ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

迷走する挨拶



「艦これ」こと、「艦隊これくしょん」ですが、少しずつ艦むす達が充実してきました。
まだ手に入ったばかりの娘が多く、レベルは低いですが…初雪も改造したし(意味深な表現です)、
今「南西諸島海域」の「沖ノ島海域」(所謂2-4)まで辿り着きました。
結構楽しくなってきました^^


初雪のような駆逐艦は、体力が少なく不安ではありますが、

一生懸命他の艦むすを合成して(多分、クエストクリアに必要な艦むすも大量に合成しちゃってます;)、
なんとか頑張って貰っています。
雷撃戦などで、相手の駆逐艦軽巡艦に軽く200〜300のダメージを与える様は気持ちがいいです^^


多分、まだまだ序盤で、低レベルの所をウロウロしていると思いますが、
「やーだぁ〜…炬燵でゲームしてるぅ〜」と言ってじたばたしてる初雪を引きずりながら、
少しずつ出撃しようと思います^^



では今回も、溜まりに溜まった挨拶文を紹介しましょう。




なんで、こんな挨拶をしたのでしょうね…。

確か、この時ログインしたらすぐにワールドチャットで猟団募集のメッセージが流れていたんですよ。
それに触発をされたと思います。そして、「うわぁサラッととんでもない条件で募修しているな」というのを出したかったのですが、
まあ、上手く行かず、この有様です^^;


まさしく迷走。
おかっしいなあ、こういう挨拶、始めた当初は
こういう事を可愛い女の子に言われたらもうメロメロンだよねえ
みたいな台詞だったのに…。


いつからこんなことに…。




続いては、外国人とのコミュニケーションについて、こんな事に気をつけなきゃね!という例です。

これから小学校における外国語教育が注目される中、絶対こういうことおきますって!!!
外国語が教科になる流れが見られる今、ぜひ教科書にもこういう会話を載せるべきでしょう!
…でも、本当に教科にするん…?
道徳も教科になる流れよ…?
全国の小学生が
あぁぁぁあん//も、もうこんなに入らないぃ//パンクしちゃうよぉおお//
ってならないことを祈るのみです。






さてそんなアカデミックな警鐘を鳴らす挨拶の次は、これからの人類の話といういや〜これまたアカデミックでんなあ!


すみません、あの、自分で自分を突っ込むって良くないと分かってはいるんですが、
過去の自分の発言をみて、本当にジョニィくんみたいな気持ちになりましたよ。????なんだこれ????






さて気分を変えて、今度はちゃんと女の子の台詞ですよ〜!
女の子が、「エクザリオン」という大型ロボットに乗り込み、
異次元怪獣と闘うシーンです!

マモルくん蒸発させるってどんだけトリアタマなんでしょうねこの女。







ラスト!!!
以前お伝えしましたように、私最近「夜ノヤッターマン」が大好きです。
それで懐かしくなって、「ヤッターマン」の方も少し見てみたんですDVDを借りて…。
ドロンジョ様いいですねぇ…ドロンジョ様だけでなく、ボヤッキーやトンズラーも素晴らしいですねぇ…。
あの3人の声を聞くと、何だか凄く落ち着きます…明日もがんばろう!って思います…!



と、言うわけで、ドロンジョ様の声で脳内再生して下さい。
今回、私はドロンジョ様の台詞を言いました。
「きっと…団員のみなさんならキット、『アラホラサッサ〜!』って言ってくれる!」…と信じて。



しかし…。





Naoさんによる、「熱血高校ドッジボール部」の「おぶおぶシュート」なみの変化球にどうしても答えられませんでしたw
くっそぉ…!



でも、どうもこの時まだ私が見ていなかった、「夜ノヤッターマン」第5話の話だったようで…後で観てみて「なぁーるほど^^」でしたw
小林ゆうさんが「もしかして、僕のを見たいんですかっ!?」といいながら立ちションしたり、
「あぁぁっ!挟んじゃったぁぁ//」と言って悶えているのは凄いですな…。


ちなみに、小林ゆうさんは、かなりのハスキーボイスにもかかわらず、小さな女の子役とかされていて…その時はもう「ああもう…頑張って…!」と言うくらい
頑張っていました。




と、まあ、迷走し続ける挨拶臭でした。
そろそろ原点に戻るべき、か…?