ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

HR500試験〜剛種ナナ・テスカトリ双剣ソロその3



3度目の正直。




剛種ナナ・テスカトリ双剣で、1人で倒して、見事ハンターランク500になってみせます!


―――――とか、ハンターランク400の試験の時も言っていて、失敗したような気がしますが;

ええいっ、戯れ言はやめろっ!という脳内のクワトロ大尉が叱るので、がんばってみようと思います。




「ホルクを連れていこうかなあ」とも思ったのですが、やはりやめました。本当に1人でやってみようと思ったのです。






持って行くアイテムを考え直しました。


「鬼人薬グレート」などは、それほど大きなアップになりませんので持って行くのはやめました。そもそも手数で勝負の双剣なので――――

また、「鬼人笛」はそこそこ攻撃力を上げてはくれますが、効果持続時間も短いため削除。


代わりに入れたのが、「乙女の全て」「乙女の心【体】」「乙女の願い【避】」。


「乙女の願い【避】」は、敵からダメージを受けたときに一定の確率でダメージを1にしてくれるものです。「乙女の心【避】」の上級版。

「乙女の心【体】」は、敵からダメージを受けたときに一定の確率で体力を回復してくれます。上級版の「乙女の願い【体】」は、持っていないのでこちらにしました。

所謂「乙女シリーズ」はもう一つあり、「乙女の心(願い)【気】」です。それはダメージを受けたときに一定の確率でスタミナを回復し、上限を微量に上昇させるものです。今回は不要だろうと思い、持って行くのは控えました。

そして「乙女の全て」とは、3つの「乙女の願い」を1つの形にまとめたものです。


どれも、マイトレ管理人「さくら」さんにせっせとプレゼントを渡して、そのお礼にともらったものだったり、それを調合したものだったりします^^


これらは、一定の確率で壊れてしまうのが残念ですが、巨大で避けきれない時がある剛種ナナ・テスカトリを相手にするときには有効ではと思い、また「今ココで使わなきゃいつ使うのさ!」と考え持ち出しました。





よし、いくぞ――――



ピカード!生臭魚で、いきまーーーーーす!







「今日も来たな!!」と言わんばかりに咆哮する剛種ナナ・テスカトリ。ああ、今日もきたよ!

今日こそお前を倒してやる!






うりゃうらああああ!!

顔は無理せず、当てやすい腹(頭の次に龍属性に弱い)に攻撃をして、まずは様子見。




――――――っと;


少し剛種ナナ・テスカトリの側にいただけで、ココまで体力が削られるとは;

炎のフォースフィールド、恐るべしです―――






ですが、ココで回復アイテムをいちいち使っていたら、おそらく足りなくなるでしょう。何よりこちらが隙だらけになってしまいます。

「活力剤」(自然治癒力が上がり、体力バーの赤い部分回復スピードが大きく上がる)も飲んでいるので、攻撃続行です!







一回踏み込み斬りなどしたら、次に来る突進攻撃をぎりぎりで回避!
よし、よし――――いいぞ、この感じでいけば、キット―――――カット!





剛種ナナ・テスカトリが吠え、周りに粉塵が巻き上がります。「粉塵爆発」の攻撃をするつもりです。


色は?ネエ色はなに!?

――――オレンジか。ということは、中間距離で爆破がされるな。少し距離を取って回避して――――


爆発直後に一気に接近し、頭に斬り込む!
できる限り攻撃チャンスを増やして行きます!





炎フォースフィールドのダメージに合わせ、打ち所が不味いと一気にピンチに;;秘薬秘薬;
秘薬どこっっ!!?


いつも、「画面左下の、ファンクションキーのショートカットに入れておけば良かった」と思うのですが、忘れちゃうんですよね;





回復して落ち着いたところで、また隙を見てできるだけ側面から攻撃!


すると、突進で飛びさる剛種ナナ・テスカトリ。距離を置かれたから、高い確率でまたコッチに突進してくる!!





ホーミング突進かっ…!

できるだけ引きつけ、ぎりぎりで緊急回避!!


そして、止まったところにまた斬り付けます。





おおっΣすっころんだ!今だ!

頭を狙って乱舞を連発します!!


ここら辺で気づきました。
「あれ…?炎フォースフィールド張ってない…?」



ダウン後から、炎のフォースフィールドを解いているようです。


こりゃあいい!近寄っても体力が減らないぞぉぉおおおぉおん!!


今がチャンスと、どんどん踏み込み斬りなどをきめていきます―――――が――――








ココで問題が。


どうやら、炎のフォースフィールドを解いている間、剛種ナナ・テスカトリの堅さが大きく変わっているようです。

今まで「振り返りに合わせて頭に踏み込み斬り→次の突進などを緊急回避」と言う風にやってきましたが、

頭が非常にかたい…;「切れ味ゲージ+1」がついていて、切れ味を最高にしていてもはじかれてしまいます。


そして――――はじかれた次の瞬間剛種ナナ・テスカトリの突進が――――




あ…はじかれた反動で、回避が間に合わな――――うわああああ><






づどん









うおおお大ダメージ…って、あれ!?減っていない。


どうやら、「乙女シリーズ」が発動したらしく、ダメージが殆どなかったようです。よ、よかった;;ありがとうさくらさん!




それだったら――――!



鬼人化のまま剛種ナナ・テスカトリの攻撃を避け、隙を見て乱舞です。


スタミナゲージに気をつけつつ、ですが;


他にも、龍属性が良く通る腹。それに太もも部分もはじかれてしまいます。



うおおお;すごいガインガイン言ってる。





くそ――――いつでも乱舞を決められるわけでもないし、スタミナだって限界がある;


右スティック押し込みで「刃打ち」をすれば、どんなに堅くてもはじかれませんが―――そんな隙を見せたらやられる><



な、なんか剛種ナナ・テスカトリの顔がいっそう怖く見えてきた;





ならば…


まだ少しは柔らかい、つま先を攻撃してやる!


つま先を正面に踏み込み斬りをしてしまうと、顔の方にも攻撃が当たってしまいますので、ちょっと左寄りに攻撃して剣の端っこを当てる感じで―――!






それでもちょっとでも刃こぼれすればはじかれるので、砥石をこまめに使用して―――




体力が減らなくなるのは嬉しいですが、攻撃がはじかれ隙だらけになるのはいたい;;これは、想定外の出来事です。やはり一筋縄ではいかないか―――!






暫くすると、また炎フォースフィールドを纏ってくれました^^

うーん、ありがたいような、ありがたくないような;




まあ何にせよ、本格的な攻撃再開!





――――――というところで、今回の記事はかなり長くなってしまったので、次回に続く!