ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

極ジンオウガの様子を見に行った

[G級クエスト]極ジンオウガの様子を見に行った


今日のテーマソングはこれです。これがぴったりの感じです。


先日、Emeraldさんに、新しい大剣防具構成を教えてもらいました。


**********************************************************************
カフ:                   ○ ○
武:                   ○ ○ ○
頭:ナルガGXヘルム     Lv7 407 ネコ【慰労】珠GX ネコ【慰労】珠GX ネコ【慰労】珠GX
胴:チールGXジャケット   Lv7 414 ネコ【慰労】珠GX ネコ【慰労】珠GX 弩岩剣珠GX3
腕:ハルドGXアーム     Lv7 403 帝征剣珠GX5 帝征剣珠GX5 帝征剣珠GX5
腰:ディオスZPコイル    Lv1 398 リアルオ剣珠GX1 リアルオ剣珠GX1 リアルオ剣珠GX1
脚:ゴアGXグリーヴ     Lv7 421 リアルオ剣珠GX4 リアルオ剣珠GX4 アカムト剣珠GX1


防御力:2044 火耐性:-23 水耐性:25 雷耐性:-21 氷耐性:20 龍耐性:-3


発動スキル
スキル枠拡張+1,回避性能+2,集中+2,剛撃+5,一閃+3,いたわり+3,豪放+3,見切り+3,剣神+2,逆鱗,紅焔の威光+2,溜め威力UP+1,早食い,閃転,消費特効,


ほいさ!面倒なのはチールぐらいだと思います!雷耐性だけはどうにもならないのでちんk…じゃなくてフルフルには近づかないで下さい!
************************************************************************




Emeraldさんが、上のコメント文においておっしゃっている「面倒なのはチールぐらいだと思います!」というもの。
私はてっきり、「あ〜、あまり倒していないモンスターの素材とか…祭りの報酬とか…そういうのかな?」と思っていました。




ところがそれが甘かったことを、思い知らされるのです。



チールシリーズを生産するには、「ギルドスター」という素材が必要です。
そしてこの素材は、「極ジンオウガ」といわれる強力なジンオウガを相手にしないといけないようです。


「極ジンオウガ」のクエストは、討伐と撃退の2種類が用意されています。
討伐の方は、クリアすれば確定で15個もらえます。
撃退ならば、15パーセントの確立で1個もらえるそうです。


「極ジンオウガ」に挑んだことのない私は、

「そりゃあ、討伐1回で済ませるがいいでしょう?
 強そうだけれど…これまでもなんとかなったしw
 なんとかなるでしょwwww」
と思っていました。





メゼポルタ広場に降り立ち、しっぽさんに「これから極ジンオウガに挑みます〜^^」と軽〜い感じのメッセージを送ります。



ところが、しっぽさんが、どうもかなり深刻な雰囲気をかもし出しているのですよ。
「がんばってください!!」のあと、「超つよいんですよね…」とつぶやくのです。
「撃退のほうがいい」と進めてきます。あのランス猛者のしっぽさんがですよ。
しっぽさんはこういう時、変に脅かそうとする方ではありません。


ここら辺から、さすがの私も「…え?そ、そんなに強いの…」と思い始めました。

天下一武道会の1回戦目にセルってどういう…。いや、だってほら、1回戦目って、そんな対したことないじゃないいつも…。
ほら、チャパ王とかさ…。





メゼポルタ広場に降り立ち、その場にいた〜てつろう〜さんやイオさんに、ちょっとそのことを伝えると、


…なんだか、いっそう不安になってきたのですが…;




ちょ、ちょっと、様子を見に行ってみよう…。





えっと・・・?



何が起きましたかねぇ…?



これが、うわさに聞く、開幕直後の電光石火ですか…。


ま…まあまて、まて…。






勇気を振り絞って、戦闘エリアに復帰し、ジンオウガの動きを少しでも覚えようとします。










なんだこれは…。



本気で殺りにきてますよこのジンオウガ…。




くっww

確かに、よけるしかないけれども…!




何度も何度も挑戦します。
開幕直後の電光石火は、よけられますが、その後もかなりきついです。
本当に容赦ないです。



どうなっているのこれ!?

今までいろいろな相手と戦ってきました。
中には、当初「これは無理だよ」という相手も、何とか倒してきました。
でもこれは別格です。
何もできずに終わります。


私が下手なだけなのかもしれませんが…。
これ、これは…。



これは、とんでもない道を選んでしまったのかもしれない…。