ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

グレンゼブル剛種HCを、野井原緋鞠さんと

***ピカードの電波アーカイブNo.20***


http://d.hatena.ne.jp/picard_monhan/20090303
2009年3月3日「上位双剣の装備をつくろう!」


この時から、私の「ほぼ無課金・テンプレ以外の防具構成」生活が始まりました。
念のため述べておきますと、課金防具や、テンプレ防具…さらに言えば秘伝防具を否定するわけでは決してないのです。
限られたプレイ時間。次々配信される新モンスター、新クエスト、新要素。そんな中、お金を払って効率よくやるのは全然良いことだと思うのです。
それも、プレイする上での一つの手です。
テンプレについても、先人達の知恵を学び生かしていく…ハンター全体として見るならば尚更、素晴らしい方法だと思います。
秘伝防具だって、作成するのにどれだけ苦労するか…そして装飾品や、部位ごと色を組み合わせることでかなり違ってきます。
それぞれの方法で良いと思うのです。


大事なのは、それぞれの方法で、どんな風に楽しんでいるのか。
スキルを充実させることを楽しむのか、その過程を楽しむのか。別の角度から述べると、採取を楽しむのか、風景を楽しむのか、会話を楽しむのか、グークを楽しむのか、狩猟を楽しむのか、キャラバンを楽しむのか、徹底効率を楽しむのか。
それぞれに楽しみ方と、魅力があると思います。

わが猟団は、効率という側面でみるとのんびりな部類に入りますが、モンハンの世界観を楽しむ方もいれば、人との関わりを楽しむ人もいますし、純粋にゲームとして楽しむ方もいます。
ソレで良いと思います。


ただ、
決してやってはいけないのは、他の楽しみ方をしている人を、否定することだと思うのです。
また別の楽しみ方をしている人ととは、お互い譲歩し(やり方に合わせ)たり、理解し合ったりして一緒に楽しむのが良いと思うのです。
相手の楽しみ方を味わったり。相手に、自分のやり方を一緒にやってもらったり。あるいは二人とも未知の世界に飛び込んでみたり。



話がずれすぎましたが、まあこの頃からモンハンの地形・世界以外にも、防具を考え(最近はお節介モノさんに頼りっきりですが…T_T)作って行く楽しみも味わいだした気がします。

***********************************************************




今回、野井原緋鞠さんのオトモとして、剛種グレンゼブルのハードコアモード(HC)に出発です!





やばいなんか黒い翼が生えた黒子みたいなのきたΣ


野井原緋鞠さんは、グレンゼブルの尻尾素材が欲しいのだとか。


グレンゼブルの尻尾は、体力がかなり減っている時にしか切れません。
そこで最初から、ひたすら尻尾を斬り付けていきます。





はいさぁああああああああああ!







ほいやさぁあああああああああああ!!




片手剣って、攻撃力は低いかもしれませんが、結構上まで届くんですよね…。双剣よりは。
このまま尻尾を重点的に斬れば、切断できるかな…!?













効かないニャンw




あまり痛くないニャン♪




偉くなったものです…。少し前はヒイヒイ言ってたくせに…。





緋鞠さんのランスが、グレンゼブルの尻尾をやはり貫きます。
ランスで突いているのを見るとあれですね、いかにもブチャアブチャアアって感じで切れそうです!





佐天さんの大剣も!
…ってあれ、何で私、グレンゼブル相手なのに水属性の大剣を持たせているんだw



しかしグレンゼブルも反撃してきます。





グレンゼブル先輩も相当お怒りのようですが気にしません♪




…でも、これ、私の防具がG級のものだから助かっているけれど…そうじゃなかったら力尽きていたかも…。
もうちょっとちゃんと避けないとな…。



野井原緋鞠さんは、かなり苦戦しているみたい…。

丁寧な言葉遣いがデフォルトの緋鞠さんですが結構激しいです。「情けなさすぎる」と呟かれます。


でも大丈夫。だってクエスト失敗に終わってませんもの。大丈夫なんです。
私がいますから。



以前、G級に上がりたての時。装飾品のためどうしても倒さなくてはいけなかったグレンゼブルHCGへ、亜樹さんと一緒にいきました。
その際、私はそれこそ幾度となく3回力尽き…緋鞠さんはそんなことありませんでしたが念のため…亜樹さんに沢山迷惑をかけました。
しかし、亜樹さんは一切それに焦ることも、怒ることも、呆れることもなく、明るく一緒にまた高地へ向かって下さいました。
その時、謝り、お礼をいう私に対し、亜樹さんに言われました。
「気にしないで〜。団長が今度誰かを助けてあげて」
確かそんな感じの言葉でした。



今こそ、亜樹さんのいう「誰かを助ける」時なのかもしれません。ちょっと偉そうな言い方で申し訳ありませんが…。



さあ、剣を握りしめろ!尻尾を狙って斬り上げるんだ!
切断し、緋鞠さんに尻尾素材を…!


いくぞグレンゼブル!はあぁぁぁあああぁぁぁぁあ!!!




↑これくらいの気合いです!







良し切断ンンン!!




そしてそのまま…

討伐!


やった…切断した上に、討伐できた…!


尻尾からは、緋鞠さんの望む素材が得られなかったのは残念でした…。
またお時間合う時に、是非オトモさせてください…!