ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

歌姫ストーリー〜第3章〜後編


前編からの続き。


アノルパティスを討伐することになった後暫く、歌姫ストーリーは放置していました;
しばらくして、T・Kさんと色々なクエストに行っている途中で…



T・Kさん「アノルパティスに行ってみませんか?」

おおお…!

ピカード「以前連れて行ってもらって、ボコボコにされたのですが…今なら行けるかな…」


T・Kさん「逝けますよ^^」



そっちの「いく」ですかww








というわけで、アノルパティスへ挑戦!




アノルパティスのいるエリアに入った途端…鮫のように地中を進んでくるモノが…!





どごん!






あいたたた…わかっていたのに…いきなり来るってわかっていたのに…!!




初っぱなから暴れ回るアノルパティスです。




あ…アノルパティスの攻撃で佐天さんが雪だるま状態に…。










雪だるま…。佐天さん…。









佐天さんと雪だるま作りたいぃ!



い、いや!佐天さんとかまくら作って、その中で一緒にお餅食べたい!!




佐天さん「ピカードさん、お餅美味しいですか?
     ………良かったら、私のお餅も…」





うっっっひょおおおおおおおおおおおおおおおい!!!









……とか何とか考えていたら、気づいたらスキル「逆鱗」が発動して体力が極限まで下がっていました…。



何されたんだろう、今。



いかんいかん、クエスト中に妄想はイカン!!






T・Kさんが設置した落とし穴に、アノルパティスがはまっている間に猛攻撃!

よ〜〜〜し、続いてシビレ罠を設置…。





って、T・Kさんも設置してるし;こう言うのはもう一人の人が素早く…また事前に打ち合わせておかないと駄目ですね;






おーーおーーー潜っていく…。またこの後空中にホバリングするか…?




きたなホバリング。この後足下に巨大ブレスが来る…!

段々動きがわかってきました。当初よりは攻撃を受けなくなってきました^^




……が…。





相変わらずわからないのは全然わからない…これが「わけわからん殺し」か…。



ピカード「無理無理無理無理無理無理無理無理無理ィィィィ」




T・Kさん「いや…

     あそこに逃げたと言うことは…いける^^b」





本当ですかΣ



弱ってきてるのかな!?



う、うーーーむ、負けそうになったけれど…ここは一つ…。



エロい事考えて復っっ活〜〜〜!!




リサラ・レストール「何を元に考えたの?」



え?うーーーーんと…新聞紙。










新聞紙からエロい妄想をして、力と気力を取り戻した私は元気イッパイ。





アノルパティスが転んだァァァァアアア!!今だ尻尾を攻撃ィィイイィィイ!!






途中壁際に追い込まれて、メタメタに攻められる時もありましたが…。





無事討伐に成功!!やったーーーーー!!!


これで、龍達を鎮める儀式に必要なものが揃うわけですね!!




………しかしこれで終わりではなかったのです…。




かつて、祈りの森を壊滅した龍…レビディオラが、このメゼポルタに来ているというのです…。





レビディオラ…って…。
以前、亜樹さんと一緒に行ったけど…あまりに強くて、難易度をかなり下げて何とか勝てた相手…。
いけるのか…?

その時は、前の防具構成だったし…きっと、きっと今なら…!!





再び歌うと決めた歌姫のためにも…!がんばろう!!
T・Kさんも一緒に来てくださると言っているし!





いた…レビディオラ…!
ルコディオラそっくりなモンスター…。



うあああああああ吸われるっっ!吸われるううぅうう!!





攻撃方法も、ルコディオラに似ているところがあって…吸ったり強烈な一撃があったりデスね…!











佐天さんとダブルアタック!!スッゴイ幸せ!!




やっぱりルコディオラに似ているところが多いので、まだやりやすいです^^これならスムーズにいけそう…!
とか思ったら…意外な攻撃を…。







え!?えええ!?何あの黒いの…。ダークボール?ダークマター
未元物質?レベル5の第2位!?





その時辺りに黒い電撃走るっっ……!





”!?”



う、嘘だろ…。逝けると思ったのに…。あ、字が違う;行けると思ったのに…。


慌てて復帰します。





また出た未元物質!
「俺の未元物質に常識は通用しねえ」とドヤ顔で放ちやがりました!

よくみろ…よく見ろ…!確かあの黒い珠から、いきなり鋭い刃のようなモノが飛んできた…。
ならば回避しつつ…。





攻撃ィィッッ!!


よし、避けられた!



そしてそのまま危なげ無く戦闘は進み…。




よっっしゃあぁぁああ!!討伐成功!!



こうして、メゼポルタを危機から守ることができたのでした^^


T・Kさん、ありがとうございました!!


しかし…レビディオラはともかく…アノルパティスの方は、もうちょっと動きを研究したいところです;







「響奏の結晶」なるものを1個だけもらいました。

このアイテムで、G級の武器を一つだけ作れるようです。


「奏(かなで)属性」…水属性と氷属性が同率100%で発揮される属性だそうです。
ただしこの武器…レベル40以上に上げないとかなり弱いのだとか…;
まあ、じっくり強化しますかね。



そして、エドワードが歌姫に言います。
「歌ってくれるよね?
 メゼポルタと、すべてのハンターのために!」



歌姫は答えてくれました。
「わたくしは皆さまのために歌います。
 わたくしの力が必要な時はいらしてください」





ただ、歌を歌ってもらうには、その力を込めるためのアイテムが必要なのだとか。「天籟の祈珠」を持ってきて欲しいとのこと。





これも貢献ポイントの交換か…。
パートナーでもかなり使ってるし、もうどんどん減っていくなぁ…;


ラスタを作って、誰かに使ってもらうしか…;でも、使ってくれる相手もいないだろうし…T_T




まあ貢献ポイントのことは後回しにして、とりあえず「天籟の祈珠」をもって「祈樹の泉」へ!さあ、歌ってください!






………………………あれ?




………………………んんん?





なんか……歌姫が口パクしてるだけなんですけれど…。






……と思ったら、なんとオプションのサウンド音量を0にしてました…。馬鹿だ…。




もう一度貢献ポイントで「天籟の祈珠」を交換して…「祈樹の泉」でお願いして…
ようやく歌を聴けました^^







歌姫が元気になって本当によかったです^^
(ちなみにムービーにはレジェンドラスタ達の過去が出ているのですね)



こうして無事、歌姫ストーリーは一段落。
…しかし!第4章もあるらしい…。また、サブストーリーもあるようです。また気の向いた時にやってみようと思います^^