ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

至天征伐戦〜アンノウン その2


〜〜〜前回までのあらすじ〜〜〜







至天アンノウンにボッコボコにされました…。


他のパーティでは、なんと私、3回連続で力尽きてしまいました…T_T




やたら強い感じです。さすがLV9999。
でも、もうちょっとで何となく掴めそうな気がするのです。
結構避けられそうな攻撃が多いのです。
まあいいわけがましいのは凄く分かるのですが;でも…もう少し時間があれば!!




幸い、モンハンの世界にはアイルーが救出に来てくれますから、
ウィザードリィみたいに、「全滅したパーティを、他のハンターが救出する」という事はしなくても大丈夫です。
…しかし、あのアンノウンが暴れ回っているところに救出しに行くアイルー達は相当な覚悟と技術があるのでしょうね…。
彼らの救出だけでも1つゲームになりそうです。


少し話がずれますが、
今度配信される巨大な塔…。これ、ほんとうにウィザードリィみたいな感じを勝手に期待しています…多分無理だろうけれど;


・ひたすら登って行く登って行く。


・途中に店?アイテムボックス?街?んなもんねぇよ!
・まあ登ることができた階までは、安全が確保されたと言うことでパローネの気球で送ってやるけどさ(パローネの気球を塔に横付けする設定資料が以前公開されていました)。


・効率?知ったことかこの馬鹿。命すり減らしてさっさと登れ!!!ワードナの事務所はまだ先だぞ!!!!


・全滅した場合、メゼポルタに戻るにはペナルティが発生。ペナルティ無しが良ければ、誰か他のハンターに来てもらわなくてはならない。
 もしくは自分が操作するパートニャーによる救援。




「っていうのを考えたんだけれど、どうかな」


クライン「いや…多分喜ぶのはお前くらいだと思うぜ…」











さて…至天アンノウン配信終了の期日が迫ってきました。明日の9時には終了という夜。
当然朝なんてやれるはずはない。
あと15分ほどしたら、新入団希望の方がくる。
(新入団希望の方がくることはとても嬉しいことだから、全然問題ないのですが)ああ、こりゃあもう、今回は負けっ放しで終わりかなあ…^^;そんなことを思っていました。



しかしそんな中、☆レナ☆さんが声をかけてくれました。
レナさん「7・8分で終わると思うから…くる?」


単に頭数埋め合わせだったのかもしれません。私のスキル「薬仙人」頼みだったのかもしれません。あるいは私のアナルをどさくさに紛れてほじくり返そうとしていただけなのかもしれません。
それでも嬉しかったなぁ…。誘って貰えるって嬉しいことなんだよなあ…。
最近は私は、色々忙しくて…ひょっとしたら団員さんもフレンドさんも忙しそうな私とかに声をかけづらかったのかもしれませんが(若しくは完全にボッチだったのかもしれませんが)、
改めて誘って貰う嬉しさを味わいましたよ…。
もうちょっと上手くやりくりして、時間を作って、私も色々な人を誘おう!
「一緒に穴掘ろうぜ!もらい物の瓶の蓋で」とか。



さて…。
そういうわけで、☆レナ☆さん、kmさん、モツさんと一緒に、至天アンノウンに再挑戦です。
多分コレが最後の挑戦となるでしょう。勝っても負けでもこれでおしまい。ならば全力で行くのみです!
できれば気持ちよく、新人さんをお迎えしたいものです!!



斜め後ろさんやセラさんが、出発する私達にエールを送ってくださいます!
無論、折角エールを送ってくださったのですから、答えねばなりますまい!

OK!今日も最悪だ!いつも通り!






いざ、戦闘開始です!





…と思ったら…。

開幕早々、ちょっと踏まれただけで「乙女の全て」(どんな攻撃でも一定確率でダメージ1・体力とスタミナ回復になる)が破壊されました…T_T



そりゃあまあ、一定確率で壊れるのですから、いつ壊れてもおかしくないですが!!
いきなり最初から壊れるものかなぁあ…T_T



そしてそして、悪いことはなおも続きます。













ちょっと私喰らいすぎ!!
これマズイですって!
私が喰らう度に、レナさんがスキル「広域化」や「薬仙人」を生かして回復してくれるため、何とか生き残っていますが…。
いくら何でも喰らいすぎです!
どういうことですかこれ!


これ、ひょっとしたら、おっさんどころか、何かマァムの師匠とか言い張るネズミ人間並みですよ!?なんだこれ!?
そしてレナさん、みなさんごめんなさい!





…とはいえ、それでもまあ、隙を見つけては少しずつ攻撃を加えていきました。


kmさん、モツさんの穿龍棍もうなります!
すると…。







きた…!ベリアルが来た…!!
ウルトラマンゼロは多分ヒーローショーとかバイトとかで忙しいでしょうから、代わりに私達が倒すしかありません!
怖がっている暇はないでゲス!いくでゲス!




…と…。




辺りが闇に閉ざされます…。なんという禍々しいオーラ…!



…その時、

いやぁぁ!何か見えた!あれ目!?アンノウンの目!?




こっこっこ、こわいいいい!!;



しかし…段々と、アンノウンの行動に対応できるようになってきました。

攻撃できる隙があれば攻撃。特に、斬属性の武器は私だけですから、尻尾を中心に攻撃。




突然上空に飛び立ちトゲを落としてくる攻撃も、大体回避できるようになってきました。





レナさんのサポートを受けながら、kmさん、モツさんと共にアンノウンに攻撃をしていきます…!



そして、アンノウンの尻尾を斬り上げた時…!




よし!!尻尾切断できた!
やった…!気持ちいいひひぃいいい!!
尻尾を切断したことで、かなり優勢になってきた気もします!いい感じ!!


もう一息かも!
…ただ、前回はここまで来て全滅しちゃったからナア…慎重に、慎重に…!


回復を自分でもやりながら、攻撃をチクチクとしていくと…。
kmさんとモツさんの穿龍棍がアンノウンにクリーンヒットして…。








やった!!!倒せました!

なんかレベルもあがったっぽい!!



お疲れ様でした!



最後の最後で、遂に倒す事ができました…!嬉しいです…^^
kmさん、モツさん、レナさんありがとうございました!




「至天の閂」、「至天の鎖」というのを貰いました。
これが、昨日の記事で説明があったシジル素材なのか…。
またじっくり作るとしましょう^^



次の至天征伐戦も、参加できるといいなぁ!