ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

黒龍ミラボレアスをLv300に その1


ゴールデンウィークの頃、

艦隊これくしょん」こと「艦これ」において、イベントが実施されていました。



実は、私が「艦隊これくしょん」を始めた丁度その時も、イベントは行われていました。
ですので、私は「艦これ」のイベントはこれで2回目なのですが…。
前回の時は、本当に始めたばかりで右も左もわからず、しかも写真の眼鏡っ子

「イベント以外の、通常任務も大事だから!お前始めたバッカだろ!?やめとけって!」
と電波を通じて罵られたので身を引いていたのです。



あとなんか、周りの提督さんが一生懸命菱餅を探していたような気もしますが、
知りません^^全然記憶にありません確かその頃遠征のデイリー任務をこなすので必死でしたw
だからイベント2回目なんですって!


従って、今回が実質初めてのイベントとなります。
普段の依頼をクリアするために第六艦隊を出撃させるのではなく、
イベントの海域へ向かうのはなんだか新鮮だし、楽しいです^^


ジックリやっていこうと思います^^


さて、そんなゴールデンウィークの頃…。
MHFでは極限征伐戦が行われていました。
実はもうココ半年近く、極限征伐戦に挑んでいません…。
時間がないのと、「黄武玉」にどうしても魅力を感じないこと、そして何より、
「レベルがあっていないと、他のハンターさんと一緒に挑みにくい」「1回力尽きるとレベル上昇ががくっと下がる」「同じ相手を何度も何度も相手にしないと行けない」
…ということから、どうにも疎遠になりがちで…。
鼻毛を抜きながら「ん〜〜〜〜〜〜…今回はパス!」とか抜かしていたわけです…。



しかし、この時はゴールデンウィークで若干時間が取れたのと、レベル300まで上げることができれば、さらにお得なアイテムが貰えると言うことで、
ちょっと頑張ってみました^^





そんなこんなで、色々な方々に手伝って頂き(皆さんどうもありがとうございますm__m)、何とかLv300までもう一息という所までやってきました。
今回は、rapperさん、しっぽ500さん、天さんと一緒に、一気に300まで駆け上がります!




いざ、シュレイド城へ!!




さあ戦闘開始!


開始直後の、黒ミラボレアス先輩による尻尾ふりを躱してから、ガッツンガッツン乱舞旋風で斬っていきます。
ミラボレアス先輩は、結構乱舞旋風まで当てられるのですが、良く動きを見ていないと大ダメージをコンボで喰らってしまうことがあるのであまり気を抜けません。



とはいえ、暫くは結構大胆に攻撃を当てても大丈夫…なはず。

しっぽさんによるガンランス砲撃で燃え上がっているところに、斬り込みます!
攻撃を当てられるときはドンドン当てます!!



…と、黒ミラボレアス先輩が、体を大きく起こし何かを溜め始めました。





「やだっ//胸元見てたでしょ//」って感じで、こう身を引くミラ先輩ですが、
別にエッチな雰囲気って訳ではなく、ミラ先輩がエネルギー球を胸部分に膨らませていきます。


この状態になると、攻撃を当てたときのエフェクトが大きく変わり、いかにも「ダメージが何も通っていない」感じになります。
正直、この時に攻撃を当てると何がまずいのかわかってないのですが、基本的にはこの時は様子をうかがいます。
ラスタを連れていると、この時彼らは一斉に攻撃を止めるのです。
「ハンターに不利益なことがある」と判断して、攻撃を止めている可能性が非常に高いため、念のため自分も攻撃をやめ、
この後の衝撃波を回避できるよう様子をうかがいます…!





この後、黒ミラ先輩はオッパイを地面に付けると同時に、エネルギー球体を破裂させ、辺りに衝撃波を放ちます。
黒ミラ先輩が地面に倒れ込むのに対して、一瞬遅いタイミングで…。

回避攻撃!!よし、避けられました…!



そして再び、

ハンター達による集中攻撃が再開です!


さぁ〜〜〜ああ、このまま一気に倒しちゃいたいわ!
と、いうところで、5分アニメ感覚スナックモグモグ感覚な本ブログ、今日はここまで。
また次回に続きます!