ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

新防具構成で、ルコディオラと闘ってみよう

先日、新双剣防具構成が完成しました。
双剣防具構成で発動されるスキルは…。
剛撃+5,見切り+4,激励+2,絶対防御態勢,豪放+3,ブチギレ,弱点特効,剣神+2,属性特効,一閃+1,巧流,紅焔の威光+1
…になります。
その中で、「絶対防御態勢」や「巧流」などは、今まで私は殆ど経験のないスキルです。
「紅焔の威光+1」なども初めてではありますが、今まで使ったことがあるスキルがいくつか同時に出ているだけなので、
まだ大丈夫。でも、「絶対防御態勢」と「巧流」は本当に初めて。もっと言えば、逆に「早食い」がないのは久しぶり。


G級の強敵相手にいきなり挑むのもいいですが、
ちょっと剛種などから少しずつならしてみたい気もします。




そんなある日、じゅりさんが入団してくださいました。
じゅりさんが入団した後、ミエケンさん、後ろ斜めさんも交えて、一緒に剛種ルコディオラに向かうことに。
うむ、これは丁度良い!新双剣防具の、未体験スキルを味わってみましょう!



…というわけで、今回は、拠点において、剛種ルコディオラと戦闘です!

まぁほら新双剣防具ですし?こんな感じで瞬殺ですけどね?!



※思ったよりサックリはいきませんでした






取り敢えずは以前と同じように、ルコディオラの攻撃を避けながら斬り込んでいきます。
因みに、見えづらいですが…私の足下から立ち上っている青いオーラが、スキル「絶対防御態勢」なのだそうです。
このオーラが出ている間は、モンスターの攻撃を無効化しているということです。
但し、「絶対防御態勢」が1度解除されると、最低15秒前後は、通常よりも沢山ダメージを喰らってしまいます。
その後、再び「絶対防御態勢」のオーラが出るのですが…。



振られた尻尾の先だとか、小さな攻撃で防御態勢が解除されないよう、注意しながら立ち回ります。




ルコディオラが倒れ込んだので、すかさず翼に乱舞!
今回の防具構成は、双剣のコンセプトに沿って、防御を捨てて攻撃重視した内容。
それを出来るだけ活かせるように、真・鬼人化で刃打ちを重ねる・攻撃チャンス時にはザクザク攻撃・むやみに攻撃を喰らわないことを気をつけて行きます。


ルコディオラに大きな隙ができるまで、回避攻撃と刃打ちをしていくのですが…。

刃打ちや砥石使用をしていないのに、剣先が光り、斬れ味が回復しました。
スキル「巧流」が発動したのでした。タイミング良く回避したため、斬れ味が回復。
斬れ味が回復ということは、武器の攻撃力が保たれるわけで…これは便利だわ…。





攻撃を喰らわぬまま、真・鬼人化状態が続いています。
真・鬼人化をしている間体力の赤ゲージが増えていきます。ちょっとでもダメージを喰らえば、赤ゲージが全て消えます。
「あ、赤ゲージが増えてきたから、ちょっと武器をしまって回復〜」…というのは、出来るだけ避けたい。
今はスキル「薬仙人」がないので、「薬草1個を食べて赤ゲージ全部回復」も無理ですし、
少しでも攻撃したいからです。


そのことを考えれば、真・鬼人化がつづいていて、攻撃もしていて良い感じ!!!
…と思ったら…。

悔しぃいいい!!!



剛種で喰らっていられないのです!!
G級ではもっともっと激しい攻撃があるのだから…!






悔しくてもっと集中して攻撃を仕掛けます!
ルコディオラも負けじとばかりに暴れ回りますが、何度も闘った相手なので、ある程度しっかり避けられます!
なんか口をパカァッ!って開けてきて、その口の中に特車2課の隊長さんがいた気がしますが気にしません!






するとパーティで尻尾切断!イイゾーーイイゾーーー!





そして、そのまま…。

討伐に成功…!





何と言いますか、新調した防具の勢いで、楽しく狩れました^^これ1番大事かと…。



でも、1つ不便というか…心配なことが、
「真・鬼人化で、体力の大半が赤ゲージになった時、薬草などで一気に回復」
ということができないことです。
今まではスキル「薬仙人」があったため、そういうことができました。
しかし今回の防具構成では、ありません。
今まで、強敵相手で、力尽きるのが心配なときは「赤色ばっかになった体力ゲージを薬草で回復する」ということも
時にはしていたので、なんだか心配です。



…でも、そんな弱気な戦い方は、もう止めるべきなのかもしれませんね…。
「一切攻撃受けないし!」という感じで、もっとガツガツどん欲に攻撃しなくては、できなくてはいけないのかな、と思いました。