ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

しっぽさんのお手伝い…リオレウス希少種HCG その2





久々に朝チュンしたいわぁ…。




そんでもって朝おっきの勢いでもう一回…って展開をしたいわぁ…。






畜生、マジで畜生…。もう、終わりを目指してただただひたすらに進むしかないのでしょうか。




いいか^^私には佐天さんと初雪がいるし♪




さて、前回、レナさんとしっぽさんと私で、リオレウス希少種HCGに挑み、
閃光玉により怯ませ、攻撃しました。


連続で閃光玉を決め、「よしこのまま、閃光玉をずっと連続で決めて、一気に倒したい!」と思ったところで、「次回につづく」となったのでした。




2回目、3回目…と、我ながらベストタイミングで閃光玉の光を浴びさせることに成功!
よ、よし!ひょっとしたら…このまま、本当に拘束したまま、リオレウス希少種が動くことなく倒せちゃうかも!?




そこへ、レナさんの攻撃により、リオレウス希少種が痺れます!
グッジョブレナさん!


がっつがっつと、さらにレナさんが殴りつけ、
しっぽさんが突きまくります!


私もリオレウス希少種を斬りつけ、次の閃光玉を取り出します!



いける…!これは、行けるゾ!!!
リオレウスの麻痺が解けると同時に、すぐにまた怯ませて…その間もお二人に攻撃して貰って…!!


よし今だ!と閃光玉を投げます…!


しかし…!
閃光玉を投げるフォームを取ったとき、リオレウスはバックファイアの体勢へ。

「しまった」と思ったときにはもう遅い。
リオレウスは、かなり遠くへ飛んで行ってしまいました…;




閃光玉の光は、届いたのかしら…?



様子をうかがうと…。

畜生!「えっ今何かしたの?」みたいなきょとんとした表情をしてやがるリオレウス希少種憎らしい!



もう閃光玉はありません。
んも〜〜〜〜こうなったらどストレートに戦うしかアリマセン!




相手の攻撃を回避しながら、こちらからの攻撃を当てます。
数年前…剛種適性試験リオレウスにソロで挑んだのを思い出します…!ああ、あのころのゾクゾクが蘇る!!




そして…。


やった…!倒しました!!お疲れ様でした!




さてさて…しっぽさんの求める、「銀火竜の紅玉」はでたかしら…。




…そうですか…。




…。……。……………。




余計な事を言っている私…。


逆に、私が手伝って貰っているときにも同じような事が起きます。
つまり、私が欲しい素材を、手伝ってくださっている方がドンドン手に入れちゃうパターン。


…これ、なんなんでしょうね…。何となく気持ちの問題で、そういうパターンが目立っているだけ?
即ちマーフィーの法則






佐天さん「その通りだよピカードくん!
     すぐに欲しい人が手に入る時って、あっさりと感じちゃって、
     余り印象に残らないだけだって!!


     あ、そうそう。私これ拾ったよ。はい、あげるね!」



なんかごめんなさいしっぽさん…。




しかも、これが2回もあったという…。









さて、私、ずっと「何か…レナさんが静かだなぁ…」と思っていたんですよ。
実はレナさんとも久しぶりの狩猟。
ひょっとして…暫く会わない間に、何かあったのかな…と思っていました。




…そうしたら、突然クエスト終了時に、





あ〜〜〜っいつも通りだぁよかったぁ♪



…多分、前回の記事でも会話写真を載せていましたが、
レナさんがしっぽさんと私のパーティに参加する際に、
しっぽさんが「チンポ祭をしてます^^」というようなことを仰っていたので、
レナさんはずっとずっっとチンポボロロン!を待っていたのでしょうね^^



う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜んと、



川崎市で毎年開催されている、「かなまら祭」とか行ったらいいんじゃないかな^^





…そして連戦を続けていると…。



おおおっ!おめでとうございます!!!



よかった〜!^^
まだ、「銀火竜の紅玉」は必要のようですが…でも、確実に防具作成は進んでいるわけで…!
お手伝いした界があるってモンです!よかった^^
それと、流石にうんこを食べる奇祭は無かったと思いますごめんなさいレナさん^^;




この夜、しっぽさんから、秘伝珠を除く防具構成がほぼ完成したとの知らせを受けました。
その外見も送ってくれたのですが…。これが格好良いのなんの。
ザムザアームはどこへ?!という感じで…。見た目と、スキルの両立って凄いデスよね…しかも早い…!