ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

ディスなんとかさん再び

一昨日の夜。即ち入魂祭最後の夜。



私は基本22時過ぎに動きだし、0時には去ります。夕方過ぎから放置はしていますが、リアルがあるのでほとんどできません。


入魂祭最後の夜と言うことで、この最後の2時間何をしようか迷っていました。


選択肢は2つ。
1つ…今来ている極限征伐戦の、シャンティエンを連戦し、Lv200まで上げたい。
1つ…この時私の入魂数は4000ちょっと。折角だから5000まで入れたい。



我が猟団「トイボックス」の所属する蒼竜組が勝っているため、シクレはきません。
ふうむ、そうすると入魂数5000は無理か…?ならばシャンティエンLv200か?



しかしこちらでも問題が。
この時のシャンティエンのLvは72。とてもじゃないですが、2時間では絶対にLv200は行けません。
猟団の方々に聞いてみても、「まあ2時くらいまでかかるんじゃないか」とのこと…デスヨネーー…。






まずい、これは手詰まり。




なんだよ…なんだよ!
もうちょっとシャンティエンの方を、進めておけばこんなことにはならなかっただろうに!
無事Lv200になって、G級武器をLv50に上げられる「黄武玉」が手に入っただろうに!
一体誰のせいですの!?






美琴「アンタが前の日に『眠い』って言ってさっさと寝たからいけないんでしょっ…!!」



あうあうあうあうあう…だって疲れ果てて、クエスト中寝ちゃいそうだったんですの…!







うーーーーん、もういいや、仕方ない。



入魂数5000いかないし、シェンティエンLv200も無理!こうなったら開き直って、別のクエストに行きましょう!







そこで、Dizzyさんことルイジさんを手伝って、(ルイジさんの)ディス…ディス…なんだっけ…ディスクン星人?のLV200を目指すことになりました!




Dizzyさんことルイジさんは、以前よりフレンドになってくださり、何度かクエストに行っている仲。
非常にすばらしいセンスを持った方です。zzz..さんと旧知の間柄らしく、お二人の掛け合いがとても楽しいです^^




さてさて久しぶりのディスラクトジアさんです!


ルイジさんの、ディスなんとかさんのLvは既にLv150くらいだったかな?正直、未知の領域です。
かなりの強敵かと思いますが…。正直、ディスントンさんはLv1からそんな滅茶苦茶には攻撃力は上がっていないはず。
だから…た、多分いけるんじゃ…ないかな…!?






と言うわけでやってきました、最果ての地!



ディスロトスロマキアさんが飛んできます!いざ戦闘開始!




いざ逃走開始!w




最初の凄い量の火球と、氷ブレス・ボディプレスはいつも恐いです…;





降りたって、ブレスを吐いているところを脇から攻撃です!



ふふふ…双剣「トラグ・セール」Lv50の威力を存分に味わうがいい!!



この双剣、光っていて格好良いなあ…^^
愛着持っちゃうなぁ…。



そうだ、折角だから名前を付けよう!



何がいいかなぁ…。「エボニー&アイボリー」とか…。あ、でもそれじゃあ斬り上げ吹き飛ばしたところにズバババババって撃ち込まなきゃいけないよな…。
「ピカ&涙子」とかいいかもな…。あるいは「机と椅子」とかもいいな…。


考えておこう…。






うん!思いの外調子がいいぞ!?



全然力尽きないし…決定的な一撃を食らわない!
チャットするくらい余裕です!





…とか思っているとね、やっぱりね…



あぁぁっがががっっがっっっ!?







上の写真の体力ゲージを見ると、半分くらい残っているように思われるかもしれませんが、減っている途中ですから…;
もっとぐんぐん減らされました;


でもこれはまだ良い方。


ズガンズガン強力な攻撃が来ます。


ちょっとした突進を喰らっただけでも、体力が全て奪われ、スキル「逆鱗」が発動。何とか体力が1だけ残るという状態に…。
突進後、尻尾を振り、振ったところに氷山が隆起するという攻撃も強力ですが…こちらはまだなんとか見切れましたが…それでも時々喰らいます;
厄介なのが、前方に氷山を形成し、それに向けてビームを吐く攻撃。氷山に当たったビームが、屈折するので…避けたつもりがいきなりこっちに来る!なんてことも…。



はっきりいって、かなりきつい…^^;


やっぱり100オーバーのディスなんとかさんなんて、私が挑戦してイイものじゃないのか…;かなり心が折れそう…;




もう駄目、やられそう…やられちゃう〜〜〜…!




でも、ここは!




やっぱりお約束の…!







エ〜ロいこと考えて復ッ活〜〜〜ッッ!






リサラ・レストール「…で?」






リサラ・レストール「いいなさいよ?ほら?


            今度はどんなこと考えたの、エロいことって?」





ええっと…今度は…。紙粘土で…。





リサラ・レストール「うっわ…!気っっ持ち悪い!さっさと帰れよクソケルビ!!」







ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!ありがとうございますっっ!






そうこうするうちに…。



空の色が変わり、ディスマックスさんがふわりと浮かび上がります…。





うぉおおお…!辺り一面…このエリア中に氷山隆起やエネルギー波が来るっっ…!!






慌てて、亜樹さんの盾の陰に。
亜樹さんが範囲ガードをしてくださったおかげで、この超攻撃をなんとかしのぎます…ありがとうございます亜樹さん…!!



この状態になったと言うことは、ディスマラカスさんは、既に体力のこり50%以下…!もうちょいだ、行ける!




そろそろ切れるかな…?と、尻尾の方も攻撃していきます。


すると…






やった!!!切れた!!!しかも私切ったぞ!きんもちいいいぃいいい〜〜〜〜!!



お互いたたえ合いながら、励まし合い…残り少ないディスマンカスさんの体力を削っていきます…!!





そして、ディスミントさんは自身の力で体を凍らせ………



ついに、動かなくなりました。









お疲れ様でしたっっ!




一時はどうなることかと思いましたが、無事討伐できてなによりです!やったー!!






この後も、連戦をし、DizzyさんことルイジさんのディスなんとかさんLV200を目指して行きました。



途中、「ヘビィボウガンを持っているルイジさんに、氷結弾を渡す。ルイジさんが合図したら、モドリ玉でベースキャンプへと移動して手渡す」という話でした。
ルイジさんに手渡す1番手は亜樹さん。2番手は私。3番手はzzz..さん。
1回試してみましたが、どうも亜樹さんが手渡す分で、充分弾は足りそうでした。


あるとき。予定していた「第2段階になった時に即モドリ玉で渡す」ということが、亜樹さんがモドリ玉を使ったものの、ルイジさんまだ弾もっていると言うことで手渡し失敗。これは仕方ない。


2番手に渡すのは私。「じゃあ私が!!」と言った数秒後、「さっき亜樹さんが渡した分で充分足りたから、持ってこなかった」ことに気づくという…。



ピカード「ごめんなさい…」


zzz..「さすがや」





しかし元気よくモドリ玉を叩きつけ、ベースキャンプへ戻るルイジさん。





畜生wwww畜生wwwオナカイタイwwwww








そしていよいよLv200になるぞというクエスト。
ルイジさんが用意したのは…毒飯弁当(スキル「火事場」を発動させるために、わざと体力をがくっと減らす弁当)。
次々倒れていくメンバー。






面白いなぁ…本当に面白いなぁこの人…。





そしてそのクエストも、しっかりクリアできちゃうから凄いわ…。







シャンティエンのLv200にならなかったし、入魂数5000いかなかったけれど、でもすっごく楽しかったです^^


ルイジさん、また是非遊んでください^^





絢累石も手に入ったしね^^