ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

歌姫ストーリー第9章 後編


当然ではありますが、また今までもそうでしたように、
ストーリーのネタバレを含みます。その点ご承知の上、
既に歌姫ストーリーを終えられている方や、ネタバレしても構わない方はお読みください。


さて、歌姫ストーリーの第9章、後編です。
トキシの使っていた穿龍棍を再現しようと、レジェンドラスタ達と協力しながら素材集め。
次は何が必要なのでしょう?


第3話の題名は、「予期せぬ強襲」。
「強襲」ですと…?
この、武器を作るだけという一件平和そうなストーリーの中で、何かが襲ってくると言うのでしょうか?



物語は意外な展開に…?!





「祈樹の泉」に行くと、御付きの猫たちが苦しんでいます!
ピカードさん、逃げて…!」と苦しみながらも、私にそう言ってきます…一体何が!?





ヘヴィボウガン使いのレジェンドラスタ、ユウェルもいました。
ユウェルなら何があったか答えられるか…というか何でユウェルそんなに平気なん?




その時、背後から声がします。



あの姿は…ユウェルの妹、ライトボウガン使いのティアラですね。



この後ティアラのてきぱきとした指示で、消臭玉・解毒薬を用い、辺りを清めたり、猫たちを助けたりしました。
一通り落ち着いたところで…ティアラがユウェルを指さし、言います。

………ん?




あ〜〜〜…そういうことですかw


【勇気を出した】嫁のメシがまずい 29皿目【前歯が折れた】
【あれ鈴虫が】嫁のメシがまずい 30皿目【煮えている】
【栄養一番!】嫁のメシがまずい 31皿目【命は二番】


…みたいな、ね…。



というか、これが予期せぬ強襲!?これ、複線なんですか!?
そんな私の疑問を完全に無視して、ティアラが次に必要な素材を教えてくれます。

次は、メラギナスですね…!ここでついに、メラギナスの素材が必要というわけですか。


ハルさん・tomoさん・奏さんが同行してくださり…潮島に向かいます!

いたいた…メラギナス…!
写真の動きって、周りの音を聞き取っているのだと思うのですが、私にはどうしても電波を受信しているような気がしてなりません…。
まあ…いいやそこら辺の考察は股今度に!



メラギナスとの闘いで一つ楽しみなことがあります。
それは、「音楽」。
MHFの、多くの場面における音楽はとても素晴らしい物ですが、
このメラギナス(烈種)のは特に秀逸です。
完全に自分をターゲットにされた時に、曲が変わるのがまた良い感じ!
ターゲット解除された時の静けさと、「ほっ」とした感じが良い。


今回、そんなことも味わいながら…

あっ…………。




あ、あれ!?



1分チョットで倒してしまいました。烈種なのに…。


多分メラギナスは4〜5回くらいしか攻撃行動してないんじゃないかい…?
他の皆さんの凄まじき攻撃力に敬服です…!!


「祈樹の泉」に戻ってみると、エドワードが待っていました。

ふむ…!?レジェンドラスタにすら、集められない素材がある…!?
な、なんです、それは…?







別にエドワードは、「アナタの心です!」的な、こう精神的な上手いことを言いたかったわけではなく、
本当に、我々ハンターが秘伝防具やHC武器などの生産・強化に使っている「武器魂」のことを言いたかったようです。



このエドワードの決めぜりふで、第3話「予期せぬ強襲」が終わりました…。
って、あれ?本当に、「強襲」ってユウェルのお料理だったの!?





続いて第4話「受け継がれしもの」。



しかし…困った事になりました。

まさか、武器魂・穿龍棍の天が必要になろうとは。
そりゃあ、レジェンドラスタもお手上げのはずです。だって、穿龍棍の秘伝書を手に入れて、スキルランクを100以上にしていないと無理なんですもの。
私も…穿龍棍のスキルランクはまだ全然上がっていません…。こりゃあ、ここでストップか…?


そう思っていると、トッツィが気になることを言います。
「歌姫様が、以前から穿龍棍のことを詳しく知っていたようだ。トキシを知っていたとはいえ、武器のことをあんなにも知っているとは…」
すると、泉の方から声が。


「おっほーーー!歌姫様のおみ足じゃないっすかぁ〜〜!」(CV:阿部敦




どうやら、何か歌姫様は情報を持っているようです。
しかし、その情報を伝えるには、レジェンドラスタ・ハンマー使いのギネルが必要とのこと。

ピカードさん、大変恐縮ですが…ギネルさんをここに…その時には全てを…」



あっギルドマスターに呼ばれてるんだったテヘペロ後は宜しく〜ww」みたいなことを言う、
どっかの年齢さば読み女とは違い、とても丁寧な…返ってこちらが恐縮してしまうような頼み方…;
急いで、大衆酒場に向かいます!


暖炉の火にあたっているギネルに話し掛けます。
歌姫が呼んでいることを伝えると…急にギネルの様子が変化しました。

「この日」?とは一体なんでしょう?
何かギネルは知っているのでしょうか…。「先に行っててくれ」と言われ、首をかしげながら、私は「祈樹の泉」へと引き返します。


「祈樹の泉」につき、御付きの猫たちと話していると、ギネルがやってきました。
歌姫が「ギネル様…来てくださったのですね…」と声をかけます。

「あの日の約束」…?一体なんでしょう…?




え、え〜〜?トキシと会ったことあるの!?!
今まで、レジェンドラスタ達が、トキシと会った…なんて描写ありましたっけ…?私が忘れているだけなのか、ココまでその3人が単に言ってなかっただけなのか…。
いずれにせよ、ビックリです;




なんと!武器魂の「穿龍棍・天」を、ギネルが持ってきてくれました!
…どうやら、トキシは最後に向かうクエストの前に、自分の最期を予測していたようですね…。
自分の後継者のため、武器作成に必要な武器魂を、託していったようです…。



トッツィが思わずギネルの話に割り込んで尋ねます。「では、メラギナスをたったひとりで倒して穿龍棍の使い手というのは…!」


ギネルが「ああ、そのハンターこそが、トキシの後継者ってわけだ」と答えます。




おおお…。今までの話に出てきた謎が繋がってきました…!
…穿龍棍使い?凄腕なハンターで、穿龍棍使い…。




私が何か思い出しかけた時に、歌姫が私に対してお願いを言ってきました。


勿論ですよ!
トキシの遺志を尊重するならば、当然その後継者の方にお渡ししたいです!



そして、歌姫が物語の最期に、驚愕の事実を述べます。

い、妹…!?



歌姫に妹がいたのですね…。




ふ、ふむ…。




穿龍棍を使う凄まじいハンター…。
そして、妹ということは女性…。




穿龍棍を使うレジェンドラスタ級の女性ハンター…。
ふむ…。




穿龍棍の女性ハンター…一体誰なんだ…。






一体ナニラさんなんだ…。さっぱりわからない…!!!



こうして、歌姫ストーリー第9章は、終わりを告げるのでした。