ピカードのMHF日記

ピカードのMHF日記

ピカードによる、MHF(モンスターハンターフロンティアオンライン)の日記

ミ・ル2頭を相手に その1

[特別イベント]ミ・ル2頭を相手に その1




ある日、メゼポルタ広場に降り立ち、ちんちんをボリボリかきながら、
ぼぉっと猟団チャットを眺めていると、




ミ・ル2頭のお誘いがありました。
カノンさんがあと一人どうですか、というような発言をされていたので、
オトモさせてもらいました。



ミ・ルが大好きなので…!
強い上に、(1頭なら)結構気持ちよく戦えるので、好きなんです。
格好いいし。




参加表明すると、Emeraldさんが「40秒でしたくしな!」というので、
大慌てで、これまで一緒に生活してきたハトを自由にしてやり、
エロ画像を完全に消去し、監禁娘たちのいる地下室へ毒ガスを放出。
これで、心置きなくラピュタを目指せるということで、
パーティに参加です。



カノンさん、Emeraldさん、天さんと一緒に、塔の秘境へ向かいました。
途中、「お前は飯をつくるんだよ!」と、汚い厨房に案内され、
一生懸命片付けとスープつくりをしていると、
なんかヒゲの天さんに「…………いい…」とか言いながら手伝ってもらいました。
夜、Emeraldさんと見張り台でいちゃついていたら、
カノンさんがこっそりそのときの会話を聞いていて、
「やだ//これってある種露出的なプレイ!?」とか思いました。



そんなこんなで、なんとか塔にたどり着き、そのころにはちんちんを掻きすぎて血が出ていましたが、
それはそれで気持ちがいい感じになり、新しい性癖を発見したわけです。





アンノォゥゥウウウウウンンンンンン!


いざ、参る!





ミ・ルたちがいる秘境に向かう際、不意にEmeraldさんに上の写真のようなことを訊かれました。
「大剣…装備・・・!?」
すっかり忘れていました…;以前大剣装備を作りたいとかなんか言った記憶があるのですが、
ほとんど思い出せません…。いつのことだろうか?
この間、飲み会の途中で意識を失って、
気がついたら見知らぬベッドに寝ていて、隣で裸のEmeraldさんが寝ていたあのときでしょうか?
それとも、夕日で一面オレンジ色になっている砂浜で、
カノンさんに告白をされたあのときでしょうか?
あるいは、篝火さんの家の屋根裏部屋で柱にくくりつけあられて、
「おら!大剣装備がほしいんだろ!?」と乳首の先をすりすりされながら訊かれたときでしょうか?



どのときかは怪しいのですが、確かに大剣装備を作りたいというようなことをいった記憶はあるのです。
どういう意図で言ったのかさっぱりだし、今この記事を書いているときは疲れからか時々意識を失っているので、
どうなっているのか見当もつかないです。



とりあえず、秘境へと飛び込みます。



おっ。いたいた。ミ・ルが2頭です。
1頭も2頭もかんけいなぁい!
たおしちゃうよぉおお!?





1頭のときと同じように、ミ・ルの攻撃に回避攻撃で対応しながら、ちくちくと攻撃していきました。



うん!いけるんじゃない!?これ!?
…と思ったその矢先。




もう一方のミ・ルが突っ込んできて、吹っ飛ばされてしまうの図。



く…2頭もいると、なかなかうまくはいきません・・・。
次回に続く!