ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

フィオレッタさん初めまして


今回の狩人祭、我が「トイボックス」が属する紅竜組の勝利でした!よかった〜^^


皆さんとても沢山入魂されて、猟団の全入魂数は6000を軽く越えました^^お疲れ様でした〜!


亜樹さん「トイボックスの、無理せずてきとうにがんばろ〜〜っていう感じが好きです」

と言う言葉が、なんか嬉しいやら照れくさいやら。

でもシクレの時はなんかスゴイ勢いですけれどね;合間におポンチな会話ももちろん入りながらですがね!








さてさて。






我が猟団「トイボックス」に、入団したいとのメールをいただきました。
soraさんに続き、新しい仲間が――――!?



メールの差出人は、「フィオレッタ」さん。このブログをいつも読んでくださってるとのこと。



フィオレッタさん「(夜)11時には入れますので―――――――」



うわぁぁぁ、こ、これはおしゃれしてお迎えしなきゃ!!



soraさんとのファーストコンタクトは、「友達の前に跪いているところを見られる」というすばらしいものでしたから(笑)、今度はちゃんとしないとね!




よし、ロビー装備を調えて、11時を待つとしましょう!



ん〜〜〜と――――(がさごそがさごそ)





よし、こうフォーマルな感じでおむかえしたら、フィオレッタさんもきっと、「わあこの団長さん、とっても格好イイのだなあ!」なぁんて――――








――――――いや、違う!






団長のロビー装備、それは団の顔!



この団の雰囲気を、5つの防具品で上手く表さなくてはいけません!




楽しい、そしてかっこいい…そんな装備にしておかないと!



んん〜〜〜〜〜!!!!!!





うーーーん、こんな感じか――――いや。惜しいけど、ちょっと違う気がするな。


もうちょっと、こうガーリーな感じも入れておかないとな…。








がさごそがさごそ ちゅばちゅば ぴちゃぴちゃ ズボッズボッゲボラゲボラ…







よしこれだ!


すっごいなんか変な楽しさ!サンタを見るとみんな楽しくなるなる!



そして太ももをちょっぴり出すことでエロさも演出!



ガーリーな赤い腕!まるで返り血を浴びたような感じ!




神器にも劣らぬ「ファミ通Tシャツ」でザックリ感もでます!



そして茶色の、チョココーヒー味のパピコ吸う!?ねえ吸う!?と言わんばかりに!!








ちょっと…ちょっとコレ、いいんじゃね!?やばいんじゃね!?

ホレてまうでよぉおおおおお!!




準備万端ウヒャーーーーーーー!


テンション上げまくりで準備OK。





そして、夜の11時になる直前、フィオレッタさんからメールが――――――







ごた〜〜いめ〜〜〜ん。


はじめまして、フィオレッタさん!

以前別のオンラインゲームのギルドマスターをされていたというフィオレッタさん。私と一緒ですね…!


ハンターランクは11とのことですが、



MHFのオプンベータに参加し、モンスターハンター1をプレイ済みということが明らかに。





あれ、この光景つい最近も見たような…ww




しかもフィオレッタさんが写真で背負っているのは、昔「アイスの実」を購入するともらえたハンマー。

――――たしか、私としょこらがMHFを始めたころ、キャンペーン終了と同時にその存在を知って「うわ〜〜買い逃した!」というものです。

いいなぁ〜〜〜〜^^




早速その時ログインされたいた猟団員に紹介。


亜樹さんと仕立Шさんは、敬礼をしているように見えますか?違いますよ、わきの下を見せているんですよ?(本当)

そして拍手するフィオレッタさん。




だめだ――――今この場において、まともなのは私とルピナスさんしかいない―――――;






この後、全員でダイスを振って、3人と2人に別れてクエストに行ったのですが、

私の説明不足と、フィオレッタさんが猟団に入ったばかりのせいか、一部の猟団チャットが見えなかったため、混乱が生じてしまうというアクシデントが発生;


フィオレッタさんにとっては何がなにやらだったかもしれません;申し訳ありません><










後で、フィオレッタさんと一緒にヒプノックにいくことに^^







いたいた。相変わらず、よく眠っていますなぁ!







先制攻撃をして、戦闘開始です。


―――――このときようやく気づきました。



ああ、クーラードリンク忘れた――――


ここはひとつフィオレッタさんに「忘れちゃった〜〜クーラー…ちょ・う・ら・い☆」って―――い、いやまさかそんなこといえないっ><




と、いうことで戦闘続行です^^;




フィオレッタさんは遠距離武器専門だそうで―――ちょうど私の近接武器である双剣といい相性!?

それぞれの距離でヒプノックに攻撃していきます。








しかし相変わらずのタフさをもつヒプノック。なかなか倒れてくれません。

そのうちに、移動されてしまいました。







「クーラードリンク」だったらいいけれど――――いやいや、アビィのことだから、また「ピッケル」とか平気で置いていってるに違いない―――


大して期待もせずに拾ってみると―――

<クーラードリンクを手に入れました>




よぉぉぉぉぉぉしよしよしよしよしよしよしよしよしよし!!でかしたぞアビィ!!角砂糖ほしいか?3個か?3個ほしいのかっ!?このいやしんぼめッ!!


いや〜〜助かった;






そして同時期に、驚くことが。



――――え?


フィオレッタさんのホルクが頭上を通り過ぎた時、私とフィオレッタさんの体力が回復。


これは―――フィオレッタさんのホルクが回復してくれたの?

なんて頭がいい―――ふらふら飛び回って、麻痺攻撃くらいしかしてくれない私の「おしり」よりよっぽどおりこうさんです。

ありがたや、ありがたや^^







体力が回復し、暑さの心配もなくなったところでヒプノックを追撃です。






いいタイミングでフィオレッタさんが閃光玉を投げてくださり、さらに攻撃攻撃攻撃ィィイィィイイ!!



ふと見ると、ヒプノックの尾羽が「へなっ」となっています。怒っているときも「へなっ」となったまま。



ほら!――――ってフィオレッタさんもろにこっち見とるwww







尾羽がこうなっているということは、捕獲OKの合図!すかさず「シビレ罠」をヒプノックの足元に設置します!


そして「捕獲用麻酔玉」を―――――



―――――



いや、まてよ。





捕獲しても大丈夫だよな――――まさか「討伐」のクエストじゃないよな―――


ここで捕獲して、クエストに失敗しましたなんてことになったら格好悪いことこの上ないですから;

メインターゲットは、「ヒプノック1頭の狩猟」―――「狩猟」ということは、捕獲も討伐もOKということ。よし!





捕獲完了!!

エストクリアです!




こうして初のフィオレッタさんとのクエストは無事成功に終わりました^^


どっかの誰かさんが「クーラードリンク」を忘れるとか、「捕獲でいいよな!?」とか迷ったりとか、ひっそりとトラブルはあったものの、無事終わってよかったです^^;



フィオレッタさん、これからよろしくお願いします^^