ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

極ジンオウガにリベンジがつづく その1


本日のSONG。

誰もが遠い旅人なんですよ、この街では!



サムライトルーパーで、敵の女性剣士が、戦闘服から綺麗な着物に変身するシーンを凄く覚えていて…。
一瞬全裸になるのです。お尻が見えるのです。
それが凄く凄く印象に残っていまして。



平日の夕方、再放送されるときに、いつそのシーンがある話になるか楽しみで楽しみで。
「あ…多分、今日の放送で、あのシーンがあるぞ。お尻見えるぞ」と気づいたのです。
しかしその日、町内児童会のサッカー練習の日で。砂浜でサッカーを始めた後に思いだしたのですよ。



どうしたかって?



そりゃあ、決まってるでしょう。

ぐあああああああ!!…お…お腹が痛い…!!!



速攻で帰りましたよ。お腹痛いモン。痛いんだもん。



家に帰り、リビングのテレビを付け、ゾクゾクワクワク股間がモソモソしながら座りました。



ところがその後、本当に腹痛が。


あぅ…これはブリブリウンコの痛みだ!



トイレに飛び込みました。ブリュリュリュリュリュリュ!だってお腹痛かったからね!ずっとね!



トイレの中から、リビングにて付いているテレビの音声が聞こえました。
例の女性剣士の声と、変身っぽい音がしました。

え…嘘だろ?まさか?もうお尻?出ちゃった?!


しかしこっちも茶色いビチビチしたものが出ている途中ですから!
まき散らしながらリビングに行くわけにもいかない!!


大急ぎで踏ん張り、ケツを拭き、流す!!!
…恐らく私はその瞬間、クロックアップしていました。
多分最初にクロックアップした人間は、水島ヒロではありません。私です。






そしてリビングに戻ってみると…既に着物に着替えていました………。








サムライトルーパーの事を思い出すとき、必ずその思い出も蘇ります^^




おしまい^^










「テメェのエロ仮病スカトロ話で終わらすンじゃあないっっ!!!」


はい、すみません!




散々、極ジンオウガにボコボコにされた私です。
一緒にクエストへ参加してくださっている、篝火さん・cosmosさん・天さんに申し訳ありません。
ジンオウガの容赦ない攻撃に、

「こんなクエスト用意した人、一体何を考えていたん!?」
と思うほど…。




しかし、極ジンオウガを撃退しないと、新大剣装備は完成しません。
1回、cosmosさんに全部任して倒してもらって、そのままです。それも嫌だ。
今、ネカフェブースト発動中…ここで諦めず、頑張らないと…!


現に、少しずつジンオウガの動きも把握し始めている?から…?
勇気を振り絞り、挑戦を繰り返します。
つき合ってくださる天さん達に感謝しながら…。





エスト開始直後の、電光石火と範囲攻撃にはもう当たらなくなりました。
避ける方法が分かったというのもありますが、打撃武器を持っているcosmosさんが真っ先に戦闘エリアに入り、上手くジンオウガを引きつけてくださるお陰です。





大分こちらの攻撃をヒットさせられるようになってきました。
地面を叩きつける攻撃とか、電撃玉を放つ攻撃とかにはもう殆ど当たりません。



それでも、

とっさの土爪攻撃に反応しきれないときもあります。
しかしそこは、ブースト効果で耐えきることが出来ます。



うん、落ち着いて対処できてきている上に、ブースト効果があるから…大体の攻撃は防げる!
最初の頃に比べて、力つきる頻度はかなり減っています…多分;




しかし、ブーストをしていようが、喰らうと力つきてしまうジンオウガの攻撃も存在します。

この、フィールド電撃攻撃…。



本当は、電撃フィールドから抜け出してしまえば確実にノーダメージなのです。
でも、接近しているときなどは絶対に間に合いません。
フィールドの範囲をしっかり把握し切れていなかったり、慌ててしまったりで、
電撃フィールド発生の予兆…蛍の様な緑の光が舞い、周囲に緑の線が浮かぶ…が出てから、
うっかり納刀し始めてしまうと、ちょっと間に合いません。
回避も間に合わないし、フィールド範囲外にも行けないし…あああああああああああ!







あーあーあーあーあーあーーー;

















ごめんなさい…。



多分、ころりん♪と抜刀したままで、タイミング良く回避行動をとれば避けられるはずです。
現に、cosmosさんはそうやって回避しつつ、直後に反撃していますもの。
しかし、それが毎回出来ない。


もうほんと…ほんと…悔しい・情けない・申し訳ない…!
「うっきゃあああお//」って頭をかきむしってしまうくらい。
もうチョットで掴めそうなんですよ!もう一息なんですよ!
ところがそれが出来ない。ごめんなさい…。




何度も、失敗しながら、挑戦…挑戦…。



その2へつづく。