ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

パートナーの声を変えよう


双剣「極・黒闇邪龍双剣」。







双剣「獄・紅魔邪龍双剣」。







片手剣「ダードラウラ」。



これらのG級武器が、全てレベル50にすることができました!
いや〜、どの武器も、G級デュラガウアのHC素材(HCモードで、低確率ではぎ取れる素材)である「氷狐竜の筆尾」で強化ストップしていたのですが…。
ちょっとしたツテで手に入りまして^q^
あ、いえ、別に「今限定でNP(ネカフェでプレイするなどで貰えるポイント)交換で、普段できないものが貰えるというのでこっそり交換した」とかじゃないですよ!?
別に「今こそ貯まったNPを使うチャンスとかいって筆尾を10個近く交換した」とかしていませんよ!
ニヤニヤしながら黒狼鳥の裂殻もちょっと交換した」訳ないじゃないですか!






コレで、G級武器レベル50が10本になりました^^
持っている武器種は、片手剣・双剣・大剣・狩猟笛か…。
他の武器種も、まあ1個ずつはLv50のモノを持ってみたいかな…。







さてと。


この間、MHF-Gの公式ツイッターで、「今ならイメチェンポイント1Pが100円よっ!」というような言葉がツイートされていました。
こりゃいい!と早速100円を握りしめて購入。
しかし、おかしいんです。


公式ホームサイトの、イメチェンポイント購入のページにちゃんと辿り着いたのですが、なぜか購入できないんですよ。
だってちゃんと100円玉をディスプレイに投げつけているというのに…。何度、どんなに力強く投げつけても、ディスプレイにひびが入るだけで何も起きないんです。



暫く考えて、「私はバカだ!ディスプレイから佐天さんが出てくることはあるけれど、こちらから何かを入れることはできないんだった!」と言うことに気づき、
さっそく、SDカードスロットに100円玉をねじ込みましたが、もう2度とカードが入れられなくなっただけで何も起きません。



スピーカー、USBメモリ、電源、1394、CDスロット、排気口、自分のけつの穴まで全部入れたところで、ようやく正しい支払い方法に気づきました。


「多分こうじゃないかな」と思って100円玉を近所の交番にいるお巡りさんの右目にねじ入れてそのまま殴りつけたら、
ピュルリィイン!」と言いながらお巡りさんが吹っ飛んだので、それが多分「購入できました♪」の合図だったのだと思います^^




さて、そんなわけで「イメチェンポイント」を1ポイントだけ手に入れました。
「イメチェンポイント」は、1ポイントにつき、キャラクタの声・インナー・顔のどれか1つを変えることができます。
やっぱりココは、声だよなあ…。
でも、自分の声はこの間変えたばかりだし…。そうだ!パートナーの、佐天さんの声を変えよう!




…ということで、美容室ヘ行き、パートナーのイメチェンを選択しました。





さあて。

どうせなら、声優さん達の声の中から選びたい。



先日自分の声を変えた時は、男性ボイスでしたが…今回は佐天さんですから女性ボイスになります。


まあ…なんといいますか、「本物」「当人」である、伊藤かな恵さんも、このボイスに参加してくださっていたら、迷わずそれを選ぶのですがね…。

(※念のために述べますが、上の動画における佐天さんは、まだ物語の序盤の様子です。
  無能力者であることを卑屈に思っていたり、上位能力者の人を妬む様子があります。
  しかしここから、佐天さんは色々な出来事を超えて、一回り精神的に成長していくのですそこが魅力の一つであるのですだからこれはまだ佐天さんの魅力を完全に出し切っていないのですこれが佐天さんの全てだとは思わないでください佐天さんはもっとすごくなるんですわかりましたか!!?!??!







さてさて、佐天さんの声に似ている…若しくはイメージに合っている声は…
あるいは、聞いていて何だか嬉しくなる声は…どれかなあ?




ただの、声の好みで言えば、沢城みゆきさんが好きなんです。


沢城みゆきさんの声はとても凛々しく、聞いていてとてもすがすがしくなります。
言葉も聞きやすくて、私も実は言葉を使う職業なものですから、話し方が参考になるのではないかな、と僭越ながら思ってしまいます。
この声が狩猟中に聞こえてきたら、モンスターとの闘いでももっと気合いが入るのではないでしょうか?!



…ただ…佐天さんの声に合うかどうかは…。
佐天さんの声は、確かに凛々しさというモノも含まれますが、もうチョットだけ柔らかさが強い気がするのです。
沢城みゆきさんの声に柔らかさが無いという意味ではなく…いやむしろこれだけハキハキしているのにふんわりとした雰囲気も含まれているなんて凄いと思うくらいなのですが、
でももうチョット、「ぽわん」とした感じも入っている気がするのです。





「ぽわん」とした感じで言うならば…。

豊崎愛生さん。



(0:30あたりから今の豊崎さんらしい感じ)
けいおん!」の主人公、唯役で有名になった方で…。
とある科学の超電磁砲」では、佐天さんの親友、初春の役をやられています。
もともと、この初春は、「飴玉を転がすような甘ったるい声色」という設定なのだそうで、
聞いてみると、まさしくその設定にぴったりの、とても柔らかい…甘い声です。


この方の声も、好きではあるのですが…でも今度は柔らか過ぎちゃう…。もうチョット凛々しいというか、元気な感じなのかな…。




あと知っている方は、

阿澄佳奈さん。





這いよれ!ニャル子さん」の、ニャル子さんニャルラトホテプ)役で、私は知りました。
他にも、「のんのんびより」の小鞠の声も担当しています。





…でも私ニャル子本当に苦手なんですよ…。
元気だとか、真尋一筋とか、オチャメだとか…そういう可愛さもわかるのですが、
オチャメ過ぎというか、暴走したら手が付けられなそう…怖くて;



佐天さん(ニャル子の声)「さ〜てピカードさん!ほらあそこでモンスターが寝ていますよ!!ざくっと斬っちゃいましょうよ!」

ピカード「いやまてって!寝ているところを、他の人が大剣溜め斬りしようとしてるから…お、おいちょっと!」



ニャル子「大丈夫大丈夫〜!さっさと倒して私と熱いヴェ〜〜〜〜〜ゼッッ!をっっ!」



ピカード「全然大丈夫じゃないっっ!落ち着けってお前!!!」



ニャル子「いきますよ〜!宇宙CQCを見せてやります!」


…とかいうまさしくデジャヴが起きそうな気がしてなりません(http://d.hatena.ne.jp/picard_monhan/20140117)。





阿澄佳奈さんには何の罪もなく、申し訳ないのですが…こ、今回はパスで;





そして、やはり忘れてはならないのが、

釘宮理恵さん。


先日の、自分の声を変える時にも、候補として上がっていましたね。
女性声優の中で、唯一男性の声も出ていたのでした。



ツンデレ。超ツンデレ
声も本当、この動画のまんまです。
コレはコレで非常に…ひじょ〜〜〜〜〜〜〜〜〜に好みです。


アイテムを持ち帰りながら
「べっ…別に、別にアンタの為に持ってきたんじゃないんだからねっ!
 こ、これはその…あ、あたしのアイテムボックスに入りきらないんだからっ。
 そうよ!廃品回収よ!ありがたく受け取りなさい!」
…でも渡されるのはHc素材とか。


佐天さんの声(伊藤かな恵さんの声)で、上のような言葉は容易に脳内再生されるのですが、
釘宮理恵さんのような高い声を、佐天さんが出しているのはなかなかイメージしづらい…。
別に、このボイスにしてもいいのですが、怖いのが、「佐天さん=このボイス」ということが脳にすり込まれてしまうこと。
釘宮理恵さんはある一つのキング・オブ・ツンデレ声だと思いますが、
佐天さんの声としては…今回は無し。





そう考えると、本当に佐天涙子伊藤かな恵さんとキャスティングした人は凄いなと思います。
本当にぴったりなんですもの。
そして、それは伊藤かな恵さんの努力もあるのでしょう。伊藤かな恵さんが上手に佐天さんに寄り添って演じているから、
ここまでぴったりな感じがするのだと思います。






さて困った。
決まらない。



とりあえず、MHF運営チームのスタッフさんに、「イメチェンのボイスに、伊藤かな恵さんも登場して貰ってください」と要望を出し続け、
いつか登場するその日までイメチェンポイントはとっておこうか、とも本気で考えました。
でも、もったいないよなあ…。




どうする…と、完全に詰まった時に、光明が差しました。






何気なく堀江由衣さんの声を、イメチェンのお試しで聞いた時です。




とらドラ!」のみのりんこと櫛枝実乃梨化物語羽川翼…の役をなさっているそうです。
とってもハリのある声で、それでいて暖かみもある感じ。



…これぞ佐天さんに最も近い!!よし、決定!



というわけで、

ボイスは、VOICE48の堀江由衣さんの声にしました!

うふふ、これから楽しみです^^






えへへ〜*^^*
おかしな所なんか、あるはずないじゃない〜〜〜〜//
もう全てひっくるめて愛しちゃうよ〜〜〜うふっほほえへへへおあへおあこあこ




……





……………………………






………………………………………………………………







阿良々木暦「………………………ってな具合のことを、あるブログでケルビが述べているのを読んだんだが…。
        どう思う、戦場ヶ原?」




ガハラさん「…………………そうね…」






ガハラさん「そんなに溺愛しているならば、もういっそのこと伊藤かな恵さんを金で雇って、
       あんな声やこんな声を録音して、
       好きな時に再生すればいいんじゃないかしら。



       はっきりいって私には『変態』にしか見えないから、もう白眼剥きそうだけれど」








阿良々木暦「(思いっきりジト目で何を言っているんだ、お前は)」