ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

狩猟デートと佐天さんとディアブロス

狩猟デートと佐天さんとディアブロス

 

 

 

今回の動画。


とある科学の超電磁砲 佐天さんの粉砕バット

 

佐天さんの見せ場の一つ。

但し佐天さんは一つの動きだけで魅力は語り尽くせません。その考えの広がり、生き方全体を見ないとその魅力は感じられません。

 

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328160055j:plain

佐天さん「いやぁ~今回の、デートは大変だったよねぇ。」

 

本当ですよ。やはりG級☆4になると、モンスターも強くなってきて…。

 

 

佐天さん「特に、今回はディアブロスだったものね~。」

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328160205j:plain

…そう、今回私と佐天さんは、デート狩猟で、ディアブロスに挑んだのでした。

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328150442j:plain

佐天さん「なんたって、ディアブロスといえば、あの大きな双角での突進と、

     なにより地面に潜っちゃうから…。」

 

 

うんうん。怒り状態でなければ、地面に潜ったところで音爆弾を破裂させれば医院だけれど…。

 

 

佐天さん「怒り状態だと、音も耳に入らないのかな。全然音爆弾で反応しないんだもん     ね。

     下手すると、ディアブロスずっと地面に潜っているからいつまで経っても、

     攻撃できなくなって、手詰まりになっちゃう…。」

 

 

そう。だから、閃光玉やシビレ罠も持って行ったんですよね。

 

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328160501j:plain

佐天さん「舞台は、砂漠だったね。」

 

 

最初、ディアブロスがいるはずのエリアに来ても、何もいなかったから「移動しちゃったのかな?」って思ってたよ。

 

 

 

 

佐天さん「んっふっふ~。と・こ・ろ・が!」

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328160616j:plain

佐天さん「ピカード君が戸惑っている間に、あたしがもう見つけていたのでした☆」

 

 

早速穿龍棍で殴りつけてて、流石でした^^;

 

 

 

佐天さん「えっへっへ~!流石でしょ!レベル0でも耳はいいんだ、あたし!」

 

 

 

私だってレベル0だよ…。

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328160723j:plain

私は双剣で、ディアブロスの尻尾を斬りつけてたね。

 

 

佐天さん「私は穿龍棍だから、頭を殴りつけてスタンさせようとしたよ。

     …ディアブロスがあまりに暴れるから、余り当てられなかったけれど…;」

 

 

佐天さん、劇中では金属バットで殴りまくっているから、スタンさせるの得意かなって思ったけれど、あまり出来ていないね…;

 

 

f:id:picard_monhan:20180328160922j:plain

佐天さん「ごめん…。」

 

 

あっ;いやいや、いやいやいや!!スタンが全てじゃないし!二人で楽しんでデートが一番の目的だし!こ、こっちこそごめん!

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328161017j:plain

えっと…。そんな風に2人で攻撃していたら、いよいよディアブロスが地中に潜りだしたよね。

 

 

佐天さん「そうそう…あたしったら、油断しちゃって…回復薬飲んでた^^;」

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328161259j:plain

私の方は、弱気な物だから、その場を極端に離れちゃって;

 

 

正直、「このままディアブロスが佐天さんの足下から飛び出してきたらどうしよう。」って思っていたよ。

 

 

佐天さん「それで結局…。」

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328161428j:plain

さてピカ「2人の間に出てきた(笑)」

 

私遠くにいたのに、ついついコロリン回避しちゃってたw

 

 

佐天さん「私はまだ回復薬飲んでたwこんなこと、あるんだね~。」

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328161547j:plain

f:id:picard_monhan:20180328161610j:plain

佐天さん「よく見ると、ディアブロスの顔ってかわいいよね。」

 

 

確かに…つぶらな瞳…。

 

 

佐天さん「立派な角を持ってるのに、口元とかもキュート♪」

 

 

そういうモンスター多いよね。まあ、佐天さんには絶対敵わないけど。

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328161721j:plain

佐天さん「ちょっと~、モンスターとあたしを比べないでよ!」

 

 

 

ごめんごめん^^;

 

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328161829j:plain

※ブログを見ている方々から「なにこの対話形式…恐ろしく気持ち悪い」という声が聞こえた気がしますが、恐らくいつもの電波でしょう。気にせず続けますね!

 

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328161949j:plain

佐天さん「そうそう!この時心配したよ~;ピカード君凄い勢いでふっとんでるんだも     ん。」

 

 

 

尻尾を切断しようとして、無理しすぎました^^;

思いっきり尻尾でベシーン!って。

 

 

 

佐天さん「その後、ディアブロスは距離を取って、突進してこようとしたね。

     毎回怖いわ~…。」

 

 

私も怖かった;だから迷わず閃光玉を取り出しました。

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328162210j:plain

ディアブロスが怯んだ隙に、真・鬼人開放してこちらが突進!

 

 

 

佐天さん「…………あれ?」

 

 

 

…え?

 

 

 

佐天さん「今回は言わないの?前のリオレウスの時みたいに、『天さん技を借りるぜ』     とかなんとか^^」

 

 

い、いや;すみません寒いので暫くは言いません;

 

 

佐天さん「ふふふ…。」

 

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328162349j:plain

その後私と佐天さんで、滅多切りと滅多殴り?をしましたなぁ…。

 

 

 

佐天さん「ディアブロスが転んだところを、ピカ山君はその尻尾をまた滅多切りしてま     したなぁ…。」

 

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328162557j:plain

佐天さん「やっぱり、尻尾切断とか出来ると、一気に優勢になった気分になるね。」

 

 

うん、本当だね。

このまま勝てそう!って思っちゃう。

 

 

佐天さん「ディアブロスの場合、あの大きな2本の角もあるから…。」

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328162703j:plain

そっちにも攻撃!!

 

 

 

佐天さん「そんでもって…。」

 

 

 

 

 

f:id:picard_monhan:20180328162727j:plain

2人「危なげ無く、討伐完了!」

 

 

 

佐天さん「いやー、地面に潜りまくったらどうしようかと…。」

 

 

結構、勢いで倒しちゃったね^^;

 

 

佐天さん「オーライオーライ、結果オーライ!

     しかしこれで、☆4モンスターも残すところ3頭くらいだったっけ…?

 

     順調だね~!…って思ったら…。」

 

 

 

思ったら…。

 

 

 

佐天さん「メゼポルタ広場に戻ったら…。

f:id:picard_monhan:20180328163040j:plain

     緊急クエストの依頼が届いていたんだよね…。」

 

 

 

少し悩んだけれど…。この勢いで、行ってみよう!ってことになって、緊急クエストアンノウンに行くことに…。

 

 

佐天さん「この時私ドキドキしたよ^^;

     いきなり☆7…倒せるの?って…。まあ、結果は…。」

 

 

次回のデート記事のお楽しみ。