ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

モノブロス亜種G級に挑もう その1


しっぽさんに、モノブロス亜種の双剣を見せて貰いまして。
格好良いんだ、これが。



そういえば、最近とんと双剣を作っていません。
時間がかかっても良いから、いい加減何か作らないと…。また時代に取り残されてしまいそう。
それに、ただ定期のイベントをこなしているだけでは面白くないので、
今回、

丁度デイリークエストも着ていたので、
モノブロス亜種G級に挑むことにしました。
コツコツと素材を集めて、新しいG武器も作れたらいいなあと思います^^



☆1かぁ…。ソロ専用とは言え、一人でG級のクエストに挑むのはちょっと怖いですが…。

まあ、なんとかなるでしょう^^☆1だし!楽勝楽勝^^
デイリーだし!



…と、思っていたのですが…。数分後、そんな希望は見事に打ち壊されるのでした…;






☆1だし!と、それはまあ強気で攻めて行くわけです。
どれくらいかというと、
「念のため言っておくが、作者は今回の話を書く為に調べたのであって、別にこういう趣味を持っているわけではない!」
と良いながら、リカちゃん人形について非常に詳しくまくし立てる両さんくらいの自信をもって、です。




ところで上の方で、ドラマ版こち亀の画像を載せていますが、
ドラマ版こち亀の方では、リカちゃん人形とかG.I.ジョーとかそういうマニアックな話はあったんでしょうかね。
まさかひたすら「下町で明るいお巡りさん」とかの話しじゃなかったでしょうな?!
いやいいんですよ、勝鬨橋ひらけ!とか!!!お化け煙突とか!いいんですよ?
でもねえ!




山止たつひこ」名義の単行本を持っている古参のモノとしましては、ここらへんも含めてがこち亀なのですが…。
ドラマでやったのかな…。やったとしたら…ひくわ〜^^;




…でもまあ…もう随分前ですが、作者の秋本治先生が、ある単行本の「作者の言葉」で、
「昔のままでずっと続けていても、おもしろみが無くなる。
 でも、新しいものを取り入れると、前からのファンが『つまらなくなった』という。
 むずかしいなあ」
…というようなことを言っていたんですよね。
超長期連載しているこち亀だからこそ、「昔が良かった」とか色々言われるわけですが、
作者先生も相当悩みながらやっているのだろうなあ…今は分からないけれど…。



でもまあ、話し戻すと…。
ひくわ〜とかいって置きながらなんですが、
香取君が、両さんをやるに当たって、アヘ顔を出しまくって
「ほら!!ほら!!!原作の両さん意識してるでしょ!?スマップがここまでやるんですよ!?!?」
みたいなアピールを感じてしまう私は変なのでしょうかね。



…と、そんな事を考えていたのかいなかったのか知りませんが、
モノブロス亜種Gが、こちらを向いて地中に潜ったのを、視界の端に捉えました。
あ…なんかこっち突っ込んで来るのかな…と思うやいなや、
想像以上のスピードで…。

ふあぁぁううっっ//



なんだ!?なんだ…早いぞ?!地中での進むスピードが異様に速いです。



そして、私はそのまま空高く飛ばされました。

あっっ…まって…こうやって空高く飛ばされるって…。
デュラガウアしかり、ギアオルグしかり…もう一撃来るんじゃ…。




私が空を舞っている間、モノブロスはさらに地中を進み、私が落下する地点まで移動していました。
私が落ちてくる所に合わせて、さらにモノブロスの角が…角が…角が…!!!

ぐあああああああああああああああ







なんてこった…。





この後、急いでベースキャンプからまたモノブロス亜種の元へ戻るのですが、

このフィールド「白湖」にうろついている蠍に刺され、毒状態になりました。
この毒状態が、意外にも厄介…。





モノブロス亜種に強烈な一撃を食らったとき…。
普段でしたら、スキルの効果でどんなにダメージを受けても、体力は1は必ず残ります。
しかし毒状態だと、その後立ち上がった瞬間に毒が進行して…。





うそ…2回力尽きちゃったよ…。




イクラ初めて闘うとはいえチャーーーーン!
これはマズイ。このままクエスト失敗というのだけは避けたい!
気合いを入れ直して、再びベースキャンプから出発です!



次回につづく!