやる攻撃―――――急降下攻撃がコドラさんの設置した落とし穴にするように誘導して、連続して落とし穴にはめるのです。




よし、はまった!ここぞとばかりに集中攻撃です!







ふわり…と、ベルキュロスが怒りとともに上空へ。急降下攻撃の準備に入って居ます!コドラさんの落とし穴の前に立ち、上手くそこにはまるようにこちらも準備です!







―――――――――――――――きたっ!!

すかさず回避!




ぬうっ!失敗…!穴の上に落ちてくれませんでした><





失敗しては仕方ない。攻撃続行です!




と、その時!




ミコトさんの攻撃が、ベルキュロスをスタンしてくれました!グッジョブ!

チャンスは逃しません!攻撃、攻撃ぃぃぃぃ!






クエックエックエッ!!斬り付けクエックエックエッ!


そんなことをしているうちに、エリア移動するベルキュロス






おうおう、咆えてる咆えてる。さあて、行きますよ〜〜!





―――――と調子よく突っ込んでいくものの…




いっってええええええ!




翼を突き刺す攻撃をもろに喰らってしまいました;














何度も瀕死の状態に…ww







しまいには電撃攻撃もくらい…







そして―――――



なんてこった…。ごめんなさい………。







ベースキャンプに戻る途中、ミコトさんが「捕獲OK」の合図を…。



まずい、急いで戻らないと…!!










なんてこったmk2…。








エスト終了までには、なんとか眠るベルキュロスの元に辿り着きましたが…。



終わりに立ち会うことができる事ができず…ああ、せつない………







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




アレクシア博士「なるほど…そういうことね。

        この間の剛種ゴゴモアのように、最後に立ち会えなかったのね………」





ピカード「ブツブツブツブツブツ…ブツブツブツブツブツ…」




アレクシア博士「少しずつあなたの事が分かってきたわ。『あのこと』について段々近づいてきているわね」




ピカード「今日はここまでにしてくれ。俺は忙しいんだ…」



アレクシア博士「わかったわ」



コツ コツ コツ コツ…


アレクシア博士「また話を聞かせて頂戴」ガチャン



この出来事は、「ピカード・レポート2」としてまとめられた。


そして、今後の医療技術に大きな発展を与えたのであった。