ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

歌姫ストーリー第10章 中編


さて、前回突然ギルドに依頼され、モノブロス → 剛種ナナ・テスカトルの順番に倒してきました。
それは、トキシが行方不明になる動きをなぞらえる物でした。
果たして、そんなギルドの思惑は…?


第3話「最後の条件」。



やはりここは、ギルドの真意を知りたいところ。
直接、ギルドマスターに訊いてみましょうか。




ふむ…つまり、ギルドとしては、
「歌姫のためにも、メゼポルタ広場のためにも、
 また歌姫の妹に気づいて貰うためにも、
 『トキシの伝説をこれるハンター』を探している」


「アノルパティスを倒せるならば、それはもうトキシを超えるハンターじゃないか。
 おいケルビ、お前ならいけるっしょ?」


…ということなのですね。



ミニスカの裾を一生懸命引っ張りながら、背後から刺さる視線に耐えつつ「祈樹の泉」に戻ります。





トッツィが「ん、ちょっと待つニャ」と言います。
「(ギルド依頼の)最後のお題は、たしかアノルパティスの狩猟だったニャ?」


そういえば、以前私は歌姫ストーリーの中で、アノルパティスを倒しています。
あれ、前倒してるジャン?
ッテ事は私トキシ以上じゃん!?
最強ジャン!?

既に伝説超えてるじゃん!!
究極生物ジャン!札束の風呂に入りながら美女を…
ドゴォォアァァン









絹旗最愛「………超落ち着きましたか…?」


はい…いつもすんませェン…。





む、ギネルのおっさん…?
どうもここから先は、ギネルが補足説明してくれるようです。
チョット中腰で、お腹の辺りを隠しながら、私はギネルの説明を聞きます。






あ、なぁ〜〜〜るほどね^^
穿龍棍を使って、アノルパティスを倒さなくては、伝説の再来とは言えないわけですか!
はぁはぁ、なるほど〜!確かに、トキシと同じというなら、穿龍棍じゃなきゃ…。




え…。




ええええええええええええええええ!?





ええええええええええええええええええええええ!?




と言うところで、唐突に第3話が終了しました;
不慣れな…というか、殆どよくわかっていない穿龍棍で、しかもアノルパティスかぁ…。


これは緊張です…。次回に続く。