ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

tomoさんkozuさんよろしくね

さあ、先日より続いております怒濤の新入団員ラッシュ!
5人の入団希望者がいらっしゃるとお伝えしてきましたが、いよいよ最後にさしかかりました。




最後は、tomoさんと、kozuさんというお2人です^^


※上のアクションのBGM



なんでこんないかにもゴウケンに教わったかのような構えをしているかといいますと、
実はtomoさんもkozuさんにも伝えていなかったのですが、
お二人に会う直前に猟団チャットで、散々ストリートファイターシリーズの話をしておりまして…。


春麗ストZEROのあたりからスピニングバードキック無くなっていた」だとか、
「スカロマニア最強」だとか、
「ドクトリンダークの真似で自己紹介をしよう」だとか、
「ガイルのBGMを聞くとテンション上がる」だとか、
「ZERO2のさくらのBGMが最高」だとか。



まあ私とNaoさんとGosさんばかり話していたんですけど。



そんな会話をしていたものですから、ついつい

いきなりこんな意味不明な自己紹介を始めたのです;
tomoさんもkozuさんも恐らく「???」だったと思うのですが、実はそう言うことだったのです。失礼しました;


(※ちなみに、今ふと懐かしくなって、「ストリートファイターEX2」で検索をしましたら、カプコンの公式ホームページがヒットしました。
  その中の、キャラクター紹介の文があまりに適当でビックリしましたwそれだけ。)







「なんのことですか?」





お二人と猟団についてお話をし、その上で入団の意志を確認。
折角ですので、恒例になっておりますが…お時間ある団員さんをお呼びしてみんなで色々なクエストに行くことになりました^^


普段、こういう場合、ダイスを振って(「@dice」と打ち込んでエンターキーでダイスを振る)、大きい順にできるだけ同じ人数ずつパーティを複数作り、
それぞれのパーティで希望クエストを順番に回すのですが…。


最早様式美。
なんとかダイスの数が最小の人を…というかピカード=ケルビが最小だったらソロでクエストに行かせよう
という流れへ。


この時6人だったのですが、3人・2人・1人という分け方を提案するGosさん容赦ない。さすが容赦ない。


良いだろう…。もし私が最小だった時には、そういうパーティ構成でいってやるぅぅああ!





もう、このダイスの時に聖闘士聖矢ネタを挟むのも様式美。




さあ、いくか!

いいぃぃやああほぉぉおおおおおおお!!!



しかしGosさんが「よーし2(自分の出した最小のダイス)がんばっちゃうよ〜」と前向きな発言がさすが…といったところか。



さて、今回の集まりで、tomoさんkozuさnともにご一緒させていただいたのですが…。
大変申し訳ないのですが、kozuさんと一緒に行ったクエストは、ミスで自動撮影が殆どできていませんでした…T_T
従って、どうしてもtomoさんとのクエストの様子が多めになってしまうことをお許し下さい。(特にkozuさん…ごめんなさい)
是非これからもクエストをご一緒させて頂き、その時の様子を今後の記事でお伝えできればと思います。




tomoさんのゴキ棒は覇種アンノウン…所謂黒レイアですね!
なかなかやりがいのある相手です…!よーし、気合い入れて行くぞ!


エスト出発…!の前に、


進撃の巨人キットに身を包んだNaoさんから急遽開始された、進撃ごっこ。




Naoさんは上手な物で、ちゃんとセリフがキース=シャーディスの声で脳内再生されますw





…とまあ、オフザケも交えながら出発!
メンバーは、tomoさん、アリスさん、私です!




戦闘開始です!!


このクエストが始まってすぐに思ったのですが…。tomoさん上手い…。
本人は「腕が(ランクに)ついて行ってない」との事ですが、臨機応変に、慣れた感じで動くその姿を見て「うめぇ…」と呟いてしまいました。





普通、戦闘開始直後一斉に攻撃をすると、大抵アンノウンが激しい咆哮をします。

そして、範囲攻撃の準備…エネルギーを溜め始めます。


落ち着け…落ち着け、ここで焦るな…!
確かアンノウンの、この溜め行為のあとの範囲ブレスは…。覇種パリアプリアの物と一緒、ブレスが落ちてきたのを見てから回避で大丈夫…!
それ以外早すぎても、遅すぎてもだめっ…!!落ち着け…落ち着け…。



上空へ飛び立つアンノウン。と、一瞬の間を開けて落ちてくる火球。その火球が地面に接触するのをギリギリまで見て回避…!




良し回避成功!!!


もう大分コツは掴みました^^後は、パーティメンバー同士で、お互い体力など様子を伺い、必要に応じて「生命の粉塵」を使い合えば、キット行けます!



段々激しさを増していく攻撃を回避しながら多少闘って行くと、

尻尾の切断に成功ッッ!良い感じ!このまま倒したいところです!!



また、以前毎回喰らってしまっていた、
「突如前方に剛風(打ち上げられる) → 猛スピードで爪を出しながらつっこんでくる」というコンボも、大分避けられるようになりました。
以前ものべていましたが、アンノウンが片足で地面を軽くひっかくような動作の後、その剛風からのコンボが来ます。その前触れの動きが分かったので、すぐさま避難できるようになりました!


そういう風に動きが分かってくると、一層楽しくなります^^
勿論、今より苦戦していた時も、楽しかったのですが…動きが見えてくるとまた楽しいものです^^





さあ頭も破壊して…これでアンノウンの全部位破壊成功!



途中、バックファイアなどの攻撃をモロに喰らってしまい、しかも立ち上がろうとする時にアンノウンがこちらを向きました。
「うあああまずい…やられた…><」
と、覚悟を決めた瞬間、緑入りに光る私の体。これは…「生命の粉塵」の効果?!


パーティメンバーが「生命の粉塵(パーティメンバー全員を回復するアイテム)」を使ってくれたのです!



前々から思っていたのですが、覇種モンスターが相手の時は、どれだけ他のパーティメンバーと支え合ったかが大事のように思います。
今回お二人のお陰で助かりました…;
私の方も、滑空の突進などを喰らった人がいれば迷わず「生命の粉塵」をどんどん使用していき…。
無論、攻撃も行って…。


討伐成功!!!



やはり強いですアンノウン…!



この後、kozuさんとも一緒にクエストに行きました^^

kozuさんも覇種モンスターをゴキ棒。

ゴルガノス・アルガノス…あの、金と銀のヴォルガノスですね!



さて、上で述べましたとおりkozuさんとのクエストは撮影を失敗しておりまして…。



既に倒したあとくらいから自動撮影がはじまっていました;
本当はかなり苦戦していたり、面白いネタフリが飛び出したり…。色々お伝えしたかったのですが…申し訳ありません><



とにかく身にしみて、改めて感じたのは、
「覇種はパーティプレイで楽しむクエスト」
だと言うことです。



大ダメージが多く、また毒など状態異常にさせられることが多い覇種なので、「生命の粉塵」などによる支え合いはやはり不可欠かと思います…。
特に素材集めでも連戦しないといけないので、尚更一人で戦うのはむずかしそうですね:




まあ、一番は楽しむことだと思いますけれど…^^



さて、tomoさん、kozuさん、これからどうぞよろしくおねがいします!!