ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

またたまってきた挨拶


先日、猟団チャットにおける挨拶を紹介しました。2回ほど。
わが猟団におきまして、一部の団員は様々な挨拶の仕方をします。



その殆どが絶妙で、そしてすっごく反応しづらいという共通点を持っています。
私の挨拶などはとにかく「W=わかりにくい」「H=反応しづらい」「T=時々不安にさせる」というWHT。


ちなみに「WHTって、なんかの略語っぽい気がする」と思い、我が家の床下に13年済んでいる「検索おじさん」に調べさせたところ、
「wandering hand trouble」の略なのだそうですね。
「トラブルを彷徨う手」…という直訳から転じて、「女性の体に触りたがる癖」という意味なのだそうです。
私も職場において、若いピチピチギャルがコピーを取っている後ろを通る時にソ〜〜〜〜っと手を伸ばして、
思い切りバタン!ってコピーの蓋を閉めて手をコナゴナにしたくなりますが、まあそう言う事なのでしょう。



まあ、そう言うわけで、アナタと私の世間話が終わったところで、今回もたまってきた挨拶を紹介しましょう。
本当は、他の団員さんの挨拶も紹介したいのですけれどね…。
私の挨拶だけやっていると、なんか私だけ浮いているみたいで…まあ浮いているんですけどw
ある団員さんは「それでいいのですよ^^」的な、
こう「大丈夫だよ、私はどんなケルビでも受け止めてあげるから」という母性すら感じさせる気遣いを貰うくらい浮いているんですけど。



まあいいや。行きましょう。生きましょう。両方の意味でイキマショウ。





最近は、私の挨拶はツンデレを突き抜け、ジャンルを問わず女の子の理想を押しつけたかのような失礼なものになってきていますが、
団員の皆さんもどうも慣れてきたご様子。
「あ、スライム系統じゃん。じゃあ魔法ね」みたいな淡々とした反応を返して貰えるようになってきました。
ゲームデザイン的には、そういうプレイヤーの意識って大事だとは思うのですが、一方で寂しくもあります。


ちなみにこの挨拶は、ギャグコメディアクション冒険浪漫漫画の一幕を想定。






この挨拶をした後、団員さんに「今日は真面目ですね…」と言われたノですが、
これが真面目って…普段どれだけ奇妙な挨拶をしているんだ私は…。



幼女の「おいたんだえ?」的な演出が普通というその基準が、何だかもう変な気がするのですがどう思いますか。






以前お伝えしましたように、朝は私異様なテンションです。

〜〜〜〜ちなみにこの時、確か誰もいなくて、背中を丸めて暫く動かなかった記憶があります〜〜〜〜





最後。

セラさんの出てくるタイミング、そして発言が素晴らしいっっ!と思いましたw