ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

手にせよ!G級装飾品!!〜となりの関くん

※今回も、ちゃんとモンハンの日記です。










↓コレを見た後だと一層楽しめます。



<や・め・て!








横井「(私の隣の席の関くんは、
    いつも授業中になにかやって遊んでいる…………)」







モンハン








横井「(………………………………………。




    ……………………。




    ………?)」






横井「(!?!?!)」








横井「(ちょっと?なにこれ!?
    関くん、今度は机の上になんかすっごい広場作っちゃったよ〜〜〜!)」







横井「ちょっと、ちょっと関くん…。
    授業中に遊んじゃだめだって…。
    しかもそんな大がかりな物作って…今度こそ先生に怒られちゃうよ?」








関「…………………………………………………」シーッ




横井「(なにそれ?なんか注意した私の方が悪いみたいじゃない…謝罪必要!?


    …………ん、あれ?)」








横井「(この広場…どこかで見たことあると思ったら…。
    モンハンの…MHFのメゼポルタ広場じゃない!
    お兄ちゃんに勧められてやったら結構面白かったんだよね…。
    関くんもやってるのかな。



    …………???)」








横井「(この『ピカード』っていう人が、ハンターなんだね。



    でも、変なの…G級未満のクエストが受けられる『総合クエスト』受付と、
    『G級クエスト』受付を行ったり来たりしてる…。






    関くんが困った顔してる…あっ!もしかして!!
    今の時間帯を考えると!!!)」








横井「(そうそう、そうだった。
    今は、1週間限定で『手にせよ!G級装飾品!!』と、『終わりなき襲撃』が来ているんだっけ。


    『手にせよ!G級装飾品!!』は、G級の装飾品GF珠作成に必要な素材がイッパイ出るし、
    『終わりなき襲撃』は覇種防具作成に必要なHC素材が出るんだよね…。


   でも、この2つのイベントクエストは時間限定で、同じ時間帯に配信されるから…正直どっちをやるか迷うんだよなぁ…。
   私も昨日迷っちゃって、猟団の人を困らせたっけ…)」





関「………………………………………………」ウーーン



横井「(関くんはどっちをやるんだろう…。早くしないと、配信時間が終わっちゃうよ?



    あ…!『G級クエスト』受付に行った!
    ということは、『手にせよ!G級装飾品!!』の方をやるんだ)」




関「………………………………………」ウンウン



横井「(あ〜、今回『G級装飾品!!』の方は、グレンゼブルなんだ。
    グレンゼブルの防具から精錬できる、『グレン珠GF』とか『グレン剣珠GX2』はとっても有用だもんね。
    そりゃあコッチを選ぶよね。うんうん♪




    はっ…。



    つい雰囲気に飲まれていたけれど…)」






横井「(そんな、社会人ハンターみたいな忙しさとかクエスト選択とか悩む様子まで再現するなんて…。
    相変わらず関くん細かいなぁ…)」







横井「(あっ、狩りが始まった!



    …といっても、グレンゼブルも、ハンターも、関くんが動かしているんだけど…;




    でも、私もハンターやってるだけあって、ついつい応援しちゃうよ!
    がんばれ〜!ピカードさん!
    グレンゼブルHCGをやっつけちゃえ〜!



    グレンゼブルの、斬属性の弱点は、尻尾と翼の先端だよ〜〜っ!
    双剣は届きにくいけど、チャンスを見計らって…『置き乱舞』とか駆使してね!!)」







横井「(あっっ!
    グレンゼブルが棘をまき散らしたよ!踏んだら大ダメージだから、絶対踏んじゃ駄目だよ!!!




    左側の方が空いてるから、そこから攻めちゃえ!!!)」





***ずどぉん***









横井「(ええええっっ!?
    なんで吹っ飛んじゃったの〜?




    あ…そうか、左側にあった落とし穴の上にも、棘が刺さってたんだ…!
    落とし穴で、棘が見えなかったのね…!
    くぅ〜〜〜〜ひどい!!)」







横井「(あああっっ!!)」









横井「(あああああああっっっ!!!)」







横井「(ちょっとちょっと〜〜!
    いくら何でも強すぎない?一撃でこんなに大ダメージだなんて…。
    そりゃあその分やりがいはあるかもしれないけど…。





    あああっ!パーティメンバーも攻撃喰らってる〜〜〜!
    ピンチ、ピンチだよ〜〜!)」









横井「(そうそう!早く『生命の粉塵』を飲んで、回復してあげてぇ〜〜!




    …って、あ〜〜!だめ〜〜〜!グレンゼブルが水ビーム吐こうとしてる!!
    間に合わない〜〜〜!)」





横井「(あああ〜〜〜〜!!!また大ダメージ〜〜っっ!



    な〜んか、まるでグレンゼブルがこちらの動きを読んでいるかのような…はっ!!)」








関「………………………………………」クックックックッ




横井「(関くん、また悪い顔…!!)」







横井「(そうか〜〜っ!
    関くん、わざとピカードさんがやられるようにしてるんだ!
    またそうやって弱いものイジメやってるんだな…!!
    むぅ〜〜〜ひどいっ!ピカードさんがかわいそうじゃないっ!






    よ〜し、こうなったら…消しゴムをだして…)」ゴソゴソ









横井「(いけぇ〜〜〜!!)」ピシッッ!!










横井「(当たった〜!)」








横井「(やったぁ〜〜〜〜!!!)」








関「」



横井「(よしっ!これでクエストクリアねっ!)」








横井「(やったぁ♪
     『火竜の皇鱗』が出た!これグレン珠強化に必要なんだよね〜〜〜!
     よかったね、ピカードさん!)」




関「………………………………………」






関「…………………………………!!!」







横井「………………………………はっ…!!!」








関「………………………………」



横井「………………………………………」








横井さんは思った。
今日は早く帰って、自分も「手にせよ!G級装飾品!!」をやろうと。









横井「……………………………となりの関くん;」