ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

ヌシの話

小学2年生くらいの頃。

 

 

お金持ちの友だちがいたのだけれど、

その人の家の隣が、最初空き地だった。

誰かの土地だったのか、まだ買い手がつかなかったのか分からないけれど、雑草はえ放題だった。

よくそこに入って遊んでいた。

冬に雪が積もれば、そこで雪だるまを作ったり、雪合戦をしたりした。

そんな風に、気軽に入れる場所だった。別に立ち入り禁止ではないし、お金持ちの親もいけないとか言わなかった。昔は管理地とかいう看板なんて無かった。

 

初夏の頃、お金持ちの友だちと、その他の友だちと一緒に、その空き地で冒険ごっこをしていた。

そうしたら、お金持ちの友だちが叫び声を上げた。草むらの中だった。

ガラスか何かを踏んで、怪我でもしたのかな?と思って居たが、違った。

 

その友だちが足下を指さして、「おいこれスゲェぞ!!」と叫んでいる。

 

 

指の先を見ると、黄緑色で、直径50cmくらいの小岩があった。

いや、小岩ではない。そのサイズのカエルだった。

草むらの中でじっとしていて、冒険ごっこをしていた僕たちはそれまで全く気づかなかったんだ。

その巨大なカエルは、じっとこちらを見たまま動かなかった。

「スゲエよこれ!!!デッケェエ!」

皆で興奮した。

お金持ちの友だちの親に言うと、

「へえ。そんなのいたんだ。」

とあっさりした反応。信じていなかったのかもしれない。

「捕まえたい。」

と話すと、とても大きなナイロン袋(今で言う、コンビニとかで売っている大きい方のゴミ袋くらいのサイズ)をくれた。

でも、誰が持ち帰る?という話になった。真っ先に僕が立候補した。

「皆ほしがるだろうな。ジャンケンかな。ジャンケン僕弱いしな。」

と思いつつ名乗り出たが、友だちは皆「絶対親に飼っちゃダメって言われるし。」と諦めていたので、すんなり僕が持ち帰ることになった。

 

サンタクロースみたいに、巨大なカエルを入れた袋を担いで、頑張って自分のアパートに帰った。カエルは意外にもおとなしく袋に入って動かなかった。

 

 

アパートの自分の部屋の、玄関のドアを開けると、家にいた母親が驚きの声を上げた。

「アンタなにそれ!?」

「◯◯ちゃんの家の隣で捕まえた。」

「馬鹿!!!今すぐ返して来なさい!それは多分ヌシだよ!!!罰が当たる前にすぐ返すよ!お母さんが手伝ってやるから!!!」

 

 

母親が言うには、それだけの大きさにまでなった生き物は、その土地のヌシである事が多い。その場所の守り神かもしれないから、すぐに戻せと言うことだ。

 

 

夕暮れの中、二人で空き地まで袋を持って歩いた。

「あーあー、ピカード。このカエルいっぱいオシッコしてるな。」

と母親が袋を僕がよく見えるように持ち上げた。巨大カエルの、真っ白い腹がよく見えたのを覚えている。確かに袋の中は、黄色というか、黄緑みたいな液体が一杯だった。

 

空き地に着くと、カエルを草むらの中へ戻した。びょん、びょん…とのんびりカエルは草むらの見えない所へと入っていった。

 

すぐカエルは見えなくなった。

 

 

 

翌日も、翌々日も、その空き地に友だちと行った。

「あのカエルいないかな。」

と、探したが、もう二度と見つからなかった。

不思議だった。

だって、そこの空き地の廻りは全部家が建っていて、もろ住宅街だったのだから。

本当にヌシだったのかもしれないな。