ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

双頭襲撃戦〜アスールGXを目指してゼルレウス・アンノウン


昨日、速報が入りました。

MHFが、進撃の巨人とコラボだと…!?

マジすかっっ!!





どうやら、4月24日に進撃の巨人コラボのキットが発売。
他にも進撃の巨人にまつわるクエストも配信されるらしいです。


どんなクエストだろう…。
巨人と戦うの…?やっぱり?


続報は4月4日。コレは楽しみです。


この調子で、もっといろんなアニメとコラボして欲しいです。
超電磁砲とか。超電磁砲とか。超電磁砲とか。超電磁砲佐天涙子さんとか。






さて。



現在、MHF-GGに目指して強力な防具「アスールGX」シリーズが作れるイベントクエスト、「双頭襲撃戦」が配信されています。
詳しくはhttp://d.hatena.ne.jp/picard_monhan/20140315を。




今週水曜日から配信されているのは…

「影光の鎮魂歌」。


…って…この表示…。黒レイアことアンノウンに、ゼルレウスじゃないですか…。
この、黒と白(公式的には光)の対照的な色から、我が猟団トイボックスでは「プリキュア」と呼ばれています。(命名は亜樹さん)



どうせアンノウンは覇種、ゼルレウスは烈種なんだろうな…ガクガク…。
恐ろしいですが…事前に聞いた話によると、「剥ぎ取りでG級モンスターの部位破壊素材がもらえる」ということもあるようです。
またこれを乗り越えなくては「アスールGX」はできません。
きっと、猟団の人達もいるから大丈夫…頑張りましょう!





亜樹さん、zzz..さん、私の3人でいざ出発です!




アンノウン&ゼルレウス「ムーンプリズムパワー・メイクアップ!!」








パシュィン!ピキュゥントキュウウウウィィンピュリィィィンン!!!








バキュリィン!ブリュリュリュリュリュリュリィィイインブッチョチョcォォォォォブリブリブリブリドボドボドボドボ…










しゅたっっ…!!









アンノウン「光の使者、キュアブラック!!」











ゼルレウス「光の使者、キュアホワイト!!」









「「ふたりは プリキュアっっ!」」ブリュキュリィィィン











ホワイト「G級のハンターたちよっ!」












ブラック「とっととメゼポルタに帰りなさいっ!」ブリュッチュ






やべーよ…やっぱ初代は格が違うよォォォォオオオ!







でもまあ、マックスハートのブラックほどの衝撃はないけど…。






1日5回だけ飲める、ダメージを大幅に減らすアイテム「元気のみなもと」を飲んで…。
狩猟笛を持つzzz..さんが、閃光玉でアンノウンを怯ませている隙に、ゼルレウスに集中攻撃をします。







このクエストも、前回のミ・ル2頭と同じ、制限時間は20分…いけるかな!?







しかしプリキュアたちにはそんな事は関係なく。容赦なく「プリキュアマーブルスクリュー」やら「プリキュアレインボーセラピーやらが飛び交います。


どちらか1頭だけならこんなには手こずらないでしょうが…こいつは厄介…;



どんどん過ぎている時間。








……よし!





次はキュアブラックの方!…しかし左上の残り時間を見ると、もう5分を切っています。


ブラックに駆け寄りながら、クエスト状況をみると…残り3分。



行けるか!?いけんのか!?!?




いや行くんだ!




zzz..さんが引きつけていた間、与えていたダメージもあるはず!
今までだって、私達は色々な困難を乗り越えてきた!
例えば………。あの…ほら……工場がつぶれそうになった時、借金取りに返すお金を仲間で出し合ったり!お客様からクレームが来た時「そんなこと言った覚えありませぇ〜〜ん」と全員で口裏合わせてとぼけたり!




今回だって…絶対に行ける!








命を…

燃やせぇぇええええええええ!















時間切れ^q^






ここで作戦変更。



さっきは、zzz..さんは狩猟笛で、サポートに回っていたのですが…それを変えました。
「ごり押しでいってみよっか」ということで、zzz..さんも双剣を装備。一気にホワイトを攻撃し討伐しちゃおうという流れに。






するとこれが、少なくとも先ほどよりも良かったようで…。
今度は10分経過くらいでキュアホワイトを討伐!




そしていよいよキュアブラックを倒すぞ!と集中攻撃すると…。






うお…。





アンノウンが突然前方に急激な風を出し、吹き飛んだところに急襲攻撃…。
これにやられた…。








あ…。




ああああああ!?






また同じ攻撃でっ…!




まて…まて…!以前T・Kさんに避け方を教わったはずだ…!



確か…「(攻撃直前に)アンノウンの足下へ直行し、アンノウンの尻尾方向に真・鬼人化の回避行動を取りまくる」もしくは「遠くにいる場合は(その攻撃直前に)全力でどちらか脇に回避」だったか…?





あ…でも、でも…。





でも、強風→急襲攻撃の前触れがわからなあああああああああああああああああああああああああい!!






















うそだろ…まさかの3回力尽き…


ハットトリック



3乙…。




うそだろうそだろうそだろうそだろ
ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい!!!


3回力尽きなんてどれくらいぶりだ…。
zzz..さん、亜樹さん、許してくれてありがとう…><












さてどうする…。


はっきりいって、コレもう無理なんじゃないでしょうか…。
「アスールGX」なんて凄いのは、少なくとも私の手に余るのでしょう…。
今回は諦めるのがいいか…。




と、その時、一筋の光が。





猟団チャットで、IAさんが来てくださったのです。狩猟笛を携えて…!






そう、実はIAさんは少し前から我が猟団トイボックスに入ってくださっています。
…新入団員とは言え、以前からIAさんとは猟団ひっくるみでおつきあいさせていただいているので、なんだか前から一緒にやっていた感じw



だって、

入ったばかりの方にこういう会話なんだぜ…?どういうことだよ…。


上の会話見ると「新人さんになんてことを…」と思われるかもしれませんがそれはもはや以前から団員同然に見知っているIAさんだからw
念のため、我が猟団は基本的に優しい方ばかりです多分…。
ラグの起きるテキスト会話ですから、すれ違いが起きたり、
あるいは知り合ったばかりでまだ不慣れだったり、恥ずかしかったりすることはありますが、
おおらかです勘違い無きよう…ww












閑話休題




IAさんが駆けつけてくださったのです。ありがとうございます!!






3人で駄目でも…4人ならいけるかもしれません!!


今度は順番に、全員が閃光玉を投げ、アンノウンを少しでも拘束することに。



私から投げます。




IAさんの笛演奏が力を発揮し、全員の攻撃力・防御力が上がります!ありがとうございます!いくぞ!






よし、キュアホワイトの方は倒した!


でも、ココまではさっきもいけました。








問題はここから。
ダメージを受ける度、段階が進んでいくアンノウン…。どんどん攻撃が激しくなっていきます。
さて…先ほど私が3度やられた急襲攻撃も、そろそろ使ってくるかな…。




よし尻尾切ったぞ!



大分アンノウンの体力が減って生きているのがわかります。このまま急襲攻撃を使われないでいけばいいけど…。





しかしそれはやはり甘かった。
やはりラクロス部で培った根性はかなりのもの。キュアブラックはここにきて始めたのです…猛風→急襲攻撃を…。




ああっ…!!zzz..さんっっっ!!!!!



くそっ…連続して使ってくる…。
この攻撃の前触れがわかれば…。



…でもよくよく冷静に思い出してみると…。
猛風を前方に放つ直前…アンノウンはちょっと足踏みをしてるよな…?
下位の飛竜種なんて良くやる行動だけど…。あれがもしかして前触れかな…?


よし、それを合図に必死回避してみよう…。





…!足踏みしたっっ!








!!!やっぱり!足踏みが前触れなんだ!



一瞬で判断して、アンノウンとの距離に応じて正しい方向に避ければ行けるっ!







それがわかったならもう怖いものはないっ!
一気に攻撃だぁぁああああああ!








おおお?


…え?


おおおおおおおおおおおおおお!?




やったぁっぁあああああああ!!




倒した!!倒した!




嬉しぃいい!!!


気持ちいいいいいいい!!







アンノウン本体や尻尾から、G級モンスターの部位破壊素材がぼろぼろとれますwこりゃすごいw






そしてもらえました「ギルド黒輝勲章」。


…うん、そういえばコレが当初の目的でしたね;


途中からふたりはプリキュアを倒す事が目的になっていました…まあそれでもいいけどw





シキさんに後日聞いたところ、「スキル『扇動』を持ったハンターが一人いれば上手く引き受けられるので、かなり楽に戦える」とのこと。
ああ…たしかにそれは簡単そうだ…。「扇動」か…。少し前に導入されたばかりのスキルですが、いいですなぁ…そういう風にハメではなく、戦略的にスキルを組み込み戦うというのは…。



でも、その装備を作る余裕はどうしてもないけれどT_T








さて、のこりの期間中に少しずつでも戦って、「ギルド黒輝勲章」を集めましょうかね…!