ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

その 終わらない極征は…〜シャンティエン




ぜひやっておきたいことって、ありますよね。




でも時間との兼ね合いでどうしてもできない。



そんな風にとっても忙しい中、一番大事なのは、やっぱり楽しむことなのではないでしょうか。



人って、楽しむことで力がわきますからね。楽しむって、とっても夢と可能性があるものだと思うんだ。




藍華恥ずかしいセリフ禁止!」



えぇ〜〜〜…。














はっきり言って、今回の極限征伐戦に行く時間が、ない。




私、一応「先生」と呼ばれる仕事をしておりまして、雇い主のところで常駐しているわけなのですが、








その雇い主の所にしょっちゅう侵入者がやってくるんですよ。







んで、依頼主が「先生お願いします」だの「曲者じゃ!であえ、であえ〜〜!」とか大慌てで私を呼ぶわけで、






(↑私)
そこで、私が「今度はどんなやられ方をしようか」と考えながら、小林清志の声で不敵に登場するってわけです。
ナレーションと兼任ですから結構忙しい。



今週は侵入者というか、天誅しにくる人がやたら多くて…。正直モンハンをヤル時間がなかったんですよ。
お陰で今回やってきている極限征伐戦のシャンティエンも、ディスロックルMk.3さんも全く手つかず。





まあ…もう、この調子なら…シャンティエンだけで終わっちゃいそう、かな…?
極限征伐戦だけじゃないですしね…やりたいことは…。
そんなわけで、シャンティエンを少しずつ行っていました。







ようやくレベルが100を超えまして…。
Naoさんの受注した、Lv132のクエストにオトモさせていただきます。




来た来た…。




よし、頑張ろう!






おっとコッチを見ている。完全に「視」の状態ですね。


かなり距離も近いですから、すぐに赤「殺」になってしまうことでしょう。
即座に隠れても青「殺」。どうせ忍術皆伝の評価は貰えない。だったらもう真っ正面から戦うしかない!!!
(パーフェクトを目指している時によくある投げやりプレイ)





相手が人の大きさでしたら、河に落とすとか、何とかしてしゃがみ斬り上げ→吹っ飛んで倒れたところを背中に回る→立ち上がるところを再びしゃがみ斬り上げ…とするのですが、
なんせモンスターは巨大です。その手は通用しません。
まずは、前足の部位破壊を狙って攻撃していきます。






シャンティエンが溜めを作った後、体を振ったり、咆哮したりすることで、探査船が激しく揺れます。
一応回避攻撃をするのですが…今はスキル「豪放+3」があるので、まず振動に怯むことはありません。
これは確かに便利ではあるのですが…逆にヘタになっていくような気がしないでもありませんl。





そうこうするうちに上昇するシャンティエン。



そこで、シャンティエンの攻撃アクションに合わせて、探査船の大ドラを鳴らし…

落っこちたところを料理でござるっっ!!




そのうちに、シャンティエンの段階がさらに1つ進み、探査船周辺を激しく飛び回り始めます。
そこで捕獲弾を撃って…。






探査船の床にたたきつけたところへ、攻撃攻撃ィィイイ!




…とまあ、結構文章だけで表すと簡単で、さっさと進みそうな感じですが…これが結構手間なんですよね…;
「極限征伐戦」という、ひたすら数をこなしてレベルを上げなくてはならないクエストでこれはかなりきつい;
征伐戦の数も増えてきていますし、本当にそろそろルールを変えるべきではないでしょうか。







そんなことを考えていると、空が赤く染まり、シャンティエンから激しい雷が放たれます。落ちていく探査船………………いよいよ闘いは最終局面へ。




最後の追い詰めと言うことで、麻痺剣晶を装着し、攻撃していきます。




地面から水?のようなものが噴出。このときは結構攻撃チャンス。
ただ噴出する水にちょっとでも触れると大ダメージ&ふっとびなので要注意。




そして一番気をつけなくてはならないのが、シャンティエンが不意に着地して咆哮しようとする時。

シャンティエンの咆哮と共に、辺りに溶岩噴出→雷。これを喰らうと大ダメージ…最悪パーティメンバーに「生命の粉塵」を使って貰わないと力尽きてしまいます;
結構しっかり反応して避けないと…。






こうなっちゃいますT_T



普通に咆哮だけということもあるので、よ〜〜く動きをみないと攻撃チャンスも逃しますしね…;ああ、厄介w









双剣には攻撃チャンスは少なめなのですが…それでも少しずつ攻撃を与え…


Naoさんも弓で着実にダメージをあたえ…!






最期の力を振り絞り上昇するシャンティエン。

そして…放とうとした電撃が自らを貫き…






…倒れました…。





ふぃ〜〜〜^^;やはり、シャンティエンは手間です。



このあと連戦をして、NaoさんのシャンティエンがLv200になるまで頑張りました!
深夜と疲れで眠かったせいか…今回は珍しくクエストするのが辛かった><