ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

ディスなんとかさん





きましたね、極限征伐戦!
今回は沢山行きたいところです!


メゼポルタ広場に降り立つと、
zzz..さん「今、ディスの動きを覚えるためソロでやってるのですが
      一緒にいかがですか」
行きます!行きます〜〜〜!






こうして、ディス…ええっと…ディス…ディス…なんだっけ…ディスリスペクトさんと初めて相まみえる事となりました。








ディスガイアさんについては、ほんのちょっとだけ動画を見たのと、「MHF-G最強の裏ボス」であるという事前情報を聞いたくらいです。
今回zzz..さんと一緒と言うことで…ディスプレイさんとの闘いを楽しむ為にも、あえてそれ以上の情報は無しで行ってみることにしました。


でもまあ、必要なアイテムくらいは聞いておかないと。


ピカード「何か必要なモノはありますでしょうか?」


zzz..「とりあえず
    現金5000円ほど…」


わかりました!と、この日のために貯めに貯めてきた和同開珎5000円分をリュックに詰め込み、いざ、ヌーディストビーチさんのいる、「最果ての地」へ!







zzz..さんは既に何回か行っていらっしゃったので、レベル31からスタートです!





ここが最果ての地か…まるでこの世の終わりだな…。





するとそこに白い影が舞い降りる!


でたっっ!……………………………………え〜と、ディスカバリーチャンネル、さん?







さあ、戦闘開始…











何だ今の!?何だ今のぉぉ!?





いきなりディスさんが、火球を辺りにまき散らして…避けきれませんでした><







最初からクライマックスかよ…。





他にも、地面に氷が張ったかと思えば…

突然巨大な氷柱が飛び出したり…






キース・シャーディスさんが、足を止める氷を吐き、さらにそこへ突進してきたり…






こっちを殺る気マンマンですな…。






相手の動きをよく見ながら、チクチクと攻撃していきます。しっかり動きを覚えていかないと…;





うむむ、結構ホバリングしたり…翼や頭の位置が高かったりするのは困りものです…;
順調に攻撃を当てているzzz..さんが羨ましい…。




ふいに、ディスポさんが赤いオーラを纏い、軽く咆哮したかと思うと…

ぬおおおおおお!?


強烈な落下攻撃+衝撃波がっっ…!
で、でも、この攻撃はわかりやすい上に隙がありそうだ!もう喰らわないぞ!





次に同じ攻撃をしてきた時に…
タイミング合わせて、メディスンさんの方へ回避攻撃を…!




よぉし!回避&反撃成功!少しずつ、少しずつ攻撃できるようになってきました!













………………と、そんな時。



な…なんだ?辺りの雰囲気が変わってきた…より世紀末風になってきたぞ…!?






サディスティックさんが高らかに咆哮をした時…。




”さあ…ロックンロールの始まりだ…!”












辺り一面に広がる氷柱と火球!









zzz..さんが!zzz..さんが範囲ガードしてる!そこに逃げ込めば…!逃げ込めばって、間に合わないいいいいい!!










はぁっ…はぁっっ…はぁっ…。


な、なんとか…む、無傷で逃げ切れた、ゾ…。




何今の…。




すっごい、グランディスさんが生き生きと、楽しそうに舞っていたのはちらりと見えてましたけど…。

死ぬ思いでしたよ…。





その後も地獄のような猛攻は続きます。ディスカウントさんは常に怒り状態。それでも突進後や、降下攻撃後など、攻撃チャンスを何とか見つけてチクチクやっていきます。








そんな中、一瞬の気のゆるみで吹き飛ばされます。


起き上がろうとすると…足下に赤い光。まずい、ここに攻撃が来る!
避けないと!早く避けないと!避け…






あ…












パン…チラ…。





いや、パン…モロ…!パンモロ!純白!




これは眼福ですなぁぁああああああああ!!!
ウッヒャーーーーー!
















やっちまった…。






パンツに気を取られていたらやっちまった…。










和奏「はぁっ!?何力尽きてるの?」


来夏「バーカ!」


和奏「無神経!」


来夏「クズ!」


和奏「クズッッ!」


来夏「スケベ!」





ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!
ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!
ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!
ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!
ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!
ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!




でも心がチョット折れそうです!





だめだ…こんなの本当に倒せるのかよ…!もう死んじゃうよーーーー><駄目だよ〜〜〜〜〜><







…と思ったけど、

エロい事考えて復っ活〜〜〜〜〜!!





リサラ・レストール「何を考えたの?聞いてほしいんでしょ?」



ええっと、今回は、牛乳瓶で…。








牛乳瓶からエロを生み出し活力を取り戻した私は、

ディスティニーさんの、氷ブレス+突進+仕舞いに尻尾回転(回転させたところに氷柱隆起つき)を喰らいながらも、
何とか動きを覚え始め…すこしずつ攻撃を与えていき…。





突然の咆哮。そしてディスクン星人さんの体が凍っていきます。まるで、自分のもつ氷のエネルギーを制御できずに力尽きていくようです。



そして…動きを、止めました…。










やっった…倒せた…!!!





うおおお…T_T恐かったよ〜!
zzz..さんがいなかったら絶対に無理だったよ〜><








しかしこの状態で剥ぎ取りデスか…なんか変なの;





この後、亜樹さんも合流し、さらにレベルが上がったオンドゥルルラギッタンディスカー!さんと戦ったのですが、





大分慣れてきました^^これ以降は1度も力尽きず戦えました…良かった^^




先ほど必死に避けた、体力50%になった時の猛攻…。

ちょっと、お二人の範囲ガードのお世話になっちゃいました…ありがとうございます、すみません;






しかし、それにしても…。
・翼・頭などの位置が高い
・ガードがあると避けやすい猛攻がある
…などを考えると…双剣とは相性の悪いモンスターですな…。
猟団の方は「双剣もアリだとは思いますよ〜」と仰ってくださいましたが…。
ランス、が良いのかやはり…。

ランス装備か…作る必要があるのだろうか…。




んまあ…今回の極限征伐戦中には間に合わないだろうし…とりあえず、足下に良く効く水属性のG級武器を作ってみましょうか。確かパリアプリアのだったな、双剣だと。









〜〜次回予告〜〜

新井里美「一難去ってまた一難  生まれてきたのは三男坊
     スプーン投げて匙投げて 藁をも縋るアメフラシ
     謎の刃がきらりと光りゃ 知恵を絞って夢土俵
     天が嘆くか地が泣くか 夜の静寂に愛が散る
     次回、ピカ☆モンベイベー、キル1735、『ぴかーどのろえばあめずもう』




     ―――さて、どうする、折部やすな!?」