ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

韋駄天に挑戦ダブルクッククッキング♪


トシちゃんが、バラエティー番組でMCをやるだと!?



「セクシーMCで盛り上げますよ〜」頼みますよ、一緒の爆笑問題のお二方!!ほんっっと頼みますよ!


何事も隠密にやろうとしても彼ぐらいビッグになっちゃうと、もうきっとMCの枠をはみ出ちゃいますからね!!




小中学生の頃ずっと仲良しだった平原君が、「分かる人には分かる〜」とかいって意味不明な事を言っていましたが、そのとき彼はこういう気持ちだったのでしょうね。



こんにちは、ピカードですか?






今回は、亜樹さんの希望で、猟団メンバーで韋駄天杯に出場してみました。


韋駄天杯とは、クエストをクリアするスピードを競うものです。

個人と猟団対抗(猟団メンバー複数人で行う)ものがあり、今回は、亜樹さん・ルピナスさん・しょこら・私の4人で、猟団対抗の方に出場です。





対象は、イャンクックイャンクック亜種の2頭。武具は支給されます。




ピカード「もうトランザム状態で行きます。(とにかくスピード重視でガツガツいくの意)
     世界の歪みをただしてやるっ!」



刹那になりきっていると、




亜樹さん「背骨の歪みをただしてやる!」


ピカード「ボキボキ」

整体師・刹那=F=セイエイもしくは、刹那=F=セイタイになってしまいました。



とまあ、こんな風に訳のわからんやりとりをしている二人。無言で見守るルピナスさんとしょこらは、何を思っているのでしょうね。







よし!   すぅぅぅぅ―――はぁぁぁあぁ――― ロックオン、俺を導いてくれ――――行くぞ!



うおおお!


支給品ボックスには目もくれず、イャンクックに突撃〜〜〜!―――ってあれ、他の方々はしっかり支給品を取っていってる!?


―――ーあれ、私、先走ってる?もしかして、今、浮いてる?


ま、まあ、浮いてるというか、奇異な目で見られることには慣れています!トランザム








このクエスト、先ほど述べましたように武具は支給されます。武器が、太刀になっています。

太刀格好良いなあ太刀。



ええと、確か使い方は―――


斬り付け(右スティック↑)→斬り付け(右スティック↑)→突き(右スティック押し込み)→切り払い(右スティック↓)で一セットでしたっけ。


それで、左上にでる小さな赤いゲージがたまると、プレステでいうR1ボタン(1ボタン)で強い連続斬りができたはず。こんな感じで、ぁあいいぃっすかねぇぇえぇえぇぇん 記者「ぶほっ」






亜樹さん「原種から行きましょう」


了解!くたばれ原種!原種なんか大っ嫌いだ!とおりゃぁぁぁあ!



あやふやな太刀知識で、原種に向かって斬り付けていきます。





あれ?



ゴシゴシ



ん?


イャンクックが2頭いるような――――





「ぃぃいっっててててええええぇっ;」

な、なんだ亜種か!


亜種はちょっと向こう行っててください!後で相手しますから!わかりました?!







「アイターーーーー」


だから向こうイッテテヨォォォォォ!!



この吹っ飛ばされる時間がもったいない;


すぐに起き上がって原種に向かって斬り付け!!



イャンクック原種「にゃ〜」




あれ――――イャンクックの舌って、なんだか変な模様があるのですね。


なんだか紋章のような――――


わかった。大昔、イャンクックミラボレアスをもしのぐ程の強力な竜だったんですよ。

それに困っていた住民。ある魔導師が、その恐ろしい力を封印しました。舌の紋様は、その名残なのです。


ですから、もし頭を攻撃しているときに謝って舌を斬ってしまったら――――封印が解かれて、イャンクックは世界を破壊し尽くすまで暴走を始めるのです。


このこと、知ってました?今、私のアンテナにビビビッと届いた情報ですから、誰も知らないでしょうね!要チェキ!ナウ!要チェキ!








幸いなことに、舌の封印が解かれることなく、イャンクックの耳がたたまれます。瀕死状態。もう一息!








よし!原種は討伐完了!
待たせたな―――次は亜種、お前だ〜〜!







亜種一匹だけになるとさすがに攻撃を喰らうこともなくなりますこのまま一気に4人で集中攻撃4人の太刀が舞います!なぜ句読点を点けずに文章を書いているかというとそれだけ猛スピードで攻撃しまくっていることを表現しているからですうおおおおくらえええい









4人の集中攻撃にあっというまに耳がパタン!よしこのまま――ーーー







討伐!成敗!大喝采!




ふうぅ―――――トランザムを使った後はさすがにちょっと疲れます。

日頃から使っていればそうでもないのでしょうけれど――ー何せ普段は登坂車線の車を追い越すときくらいですからねぇ―――







そうそう、韋駄天杯って、カフの素ももらえるのでした^^これで何が作れるのかな。追加ボックスにとっとこ〜っと。






さて、クリアタイムは――――


4分3秒。


初めてだとこんなものかしら;



亜樹さん「4分は切れますね。」

そうですね^^また期間内に機会があったら、挑戦してみましょう!